FC2ブログ

『あなたは生まれたての赤ちゃんに負けちゃうょ!?』

『大声が出せない練習生のかたり『備忘録』に、ご訪問いただきありがとうございます。』 

よろしかったらハロウィン・マークにポチ(クリック)をお願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
にほんブログ村に参加


『あなたは生まれたての赤ちゃんに負けちゃうょ!?』


赤ちゃん


水泳を始めた子供さんは、泳ぎを覚える前にあることを覚えます.。


『それは、顔つけと呼吸練習です。』

①先に顔を水につけ恐さを取り除く練習を始めます。
②吐くことの呼吸を覚えます。
③それからは、バタ足で足の動きを覚えます。
④以下省略しますが。。。


水泳を始めた子供さんと同じように、歌も覚えてこと欲しいことは、一度は
歌うことを横に置いてしっかりとした呼吸をマスターすることです。


あなたは、いまになって呼吸をやり直すことに抵抗があるはずです。
それは、10年20年30年40年。。。。。と生きてきました。
その証が、息をしています。生死は、息があるかどうか?


医学的には、心肺機能の停止を言いますが、ここでは、呼吸にポイントを置いて
ください。

腹式呼吸も、赤ちゃんは出来ています。寝ているからです。はいはいをするからです。
通常は、生後1年くらいは腹式呼吸ができています。それが、2足歩行をするように
なり、胸式呼吸に変わります。肩で、息をするように自然と変化します。


これが、あなたの歌の上達には大きな影響を与えた成長なのです。
だから、赤ちゃんに戻って寝た状態の腹式呼吸、四つん這いの腹式呼吸を
身を以って思い出すのです。

これが、加齢とともに思い出せくなるので、成長するほど思い出せないのでしょう?
エッジボイスは赤ちゃんの頃は出来ていました。

ところで、どうして赤ちゃんと言うのでしょうね?

皮膚が薄く透き通るように血管の色が見えます。一度泣き出すと、顔が真っ赤になります。
あの、真っ赤になる発声が、エッジボイスだと言われます。
大人になると、泣くこと、笑うこと、怒ること、叫ぶこと、・・・だんだんと退化するのでしょうか?



『大声が出せない練習生のかたり『備忘録』を、お読みいただき感謝します。』 

よろしかったらハロウィン・マークにポチ(クリック)をお願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
にほんブログ村に参加
関連記事

正解!!『エッジボイスの正しい理解とやり方』


『大声が出せない練習生のかたり『備忘録』に、ご訪問いただきありがとうございます。』 

よろしかったらハロウィン・マークにポチ(クリック)をお願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
にほんブログ村に参加



こんにちは、今日は『エッジボイスの練習で声枯れになってしまった』ので、


このご質問に少し見解を書いてますので、参考にご覧ください。

『何よりも、ムリな発声は禁物ですよ!!急いてはことを仕損じる』と言われます。



高音を出すための練習法に、エッジボイスと呼ぶものがあります。


これは、リップロールやタングトリルとは違い、一般的にはあまり知られない、
高音を出すための練習法で、やり方は声帯を閉めた状態で声を出すものです。


声帯を閉じているため、たくさんの息を使う必要もなく、高音が出せ、明るく、
響きが良くなる効果が期待できるのです。


近年は、プロの養成所や、俳優の劇団・・でもボイスレッスンとして多用され、
より専門的なボイトレ法として知られてきました。


エッジボイスをマスターすると、高音を出すことが楽にできるようになり、
高音時のノイズが減り、ムリやりの大声を出す必要もなくなります。


また、マスターした人は、体の力を抜いてリラックスした状態の発声ができる効果がある。


※巷に流れる情報で効果が大きいと知り、練習される方々は、『うまく行かないと』
書かれてるものを見ました。

※リラックス・脱力するということをクリアーしないと、余分な力が入りうまく出来ません。


☆エッジボイスでは声を出し過ぎると、喉を痛めてしまう原因にもなりますので、
練習には適度な休憩と、水分補給で休めることも重要です。
長時間・毎日の練習は避けましょう。鍛えること、痛めることは紙一重と思うので。


できる声帯とそのようになれば、声帯筋のトレーニングにもなり、有効です。

『エッジボイスのやり方?』

①エッジボイスのやり方は、例えば、『あ』という状態での口を作ります。

②ゆっくりと息を吐いていきます。

③吐いている途中から実際に声を出していく。

④この声がエッジボイス。

⑤ゆっくりと、そしてできるだけ余分な力が入らないように
リラックス状態で声を出しましょう。

⑥初めての方はナカナカ上手く成功しない方が多いと思いますが。

⑦体感する為に、軽く息を止め、ゆっくりと声を出すというやり方が良いでしょうか。

⑧その次は息を吐きながら声を出してみると、エッジボイスの感覚をつかみやすくなりますので。

⑦初めて練習をする方は、いきなりの大声を出すのではなく、小さな声でゆっくりと
息を吐きながら声を出すやり方が最良でしょう。

⑧大声よりも小声のほうが声帯コントロールもしやすいため、体感しやすいと思います。

⑨上手く活用することは、高音を出せる。また、声量や声域のコントロールもできる。

ご参考にエントリーしてみてください。


正解!!『エッジボイスの正しい理解とやり方』でした。



『大声が出せない練習生のかたり『備忘録』を、お読みいただき感謝します。』 

ハロウィン・マークにポチ(クリック)の応援をお願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ
にほんブログ村に参加


関連記事
自己紹介

健

Author:健
はじめまして、ボイストレーナーの新谷健です。今までに、わたしがやってきた失敗談・カラオケボックスの有効練習・日々のボイトレの学びもためらわず、出しまくりますよ。お楽しみに^^^ 

ブログ村ランキング
1週間の最新ブログ
相互リンク
今月カレンダー
09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別更新