FC2ブログ

【母語】お腹の中のあかちゃんは、お母さんの声を耳で聴いている!!

ご覧いただきありがとうございます。


ボイストレーナーの新谷です。




おはようございます。日本晴れ、今日もカンカン照りのようだ。



洗たく日和、ふとん日和である。感謝しま~す。



おなかの中の赤ちゃんの聴覚器は、妊娠5カ月になるころには



ほぼ完成していると。





7e78cfdf-b03b-4d6b-a683-1da9f14abe0f.jpg





生まれてすぐから、胎内で聞いていたお母さんの声を聞き分け、



お母さんやお父さんが話しかける声や歌いかける声にとくに



反応するようになります。こうして母語を聴き分けるようになる。




また、赤ちゃんは生育するに従い、まわりから聞こえるさまざまな



話し声の中から、単語を取り出して聞き取り、その音の特徴や意味を



自分で覚えて、言語を覚えていくという、驚くべき学習を行っている。



この言語獲得を助けるのが「マザリーズ」。



お腹の中のあかちゃんは、お母さんの声を耳で聴いている!!



という考えをテーマにしてみた。



『マザリーズ』とは「対乳児音声」といわれるそうだ。



ゆっくりしたテンポで抑揚を大きく取り、赤ちゃんの反応を



待つように相づちを打つ、声の高さや響きをいろいろ変化させ、



赤ちゃんの名前を何回も呼んだり、1つの単語を引き伸ばしたり、



歌いかけるように話したりするなど、さまざまに話しかける。



普通のトーンで話しかけるよりも赤ちゃんの関心を引くことができ、



赤ちゃんにとっても聞き取りやすく、理解しやすいので、言語の発育



には、こうしたお母さん、お父さんの語りかけがとても重要であるようだ。



≪マザリーズとしての特徴≫



・話す声のトーンが高い。



・抑揚を大きく。



・ゆっくりしたテンポ。



・相手の反応を待つように間をとる。



・同じ言葉を繰り返す。




ずいぶんと昔の子育てを終えてしまったので、母親任せに



してしまっていたと反省をしている。




子育ては親育てといわれるようであるが、まさに、



そのとおりであるのだ。




いつも、あなたを応援していますね。



白ねこちゃん。ポチお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ


関連記事

『一曲通して歌う』とバテる人?

ご視聴いただきありがとうございます。


ボイストレーナーの新谷です。




雨が上がってから、初夏の暑さである。数日後は、30度越え



という予報であるが「ボチボチ」してほしいもんだ。



歌を歌うって、ある程度パワーのいる動作なので、



後半の方は、どうしても疲れてきそうになる。




それじゃ、どうすればいいかというと。



・体力をつける。



・体力を使いすぎない。



そのまんまの・・・対策。






a870919387c3df2b0227f2187c795468.jpg

体力をつける、というのは、運動すればいいんじゃないかと。



「思う」けども、実はわたしは、あんまりやらない。



そんなに運動しないタイプなので、人並みぐらいの体力しかないと



思うが、それでも大丈夫。



もちろん、あるに越したことはない。



大事なのは、体力を使いすぎないことだと思う。



このブログでも何度か書いたりしているが、



歌の基本動作は脱力。



力を入れ過ぎてしまうと、声が出にくくなり、喉が締まってダメージを



受けやすくなる。しかも、後半でバテる。



なので、どれだけ脱力できるかという話である。




体力を使いすぎないように歌うために



もう少し広い視野で考える体力の温存としては、



手を抜いて良いところは抜いてほしい。



と言えるのである。





いつも、ガンバルあなたを応援していますね。



白ねこちゃん。ポチお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ


関連記事
自己紹介

健

Author:健
はじめまして、ボイストレーナーの新谷健です。今までに、わたしがやってきた失敗談・カラオケボックスの有効練習・日々のボイトレの学びもためらわず、出しまくりますよ。お楽しみに^^^ 

ブログ村ランキング
1週間の最新ブログ
相互リンク
今月カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別更新