FC2ブログ

『喉締めした声と喉開いた声』を、生徒さんが変換点に立つ!!


(^o^)こんにちは、ボイス・カウンセラーの新谷です。よろしく、お願いします。

『喉締めした声と喉開いた声』を、生徒さんが変換点に立つ!!

言葉では、よくわかる!生徒さんが・・・、やろうとしても、できないどうしてでしょうか?
そのことに、触れてみますね。。。


私も、ずっと喉絞めで歌っていました。^^^。。。
ホントに恩師に会うまでは、自分が喉締めだってこともわかりませんでしたくらい。。。


現在は、まったく喉締めせずに歌えるようにはなりましたが、体感では『あれ~??』



①私の場合・・・・このように
・喉を開いて歌えるようになって、音域はかなり伸びました。(5~6音)
でも練習の初めころは、すごく苦しく、めちゃクチャになり^^^


・ゼロからの発声をやり直しました。
ゼロからフォームと姿勢・・・をやり直した!!


・まったく出せなかったのですが、少しずつ慣れると広がっていき、
以前よりも広く・快晴(快声^^^)となったのでした。(1~2年くらいかな?)



②恩師に習っていたのですが。。。
・ 喉締めの癖が、かなり付いていたので、少しでも力みがあったり、
締ってきたら、『止めてアカンアカン!』ということを繰り返しばかり^^^
これが大変に難しく・・ ホンマにできなくて大変。。。!!


③ さらに高音を出すには、 声帯筋・丹田を強くしないといけませんので、
・ スタカートがとても良い練習でした。 毎回たくさんやらされました。。。



☆力みと力の違い!高いと高める違い!ブレスと呼吸の違い!を知らされた。
☆出そうとするから、『苦しい~』生徒さんの丹田を強制的に押すと、『キツイ~』

けど、。。。出せたの!出ていた!『なんかちがう!!』
それが、変わる時の変換点でしょうね\(^o^)\(^o^)/これで変われよ~頼みます!!



『喉締めした声と喉開いた声』を、生徒さんが変換点に立つ!!
今日もご覧いただきありがとうございました。
あなたにとって幸いな日でありますように

ここをポチしてください^^


 にほんブログ村参加
関連記事

5曲続けて腹式発声で歌えば400m走、10曲連続なら1km走に匹敵する運動量になる!!


5曲続けて腹式発声で歌えば400m走、10曲連続なら1km走に匹敵する運動量になる!!

こんにちは、ボイス・カウンセラーの新谷です。よろしくお願いします。
ホントの腹式発声で歌えば、相当量に匹敵する運動量になるものです。


日本生まれのカラオケは、いまや世界じゅうで楽しまれている手軽な娯楽のひとつ。
それが自律神経を整え、ストレスを消し、脳を活性化させ、知古治癒力を高め……
などなど多くの効果をもたらすのだと、健康法としても注目を浴びている。


腹式呼吸とトレーニング効果についてお伝えします。

・腹式発声は有酸素運動になる。
・腹式発声によって呼吸量が大幅に増えると、内臓脂肪をはじめとする体脂肪が
燃えやすくなる。
・腹式発声で1曲歌えば約20kcal。5曲歌えば100kcal近い燃焼になる。

・精密採点DX-G機には、消費カロリーが評価画面に表示されているのです。
また、ご覧ください。
・体幹筋・発声筋をフル活動させれば、歌い終わると『一気に、ハア~っ』と、
気抜けするほど・・・。
・ホントの力であれば、『やれやれ、お疲れさま』と脳とからだが反応する。


5曲続けて腹式発声で歌えば400m走に、10曲連続なら1km走に匹敵する運動量になる。
ご覧いただきありがとうございました ヽ(´∀`)ノ
あなたにとって幸いな日でありますように

ここをポチしてください^^


にほんブログ村


 にほんブログ村





関連記事

歌うことには、ハード面とソフト面が相互に大きく関わるもの!!


歌うことには、ハード面とソフト面が相互に大きく関わるもの!!

こんにちは、ボイス・カウンセラーの新谷です。よろしく、お願いいたします。


・ハード面とソフト面が相互に大きく関わることが多いのです。

・ハード面とは、技量やスキルUPをやろうとすること。・・・がんばろう・・・やれない・・・出来ない
・・・これが日々の繰り返しでしょう。

わたしは、イチローさんの言葉をよく見ています。
あれだけの、人でさえ『日々が葛藤で悩む。』だから、わたしたちはすぐにできなくて
当たりまえOKですよ。


例えば、声が出ない時にはどうしますか?

『出ない時に、がんばって出しまくるんだ!!とされていませんか?』
『やればできる、さぼれば負ける!だから、ガンガンやってませんか?』


これは、ダメダメ!!絶対にやったらアカンですよ!!


自分のからだ・自分のこころ・自分のちから・自分のペース・自分・・・を視る!!
心の動揺や落ち着きのない状態では、マイナス練習となるのです。
出しやすい環境をつくるのです。


ボイトレ基礎練習を欠かさずに行います。一時間レッスンの20分が基礎ボイトレ。
残りの40分をメンタルトレーニングとカウンセリングをやりましょう。


ソフト面とは・・・『押してもダメなら引いてみな!!』メンタルでは、『無』や『無心』が
最も強いと聴きます。
実際に、『これ絶対に出ないよ。高い~』この先入観や悲観的な心が出ませんモードに入る。


また、逆に、「これ行けるよ。大丈夫だ~』が、スイッチON=心が出せますモードに入る。
ポ~ンとできたよ~が、あるのです。


ハードがだめなら、ソフトに転換し、プラススイッチONです。
☆マイナススイッチON=出せない・出来ないモードになる。
☆プラススイッチON=出せる・できるモードに入る。



歌うことには、ハード面とソフト面が相互に大きく関わるもの!!
ご覧いただきありがとうございました ヽ(´∀`)ノ
あなたにとって幸いな日でありますように

ここをポチしてください^^


にほんブログ村


 にほんブログ村
関連記事
自己紹介

健

Author:健
はじめまして、ボイストレーナーの新谷健です。今までに、わたしがやってきた失敗談・カラオケボックスの有効練習・日々のボイトレの学びもためらわず、出しまくりますよ。お楽しみに^^^ 

ブログ村ランキング
1週間の最新ブログ
相互リンク
今月カレンダー
01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -
月別更新