FC2ブログ

歌うときには、『無声音』が違いを出す!!

こんにちは、ボイス・カウンセラーの新谷です。

歌うときには、『無声音』が違いを出す!!

上手いといわれるプロを聴いていると、わたしたちと大きく違うことがありませんか?
よく『詞の言葉』が前に出てきています。審査員がコメントする『言葉が伝わります。』
を、分解してみますと、実は、無声音の使い分けで、ハッキリと耳触りが良くなります。

*無声音=音のない声?ですが、母音が出ない声とイメージします。

例えば、同じ大きさのサイコロを横に並べ、縦にも積み上げるとどうなうのでしょう?
しっかりとした、ブロックを積む壁ができますね。
これは、歌ではだめなのです。積めないようにするのですね。


わかりやすく、話しますと、継ぎ目も、すき間もなくなります。
小学生のころ国語の朗読はいかがでしたか?
同じ、テンポ、継ぎ目なく、人物の台詞など、同じの一本調子でありませんか?


クラスでも上手な子は、変化がありましたね。
それは、日本語の発音の特長を出来るか?出来ないか?の差です。


TVのアナウンサーやナレーター、すごく、滑らかですね。
詞を、ダラダラと平坦にならないことなのです。


歌う前には、黙読×:朗読○をしましょう。一音を意識するようにします。
わからないようなら、プロ本人をよ~く聴き取ることだと思います。


自分とは違うと思うことには、ドンドン取り入れてみましょう。



ホントに今日もご覧いただき感謝します。
小学生の女の子にポチ応援をしてくださいね^^


わたしは、にほんブログ村2年生



関連記事
自己紹介

健

Author:健
はじめまして、ボイストレーナーの新谷健です。今までに、わたしがやってきた失敗談・カラオケボックスの有効練習・日々のボイトレの学びもためらわず、出しまくりますよ。お楽しみに^^^ 

ブログ村ランキング
1週間の最新ブログ
相互リンク
今月カレンダー
02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別更新