FC2ブログ

『ブレスタイミングと高低から強弱コントロールUP!!』

今回は『ブレスタイミングと高低から強弱コントロールUP!!』です。

この2つの要素を、コントロールできなければいけません。

さあ~いっしょに勉強しましょう~!!



☆ブレスタイミング☆

歌の途中では、息を吐くことばかりに意識が集中してしまいますが、

息を吸うことは、それと同じく大切なものです。


いかに短くても一度もブレスをしないで歌うことはムリです。

プロボーカリストのブレスに注目をしてみると、

ワンフレーズの中でも、何回もブレスしていることがあります。


吸うときも、細かく何回も吸い込み、大きく吸い込むこともあります。

そのブレスタイミングも、リズムに乗っています。


ロングフレーズやMAXな声を出す時には、大きくブレスします。

さらに力強い声を出すには、多くのブレスが必要です。


吸い込むブレスタイミングや呼吸の大小が、

次に来るフレーズに大きく関係します。




普段の会話では、あなたは声の高低で表現をします。

外国では声の強弱で表現をしています。



『感情表現が日本人は少ない』と言われる原因は、ここにあります。


歌の場合はメロディーが決まっています。


ピッチでの感情表現がむずかしく、それ豊かにして、よりメリハリのある歌い方を

目指すなら、ピッチ(高低)からメリハリ(強弱)コントールUP!!



『今日もあなたの勉強になりましたら幸いです!!』 

ハロウィン・マークにポチ(クリック)のご協力をお願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
にほんブログ村

関連記事

『あなたに!!効果の出る、どこでもできる。エアーボーカル!!』



今回は『あなたに効果の出る、どこでもできる。エアーボーカル!!』です。

歌の練習には関係がないと思われがちですが、いつでもどこでもできる練習です。


ここでの、エアーとは、声を出さないで歌うことなのです。、

ある種のイメトレとなるものなんです。


①練習をしたいけど、大きな声を出せる環境でない。

②喉を使いすぎて、休みたい。

③時間・場所の要らない、エア・ボーカルとは、口パクのことなのです。


エアーとあなどらないでください。

トレーニングにより、口・のどの動きがスムーズになり、声を出して歌ったときは、

実にスムーズに歌えるようになっているのです。



※実践イメージして..口の動きやのどの動きをホントに歌うときと

同じように動かすということ。


エア・ボーカルを進展させ、プロアーティストの映像を見ながらの

りアクションを真似してみると効果的でしょう。


プロは歌うときにベストな姿勢を自然にとっています。

歌いやすい姿勢を身につけるためにマネルのです。


また、顔マネや口の開き方をマネすることで、

プロ本人の声の出し方が身についたりする可能性があります。


今までにない、あなたの表現力が広がると期待できます。


自主トレ・課題練習のタメのモチベーションUPにお勧めです。


『今日もあなたの、お役に立ちましたら幸いです!!』 

ハロウィン・マークにポチ(クリック)のご協力をお願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
にほんブログ村



関連記事

『あなたの声域は鍛えれば広くなる!!これが広げ方!!』

『あなたの声域は鍛えれば広くなる!!これが広げ方!!』


~こんにちは~ご覧いただき感謝します。


今日は、声域の広げ方の紹介、参考になりました幸いです。


広い声域が出せるようになれば、それだけ歌唱の幅も広がります。

歌える曲がどんどん増えて、歌うことが大変に楽しく変わります。


広い声域を出せるようになるためには、

まずは、その出している音をしっかりとイメージすることが大切です。


出したい目標の音程をあなたの歌声でイメージします。

そのイメージがしっかり想像できることで『これなら出せるよ~』

という気持ちになります。


それから、あなたの歌声のイメージで想像すると、自然に喉を動かしています。


『声を出すことは、人間なら当然できることです。』が、しかし

イメージが出来ないと、自然に喉が動かないのです。



先に。声を出したことがないような高い声を出すイメージする時に、

言葉よりは、何でもいい、「ワァーッ」「キャーッ」とか、ジェットコースター

や驚きの悲鳴です。この悲鳴の高さが現在のMAXの最高音であり、


その感覚を憶えておきましょう。

悲鳴声を再生できれば、必ず声域は広がるでしょう。


※あまり変な悲鳴はのどを痛めることになりますので、

ムリを続けないようにしましょう。


歌声を出すときは、声帯が震えて声を出し、低い声を出すときには

声帯が長い人が有利だと言われます。


背の高い人に低い声が多いのはこのためでしょう。

ある程度の努力によって声域を広げることが可能です。


低い声は、あくびをした状態を再現しましょう。

その形のまま喉を大きく広く、深く息を吐き出すように「お~」と。


オペラ歌手のような声が出るでしょう。



イメージにより『あなたの声域は鍛えれば広くなる!!これが広げ方!!』変わる。




『今日もあなたの、お役に立ちましたら幸いです!!』 

ハロウィン・マークにポチ(クリック)のご協力をお願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
にほんブログ村

関連記事
自己紹介

健

Author:健
はじめまして、ボイストレーナーの新谷健です。今までに、わたしがやってきた失敗談・カラオケボックスの有効練習・日々のボイトレの学びもためらわず、出しまくりますよ。お楽しみに^^^ 

ブログ村ランキング
1週間の最新ブログ
相互リンク
今月カレンダー
09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別更新