FC2ブログ

歌を歌う際には感情を込めないこと

こんにちは、今日もご覧いただきありがとうございます。

歌を歌う際には感情を込めないこと

ある有名な歌手のコメントが、意外な言葉のために目に止まりました。

私たちは、詞に書かれたことばと曲に書かれたメロディーの代弁者であるのです。

歌う人の過剰な感情移入で意味あいが段々と変わることがだめなんです。

感情を溢れすぎると、その歌が自分のものになってしまうのです。


聴いている人が感じるままに受け取れるように素直に歌うことが必要と言われました。


この言葉には、あなたはどうお感じでしょうか。?


花村かよ



今日のご訪問に感謝いたしまして、あなたとのいいご縁にお礼を申し上げます。

お手数ですが、赤とんぼマークをポチ(クリック)をお願いします。


にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
にほんブログ村
関連記事

ボ-カリストは、「自分本位・相手本位」どちらでしょ?

こんにちは、今日もご覧いただきありがとうございました。

今日は、レッスン生さんの疑問にお答えします。あなたにも

ご参考になりますように。。。


ライブ会場



あなたが良いと思って歌って,相手は良いと聴いてるのでしょうか?

?ボ-カリストは、「自分本位・相手本位」どちらでしょ?

このような疑問の方々にも、案外にありがちな質問にお答えいたします。

例えば、ライブハウスで、ワンマンライブが出来るくらいお客さんを呼べるようになれば、

そこから業界の人が噂を聞き、呼ばなくてもステージに来てくれます。

そこで「行けるぞ!」と思ってもらえれば、そっと声を掛けられ、名刺を受け取ることもあるでしょう。

また、ライブハウスでお客を満員に出来ない人に、大会場やホールでコンサートができると思いますか?

ストリートでもいいのです。ストリートと聞いて、そんな恥ずかしい事ができるわけないよ!

と思った人も中にはいるかもしれません。

しかし、大勢の人の前で歌おうと思ってる人が恥ずかしい、なんて言ってられません。

プロは自分が好むような仕事ばかりはしていられません。

しかも新人が、仕事のより好み、なんて言ったら、すぐに仕事はなくなります。

ストリートでも毎回お客さんが大勢集まってくれる事は、ある意味ライブハウスで満員にするより難しいはず。

不特定多数、それも興味本位で最初は聴いてくれても、良くなければ曲の途中であっても、

立ち去られてしまいます。

逆に聴き応えあれば客が客を呼んでくれ、それこそが噂になります。

この成功者は、あなたもよくご存知の「ゆず」や、「ゴスペラーズ」。。。。です。

※結局の結論は、アマ・プロにかかわらず聴いてもらえるような歌を歌える
ボーカリストを目標に励みましょう~~!!


お客さま本位=相手本位=聴いてもらってナンボの世界ですから!!


今日のご訪問に感謝いたしまして、あなたとのいいご縁にお礼申し上げます。

お手数ですが、赤とんぼマークをポチ(クリック)をお願いします。


にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
にほんブログ村

関連記事
自己紹介

健

Author:健
はじめまして、ボイストレーナーの新谷健です。今までに、わたしがやってきた失敗談・カラオケボックスの有効練習・日々のボイトレの学びもためらわず、出しまくりますよ。お楽しみに^^^ 

ブログ村ランキング
1週間の最新ブログ
相互リンク
今月カレンダー
07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別更新