FC2ブログ

『歌うために充分な声量は、どのくらい必要か!?』

『歌うために充分な声量は、どのくらい必要か!?』


こんにちは、今日もご訪問いただきホントに感謝いたします。

さて~大きな声を出すことについてのお話をします。~

あなたはいかがでしょう?誤解があると思いますが、怒鳴ったり、喚いても

実際はあんまり声量は増えてないのです。


でも当の本人は、声を出している時の感じから、スゴク大きな声量が出ているように

思いますが、事実は、正しい姿勢で、お腹から声を出したほうが、声量は増えるのです。


しかし、声楽家のようにどれだけ声量を増やしても、ず~っと同じ調子で大声を出しても

あまり意味はないのです。


どんなに大きな声でも、一本調子ではホントに聴き手は疲れてしまい、しかし、

反対にそれほど大きな声でなくても、曲中で抑揚のある歌い方をすると、聴き手には

、とても大きな声に聴こえます。


現代音楽では、声楽や合唱。。を除くほとんどがマイクを手にしての歌唱です。

だから、ある程度の声量で充分なのです。


でも、声量を増やす努力は必要ないということではありません、

さらに、大きな声が出せるようになれば、それにも増して抑揚がつきます。

あなたの表現力が、更にその分だけ増すことになります。



☆声量をつける一番の方法は☆

声量をつける練習は色々ありますが、簡単には『「大爆笑すること!!』

『悲鳴、怒鳴り』『腹からいっぱいの声を出すこと』などが上げられます。


しかし、もっとも効果的なのは『大好きな歌をひたすら何度も何度も歌う』こと。

その時には、MAXの劇団の歌劇のように大声を出すこと。

それでも充分に声量をつけることができます。


気をつけて欲しいことは、『正しい真っ直ぐな姿勢・充分に喉を開く』こと!!。

ムリやりに怒鳴りつけても、声量はUPしません。

しっかりとお腹から呼気を出し、開いた喉からスムーズに声を出しましょう。


『今日もあなたのタメになりましたら、ホントに幸いです!!』 

ハロウィン・マークにポチ(クリック)のご協力をお願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
にほんブログ村

関連記事

『あなたがステージに立つ時・お客さまの視線を飲め!!』


こんにちは、『今日もいい天気で清々しい気持ち』で書いてます。

ご訪問ありがとうございます。ごゆっくりブログをご覧ください。


『あなたがステージに立つ時・お客さまの視線を飲め!!』


ステージに立って歌うことは、簡単なようで実にいろんな要素があり、満足が行ける
ようにできるか?不安がつのることでしょう~ここで良いお知らせを書いておきます。

こと、歌に関しては一曲はできれば半年は費やして、充分にトレーニングはしてほしい
ものです。何曲もウル覚えで、適当に歌えることよりしっかりと深く浸透してください。

選曲から、ステージ終了まで、そのステージを目的とせずに、あなたがそれまでやってきた
力と最高に発揮できるようにコンディションを整え、トレーニングや練習したことや学んだこと
を、どうように出せるか?また、その反省が大きな契機になると思います。

お客さまの前では、見られる視線、余計な不安、ノイズがあることでしょうが、失敗を恐れないで
トータル的にエンジョイしましょう。!!


ステージに出る前には。。。。

①ステージ、マナー・あなたの目線、立ち位置、ポーズ、会場の聴衆の会釈、振付け、
身ぶり、表情、イントロ時、間奏のしぐさ・ニッコリ笑う表情・・・・・
ビデオに撮り、あなたのクセ、特長をよく分析してください。普段トレーニングをしましょう。
歌はいいけど、マナーと見た目も視線に入る。



②自信を持ち、懸命に、フルパワー100%でやることです。
ダラダラ、もたもた、自信100%で、ノリ良く、押す、引く、緩急のあるステージには引き込まれます。
自分は一番ウマい、自信満々のステージ、誰も助けてくれません。1人勝負です。
甘えは必要ありません、全力投球で、無心になり歌いましょう。


③お客に飲まれずにハイテンションで、呑み込め、印象に残る存在感のあるすステージに
しないと途中でも最後まで聴く耳をもってくれません。これが、できる人はプロになり、
いつまでもできない人はアマのままで終わります。


『もう一回聴きたい、もう一曲聴きたい、感動させてもらった、スゴク良かった』これがプロ。


④ステージのためのボイトレ。。。本番もふだんのようにやります。
改めてボイトレを必要としないように、鍛えた身体、鍛えた声、普段のトレーニングをそのままやること。
聴いている聴衆には、『あなたの良いところを届けましょう』


⑤歌を聴いて耳をとめる、聴かせる歌になるには、豊かな表現力と、
確固な個声が必要になり、大きく違ってくるのがビブラートの波です。


『上手だな~』と思えるプロのロングトーンを聴くと、一定音を保ちながら、
心地よく音が揺れているのが分かります。


「揺らす」といっても、適当にフラフラと不安定に揺らしてはいけません。

心地よい、揺らぎをだすために、一定音のリズム感と音程を出せるように

『しっかりとビブラートコントロールができない』と出来ないでしょう。


ビブラート図解



『今日もあなたのお役に立ちましたら、ホントに幸いです!!』 

ハロウィン・マークにポチ(クリック)のご協力をお願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
にほんブログ村





関連記事
自己紹介

健

Author:健
はじめまして、和歌山県在住のボイストレーナーの新谷健です。ボイストレーニングを20年近くやってきました。失敗あり、成功あり、喜びありの波乱万丈の日々でした。

家族を亡くし、エンディングを想いしらされた体験から、終活ライフ相談員を目指しました。

ボイトレや終活ライフや相談員までの私生活、是好日です。 

ブログ村ランキング
1週間の最新ブログ
相互リンク
今月カレンダー
09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別更新