【違い】 『呼吸!』と『ブレス!』の違いがわかりますか?

こんにちは、カウンセラーの新谷です。よろしくお願いしますね\(^o^)/



akaatsu01.jpg



わたしたちは、『呼吸』とは、大きくなら『ブレス』でしょう。

小さくなら『息継ぎ』のこととでしょうね。



歌のために必要なのは?と言えば「息継ぎ」です。

イントロでは、呼吸のコントロールと安定性が求められます。



上手く『息継ぎ』をこなすことができると、

それだけでリズムと音程が生まれるのです。



スムーズに息継ぎができるようになれば、「歌う」ことで必死になる

必要が無くなり、聴いていても安定感が伝わるのです。



カラオケでは、

(メインの女性・左手の音程・リズム表現はなれるといい感じでしょう。)




歌は、誰しもが歌えるように作られてますので、必ず『息継ぎどころ』

が必ずあるのです。一分も無呼吸じゃないでしょう?10秒でしょ?



息苦しい時に吸う=×というようなことをしていると、

テンポが乱れてきます。



ここでの息継ぎのコツは、譜面に記載されているところの歌詞の流れ

について、本人CD等でじっくりチェックをくり返し『聴くことがコツ』と

心に命じてください。




おまけに・・・

『伸ばすところ・止めるところ』『響かせるところ』・・・語尾処理ですが、

語尾をもう少し意識してはいかがでしょうか?



語尾は、『歌の余韻』を支えるポイントであります。

あなたも、深い『ブレス』を大切に実践し、レベルアップしましょう。




今回も、お役に立てましたら幸いです~♪
いつものように応援ポチください
ブログランキング・にほんブログ村へ
ありがとうございます。ボーカル部門1位
関連記事

【恐い慣れ】 『慣れ過ぎた練習』は練習にならない!!


こんにちは、カウンセラーの新谷です。よろしく\(^o^)/です。



playing_kitten-wallpaper-320x240.jpg

本能的に遊びと生きるを融合させるのですね。


~スポーツアスリートの観点を見てみましょう~



毎日、毎日、合わせて何千もの練習量をこなし、身体で覚えたものは、

本能的に、強固に沁みつくそうです。



戻って戻って、くり返してくり返しの通常練習は、

反復練習を繰り返すようです。




そのうちに『また、同じことか~』と、思うストレス性のある練習が

いつの間にか、反復を感じさせない練習となるそうです。




わたしたちには、最初のうちは慎重に意識しながら動くけど、

いつの間にか慣れてくると考えなくて、

身体が勝手に反応して動いてできるようになってくる。




そこに、歪が重なってくると、知らないうちに炎症やケガにつながる。

練習というものは、指導をうけ教えられたように行うことも、ひとつ、

さらに、進化させると、ひと工夫、自分流にアレンジするのですね。



そこには身体を使った練習に、プラス頭を使った練習が加わる。

慣れが、ダメにならないような練習をアスリートは行っているのです。



TVや多くのスポーツやアスリート競技を三者視線に

置きかえてご覧になってください。




きっと、アスリートも身近な存在になり、自分の糧となるはずです。

このような考え方は、ボーカルにもアスリート感が欲しい思いますね。



反復練習と慣れについてのあり方に工夫が必要と思われます。

TVを観戦していまして、こんな感じに観ていました。

これ、わたしだけかな?いかがでしょうか?



今回も、お役に立てましたら幸いです~♪
いつものように応援ポチください
ブログランキング・にほんブログ村へ
ありがとうございます。ボーカル部門1位
関連記事
プロフィール紹介

ken

Author:ken
ボイスカウンセラーの新谷です。いつも、ご訪問いただきありがとうございます。
大きな声が出せない練習生の頃・ボーカル・ボイトレ・カラオケ・レッスン情報など・・・拙い内容もありますが、よろしくおつき合い、お願いいたします。 

最新ページタイトル
カテゴリー一覧
月別記事一覧
人気ランキング
相互リンクブログ
今月のカレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
今日の天気予報

-天気予報コム- -FC2-