FC2ブログ

(続)あなたが歌う前にすることは何?

こんにちは、今日もご訪問をいただき感動しております。

(続)あなたが歌う前にすることは何?の後半を書いています。


プロはどうして、2時間のコンサートで歌っても声が枯れてしまわないのでしょう?

踊りながらでも歌えますね。。。

ほとんど年中いつも同じように歌えます。。。

 



プロだからできるのですが、生身の人間、いい時も悪い時ももちろんあるでしょうが

穴を空けないようにするために、基本の腹式発声をマスターしてます。

プロの技は、これなんです。

☆喉に力が入らないようにすること

☆口の中を広くできるようにすること

☆舌の根(舌根)を下げることができること

☆声帯(甲状軟骨喉の中の喉仏)の動きが敏感なこと

☆息継ぎが非常にスムーズなこと

☆60歳を過ぎても、定年にならず現役で歌えること

☆年齢より声が若く聴こえる

☆原曲キーは、アマチュアより高いこと

☆さすが!!と思うことが多い!!

☆抑揚がはっきりと差がつくこと

☆声色がいくつかあること


その基本はこれです。

息が先に出るのです。その後に声がついてきます。

「は~~」ため息の「は~~」を楽に出せるようになりましょう!!

力みのない、ダラーンと抜けた声がスタートです。

だんだんと、「はぁ~~」と「ぁ~あ~あ~」あを、入れます。

まだ、ボヤーンの声です。


だんだん、ハッキリ「あ~あ~」と強く、大きくしていきましょう~

これが、後々、強く・甘く・高く・はっきり・低く・・・・バランスが良くなります。

さあ。がんばりましょう~~


あなたもこれならできますよね? やりましょう~自分に負けないで~

ご訪問いただきありがとうございました。ご縁を心より感謝します。

お手数ですが、ヴォーカル・タグを1回クリックをお願いします。


にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
にほんブログ村
関連記事

あなたが歌う前にすることは何??①②③④。。。NO1

こんにちは、今日もたくさんのブログの中、ご覧いただき感激です。

あなたが歌う前にすることは何??①②③④。。。

ご覧のあなたに質問します。お考えください。

①何もしていない

②適当に声を出している

③dvd・cd・本について声出し

④専門の先生について発声をしている

⑤その他。。。


私は、現在は指導者の立場になりまして、思うことはここまで遠く、永年かかった

しまったと自問自答、これで良かったんかな~~??疑問です。。。


ボーカルマイク


田舎、遠い、教えてくれる先生もなかった!!

私は①②で始まり、後に③またのちに④です


体験からだと、もっと早くいろいろやれば良かったが、反省!!

最近は、キッズダンスは3歳から始めたと聞いています。

早ければそれだけ早く身につきどんどん上達してゆきます。


私がしている、歌も言葉が話せる頃から始めたいのです。

本題に戻り①の方は、よほどのご注意をしてください。(壊さないように)

②適当にするのは、せめてネットや動画、ブログ。。を参考にしてください。


③私もやりました。見ました。聞きました。けど、一方通行だからわからない。
(合っているか、自己満足な練習になりました。)

よく、カラオケのお店や大会でお話をお聞きします。

歌う前に、声だしするので大丈夫!!よ~と


でも同じするなら、間違わない正しいことをしたらなぁ~が、感想です。

私の永年のこと、少しでもご参考に。。。



①首周りを入念に横ストレッチ。グルグル・ポキポキならさない。②①のたてにする。

③肩腕のほぐし・縮みやかたさを取のどきます。

④みぞおちに(肋骨の中心の凹み)ここを強化すればパワーがつく。

⑤ラジオ体操を私はやります。(ラジオ体操はよく考えられた工夫)

⑥上半身、下半身ともに、ほぐれたら。ここから、発声ですが一工夫をします。


前半はここまで。。。続きます。



あなたもこれならできないことは、ありませんよね? やりましょう~

ご訪問いただきありがとうございました。ご縁を心より感謝します。

お手数ですが、ヴォーカル・タグを1回クリックをお願いします。


にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
にほんブログ村
関連記事

正直!!練習めんどくさい方の練習は、これだ~

こんにちは、今日も私のブログをご覧いただき感謝いたします。

しばらく、更新の時間ができませんでしたので、

本当にすみませんでした。(さぼったの?声もチラり)


!正直!!練習めんどくさい方の練習は、これだ~!

【練習が正直めんどくさい方の練習は】やることはこれだけ~





『もっと簡単に楽して~良い声になりたいなあ~』 の気持ち!!

私の、このブログを毎回。ご覧のあなたなら、いつも思うことでしょう~。

わたしも、同じ気持ちだったので、今も楽して、いい声が出たら苦労がないのに。。。

めんどうな努力はしたくないと、思っています。先生としては横に置いて


窮屈なボイストレーニングをすることが、そこまで好きじゃなく、日常生活の中で、
楽したいといつも思います。だって、スポ根アニメのようだと、ストレスでしょ~~


今回は、面倒くさがりの私と同じ気持ちのあなたに、今すぐにできる

『いい声になる秘訣』 を紹介しましょう~!。


初めに、いい声とは? 何か決めますね!!


今日は 『いい声とはなにか?』 これにしますが。。。

※ 人に好印象を与える、聞こえの、いい声
※ 何を言っているかはっきり聞き取れる、いい声
※あまりにもイヤな癖がない、いい声


『生活の中で使いやすい声』 を基準に考えてみましょう。


○正しい発声で生活する(発声ベース)

普段は発声練習など行わず、生活で使う言葉で発声練習をしてしまいましょう。

口の形の作り方
・喉の開き方




爽やかな声になり、
『少し変かな?』と思われるかもしれませんが。。。

悪い印象に感じる人は少ないでしょう~


口角フォーム矯正で表情筋も鍛えられ、喉を開いた発フォームも身につく。


○普段から大きい声で会話する(腹式呼吸のいしきで)


ぼそぼそ会話しているあなたも、腹から声を出して
思い切って大きな声で会話してください。


安定した腹式呼吸ができてくれば、長時間でも大きな声で
話していても喉が痛くならなくなるはず。


普段の声が大きく・ハッキリとした人は、だいたい腹式呼吸ができてます。


○『高いキンキンした声』 『ザラザラした声』

は、いくら大きい声でも心地の良いものではありません。


そこで、声をまろやかにするために、空気を混入しましょう。


○電話を受ける時のイメージで。。。

・先輩・上司。。急に電話がかかってきた時のイメージ

普段の3音上・高めで声を出したイメージ


☆このイメージで、声を意識してみましょう☆



あなたもこれならできないことは、ありませんね? 少しだけやりましょう~

ご訪問いただきありがとうございました。このご縁を心より感謝します。

お手数ですが、ヴォーカル・タグを今日は1回クリックをお願いします。


にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
にほんブログ村

関連記事
自己紹介

健

Author:健
はじめまして、ボイストレーナーの新谷健です。今までに、わたしがやってきた失敗談・カラオケボックスの有効練習・日々のボイトレの学びもためらわず、出しまくりますよ。お楽しみに^^^ 

ブログ村ランキング
1週間の最新ブログ
相互リンク
今月カレンダー
07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別更新