FC2ブログ

『わかりました!!声帯のマッサージ法とは!?何か』

『わかりました!!声帯のマッサージ法とは!?何か』

こんにちは、ブログライターの新谷です。

『声帯のマッサージ法とは?』についてお話しします。

まわりを見ていますと、喉を押し出して『ガンバって』発声しておられる方がたいへんに多く、
なかなかこの習慣を変えることができないと思います。
ボイトレとは、出番前にふだんの準備のまとめをすることです。

喉に余分なストレスがかかると、なかなか声の上達は出来ないものです。
『わたし、ボイトレに一年行っても声が良くならないの!あまり変わらないの!』
たぶんこのように、おっしゃる方の多くは、喉のストレス過多でしょうね?

力を抜いて、力みを取りはらって、緊張しないで・・・『でもそんなことムリよ』
が、実際のところです。
わたしも、筋肉と関節と心のバランスを理解して、軽く、柔らかく、力強くできるまで
一年間はまったくのところ意味がわかりませんし、できませんでした。

・ちからの入らないところにどうして力が入るのか?
・軽いけど、力がある!
・力を抜いて立てないし!

・せまく、小さく入る!
・聴いてもわからないことばかりで・・・
・イメージの世界・気のコントロールを勉強しました。
(正直、何やわからないことばかりで??)

~簡単で効果が出るものとして、声帯マッサージ法をご紹介~

ご存知でしょうね、リップロールは、自然で喉を絞めずにリラックスした正しい発声
を身につけるためには最高のものでした。

~リップロールの利点~

・喉の負担をかるくできる。
・腹式呼吸の練習になる。
・いつでもどこでもできる。
・楽器もいらない。
・大きな声を出さないので自宅のトレーニング向き。
・費用がかからない。
・一曲の発声トレーニングとリップロールでは、筋トレ効果は
2~3倍望めると言われる。

☆声帯やまわりの仮声帯のバイブレ―ション振動が筋肉を適度に
ほぐし、声帯の充血やポリープ症を起こさないようです。
その後、本来の声を少しづつのせて行きましょう。
ゆっくりと声をナラシて行きましょう。

歌う時こそ、あえて初めから歌うことは、ひかえ声帯のアクシデントの予防をします。
また、深い声を出すためには、喉頭が下がった状態が望ましいのですが、
リップロールでの発声は、喉頭が上がらない状態でもできます。
 
~リップロールの方法~ 

①、軽く口を閉じる。
②、口を開けて息を吸う。(鼻呼吸ができるとさらに良い)
③、口を閉じ、唇をほんの少し突き出し、唇の間から息を出して
唇を『ブル~ブル~』と振動させる。
④上手になった方は出来るだけ顎を下げるように。
⑤発声トレーニングしたい方は、音階をつけて長くのばしながら
1音各音をリップロールを行ってみましょう。
⑥リップロールはリラックスしているので実際に歌う声より高音が出ます。
ホントはそこまで出るのです。さらにリラックスのために低音も行うこと。

~ポイント~

良い状態のときは『プル~プル~』とゆったりと軽やかな回転です。
振動が細かく・切れる場合は力みがあります。なるべく長い時間続けられること。
上手くできない方は、口周りをリラックスさせて、左右の人差し指で少しずつ口角を
寄き上げてみてください。(手で補助しましょう)
 
続くようになれば、声帯を反応させながらリップロールを行う。『音にしてみましょう』
息が続かない時のブレスは、必ず口を開けて吸うこと。横隔膜を意識して吸うこと。

人前で話す前、歌う前、どんなに時間がなくとも「リップロール」を行ってください。
声の出し方が変わります。
ぜひリップロールマッサージができるようになって良い声を手に入れますように
祈ります。



ありのまま
力の抜けたところに・発力する・原点はゼロ・自然体


お読みいただき、お役に立ちましたらうれしいです
人気ランキング参加してます~タグマークにポチお願いします。


にほんブログ村参加


にほんブログ村参加
関連記事

『秘訣』は全身を『自由』にすること!その次には『心の解放』をすること!!

こんにちはブログライターの新谷です。

『秘訣』は全身を『自由』にすること!その次には『解放』にすること!!
についてのお話しにおつき合いください。

☆全身を『自由にすること』のできるストレッチがおすすめ
ストレッチは自重で5秒程度のゆっくりと負担をかけないようにしましょう。

・首の前後のストレッチ(前から始めます。次は後に移ります)
・首の左右のストレッチ(右から始めます。次は左に移ります)
・首まわし(左右できる方からゆっくりと大きくまわします)
・肩のストレッチ(右肩から身体に沿うように大きく回しましょう。次は左肩に)
・体幹のストレッチ(上半身を右横に大きくゆっくり、左横に大きくゆっくり曲げましょう)
・股割りストレッチ(お相撲さんの土俵入り、四股ふみポーズ)


これをゆっくりと時間をかけて行なってみてください。
心身ともにゆっくりと行うことで力みや不必要な力が軽減されると思われます。


自由にできると次には『心の解放』を行いましょう。

ボイトレも行わないまま『心の解放』だけでも、声は出るようになります。
気分が良い時には、声は自然と出やすい状態になります。


元にもどり、声を変えたいと思い、基本を身につけるのですが、その練習方法が
重要だと思えるのです。


最終的には良い声が出るための正しい感覚と筋トレですが、
まずは気持を声の出やすい状態にして練習した方が、良い声が出るための正しい感覚が
掴みやすくなりますし、練習もしやすくなるからです。
ここで大切なのはイメージする細かな感覚です。


「心の解放」を含めた練習をすること、それがボイストレーニングの意味です。

この練習については、またの機会にお話ししましょう~



お読みいただき感謝いたします。
人気ランキング参加してます~。
タグマークにポチお願いします。


にほんブログ村参加


にほんブログ村参加
関連記事
自己紹介

健

Author:健
はじめまして、ボイストレーナーの新谷健です。今までに、わたしがやってきた失敗談・カラオケボックスの有効練習・日々のボイトレの学びもためらわず、出しまくりますよ。お楽しみに^^^ 

ブログ村ランキング
1週間の最新ブログ
相互リンク
今月カレンダー
11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別更新