FC2ブログ

本番で、頼る者は自分!!『無心になれ』!!

本番で、頼る者は自分!!『無心になれ』!!

こんにちは、ボイス・カウンセラーの新谷です。

わたしも数々の本番の舞台に歌い手として、司会者として、指導者として、挑戦してきた。

わたしの、恩師は、温和な作曲家N先生・奇人のM先生の2名。

正反対のタイプです。Nは生徒みんなに慕われる優しい先生。M先生は生徒みんなに
恐れられる『恐い人物』だ。

わたしが、このように、人さまにお話しする根底には、『お2人の存在』がある。
昨日は、N先生の墓前に伺い『出来損ないを見守ってください』と話しかけた。

わたしは、ほとんどお墓参りは、助けてください、と話しません。
もし、あなたに子孫や友人や配偶者がきて『お父さん、わたしを助けてください。』
と、お参りされると『そんなこと、言うなよ、ムリなこと^^』となる。

だから、N先生には『見守ってください。ついて来てください。』と話しかける。
不思議なものです。ついて来てくれてると思うと『心配がなく乗り越えます。』

自分の力を越えるものは、それは『ムリ』ですが。。。
わたしは、司会や指導を行うようになりこのように観えます。

~本番前に・・・・???~どうして、いまさら・・・・???

・必死に聴いてるの?
・舞台袖で声だしするの?
・出演者の様子を、じっと凝視するの?

・硬く、コチコチの表情なの?
・笑いが見えないの?
・声をかけにくい空気なの?
・など・・・・・

*まだまだあるが、息が詰まるような重い空気です。
ある、有名な審査員が話した言葉がある。
『今さら、会場に来てやっても変わりません。緊張と不安がつのるだけ!!
腹を据えたまな板の鯉になってください。そのほうが良くなるはず。』と・・・

そのとおりと思う、会場では、緊張を増幅する行為はしない。
それまで、『やることはやる』『自分の力以上は出せないのだから…』
『うまく、歌おうと思っても、普段は上手いですか?』

例えば、スケートで3回転ジャンプしかできない人は、4回転は『出来ない』
4回転できるスケーターは『転倒せずに、できる力がありますでしょ?』
それと、同じことと思うようになって、本番まえは『ガタガタ、じたばたしない。』

それから、楽です。あんまり、緊張をしない、力まない。やってみてくださいね。『無心』
という、本番のこころ。これには、まだ、続きがありますので、また今度書いてみます。


にほんにブログ文化を広げましょう。
ここにポチの応援ください。


にほんブログ村ボーカルブログ参加
関連記事
自己紹介

健

Author:健
はじめまして、ボイストレーナーの新谷健です。今までに、わたしがやってきた失敗談・カラオケボックスの有効練習・日々のボイトレの学びもためらわず、出しまくりますよ。お楽しみに^^^ 

ブログ村ランキング
1週間の最新ブログ
相互リンク
今月カレンダー
02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別更新