FC2ブログ

高い声だと喉締めになる原因とは??

ご視聴いただきありがとうございます。


ボイストレーナーの新谷です。





yjimage_201904241121310d0.jpg

◆高い声域だと喉締めになる





低い声域だと喉を開いて歌うことが出来るけど高い声域だと、



喉が閉まってしまう人は本当に多い。



その 理由は、息の使い方にある。



高い声域を張り上げで出そうとすると確実に喉は閉まる、



『張り上げる』とは力が入り、たくさん息を強制的に送り込み



無理して高い声域を出そうとしている、と言うことで。




高い声域こそ力を抜いて優しく息を使う必要がある。



これは、腹式呼吸が出来ているからと言って、高い声域で喉が



開けるとは別のことなので注意する。



張り上げになっている人は、特に優しく、低い声域の時と同じくらいの



息の強さで発声することを意識してほしい。




◆張り上げを治すために。




もっとも有効な方法は、タンドリル(巻き舌)をマスターすること。



舌をプルプルさせて、いわゆる巻き舌というもの。



タンドリルは舌が完全に脱力していないと上手く出来ない。



舌が完全に脱力している状態であれば、喉も開きやすいため



高い声域でも力を抜いて発声することが出来る。



普段、張り上げで歌っている人はタングトリルで高い声域を出すと



難しいと思うが、これは慣れである。




タングトリルで高い声域を出すことが出来れば、その息の量で高い



声域を発声出来るようになる。



ただ、歌うということを意識すると力が入ってしまう場合があるため、



常にタングトリルをやっている時を意識するようにしょう。



タンドリルでの音階練習や歌メロを追っかけてみょう。



想像以上の効果が得られるかと思うのでがんばろう。





いつも、ガンバルあなたを応援していますね。



白ねこちゃん。ポチお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ


関連記事

歌を歌うときの脱力法!!『重心』を意識する話。

ご視聴いただきありがとうございます。


ボイストレーナーの新谷です。




今回は脱力と「重心」を意識する話。



高い音になると力んでしまう、なんて場合、



だいたいが、喉の周りが力んでいることが多いと思う。



これを、喉の周りは意識しないで、お腹や腰のあたりに力を入れる



ようにイメージすると、少し力み方が変わってくる。



高い音になってくると、どうしても



「喉の方に力を入れよう、入れよう」としてしまいがち。


この状態を「重心が上がっててる」といったりするが、



「力を入れている場所」を「重心」と呼んだり、



「体の上の方」だと喉であったりと表現する。




つまりこれを、



「重心を下げる」とか



「力を入れるところを、お腹や腰のあたりに下げる」とイメージすれば、



喉の周りで力まずに声を出しやすい、という原理だ。



このとき、喉の周りに力が入っていくと失敗。



お腹や腰のあたりに力が入っていくといい感じ。




実際に試してみて、自分の体の力の入り具合を感じてみてください。




yjimage_20190423074827ae5.jpg




<追記>喉の力みを調べる方法。



・小声で「あ~」を出す。



・そのリラックス状態からだんだんと大きく出してゆく。



・そのとき、力がどこに入るかを確認する。



★この方法がわかりやすいと思う。





いつも、ガンバルあなたを応援していますね。



白ねこちゃん。ポチお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ


関連記事
自己紹介

健

Author:健
はじめまして、ボイストレーナーの新谷健です。今までに、わたしがやってきた失敗談・カラオケボックスの有効練習・日々のボイトレの学びもためらわず、出しまくりますよ。お楽しみに^^^ 

ブログ村ランキング
1週間の最新ブログ
相互リンク
今月カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別更新