FC2ブログ

横隔膜の常時プレス!!起源は丹田からの気の流れ!!

こんにちは、ボイスカウンセラー・ライターの新谷です。よろしくお願いします。

横隔膜の常時プレス!!起源は丹田からの気の流れ!!


出来ていない時は、『横隔膜のプレスを忘れてしまっている』ことが要因だ。
 そのためは、横隔膜を必ず使うと、意識する必要がある。『プレス』丹田に気をかける。
 


プレス状態というのは、お腹への腹圧があがり、パンと張った状態であり、
これなら横隔膜が使える。苦しくなれば、吸うこと。自然と瞬間ブレスが身につく。
 わたしは、横隔膜のプレスは良い発声の状態の起源。
 


息をたくさんすって、しっかりと支えると教える方もいますが、そんなに必要ないと考えます。
声の出しはじめに体幹に芯のあるプレスをかけることが必要だ。
 

ON状態から、そのままON、OFFしないことの緩みは気のゆるみになりやすい。
歌っていると必ず、ブレスをしますのでお腹は凹んできますけど、なるべくは
『カチカチ状態』を維持。


わたしはベルトのあたりを手で押さえ、カチカチ感をマスターしました。それができ、
そこで初めて、歌うことに実用する。

はじめは、ブレスポイントでは、息継ぎをするでしょう。でも、息が長くなれば、不必要に
金魚が呼吸をすようにパクパクとしないでも30秒は持たせるように練習します。
知人の民謡の名人は『わたしたちは、息なしの一節と話す。30秒くらい?』

以前に挑戦しましたが、『ウソ~でしょ??』と、一節は長い~
息継ぎは必要ですが、フォーム・姿勢の崩れを巻き起こすことも多いので、用心です。



横隔膜の常時プレス!!起源は丹田からの気の流れ!!
ご覧いただきありがとうございました ヽ(´∀`)ノ
あなたにとって今日も幸いな日でありますように
ここにポチのご協力を押してください^^


 にほんブログ村
関連記事

声は変わる!!声は変えられる!!『ボイトレ・練習生の体験談』

(^∇^)声は変わる!!声は変えられる!!『ボイトレ・練習生の体験談』


こんにちは、ボイス・カウンセラーの新谷です。

☆このような思いのあるみなさんへ・・・

・せっかく、ボイトレに通ってんのに・・・上手くならない!!
・練習はやってるけど、効果がでない!!

これがよ~く。ご相談を受けます、また、それが真実でしょうね。^^^


☆『わたしのボイトレ練習生』の頃は、このように通って上達できました。ひとつのきっかけ
と思いますので・・・ご紹介させていただきます。

①わたし自身は、レッスン~レッスンまでの間、自主練をまいにちやることを決めた。
②レッスンで先生にはわからないところは、充分に教えてもらった。

③自分の目標をハッキリと持っていた。プロセスも描いていた。
④レッスンで教わったことは、次回までに、できるように自主練を行った。

⑤歌いたい曲、覚えたい曲を歌うためにボイトレに通うことを、全神経に伝えていた。
⑥お金も時間も必ずつくると決め『ダラダラ』やらないと決めていた。

⑦レッスンは、ジャージ・Tシャツ、スニーカーと軽スポーツの服装。
⑧歌えない時(風邪や熱など・・・)は先生と質疑応答の時間にあてた。
⑨ボイトレ習い。必ず5年以内には大会での優勝を誓った。

このことは、全てわたしと先生が決めた5年計画に基づきました。
自慢でも誇張でもなく実話であります。そのおかげ、自己コントロール法が身についたのです。
ボイス・トレーニング=ボイス・コントロールに進化したようです。

ときおり、モノマネモードにすると器用な方ですね・・??と・・・器用に使えるようになったの
でしょう。声や呼吸や表情やポーズでさえ声色が変化しますよ・・・^^^


声は変わる!!声は変えられる!!『ボイトレ・練習生の体験談』
ご覧いただきありがとうございました ヽ(´∀`)ノ

あなたにとって幸いな日でありますように
勝手ながらコメントはお受けしておりません。
あらかじめご了承くださいませ。(^∇^)

ここにポチの応援をしてくださいね^^


関連記事

今は先生!!でもむかしは生徒だったんだから!!ヽ(´∀`)ノ


今は先生!!でもむかしは生徒だったんだから!!(´∀`)ノ

こんにちは、ボイス・カウンセラーの新谷です。ヽ(´∀`)ノよろしくお願いします。


わたしは、先生って呼ばれることが『あまり好きじゃない』んですね。
先生と呼ばれる職業は、考えてみれば数多くありますね。

学校・病院・政治家・治療院・いろんな指導者など・・・・他にありましたか??
イメージ的には、学校の先生か医師がすぐに浮かびますね。。。


どうも上から目線になりそうで、ホントはキライに近いのです。
先生も生徒だったんですから、それが、『知識』『経験』『経歴』・・・などにより

初めて『先生』と呼ばれたときは、『えっ、ハイ、ハイ』と恥ずかしい返事をしてしまった。
ところで、話を本題に戻しましょう~。

わたしの先生、ボイトレ恩師は実に厳粛な『恐~い・おもろない方』でした。
元散髪屋さんというか、ぶっつきらぼうだから接客が大の苦手なかたでした。

わたしが、大会で受賞しても『そうか!』でも、『先生・・・・』というと。。。
『それ、あたりまえや~レッスンにさあ~ついて来いよ~』

『何やねん、嬉しないんか?なんか言うてくれてもええのになあ~』
こんな方が、わたしの恩師『褒める・説得・納得…』何にもないけど

それとは裏腹に『強烈な声量・パワー感』に魅せられたわたしだから・・・
『まだまだ、足らんね・・・負けてんね・・・』と自問自答のレッスンを受けた。

恩師は、西野バレーの『西野さんの本、持って帰って読んできて』と渡された。
それは丹田呼吸の本でした。呼吸法の極意が書かれていました。

言葉が足りなかった先生でしたが、わたしの今を与えていただいた方です。

今は先生!!でもむかしは生徒だったんだから!!ヽ(´∀`)ノ
ご覧いただきありがとうございました (^∇^)

あなたにとって幸いな日でありますように
ここにポチの応援をしてくださいね^^


関連記事
自己紹介

健

Author:健
はじめまして、ボイストレーナーの新谷健です。今までに、わたしがやってきた失敗談・カラオケボックスの有効練習・日々のボイトレの学びもためらわず、出しまくりますよ。お楽しみに^^^ 

ブログ村ランキング
1週間の最新ブログ
相互リンク
今月カレンダー
02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別更新