FC2ブログ

歌いなれると、うまく息継ぎのタイミングがつかめる!!”息継ぎのコツ”


歌いなれると、うまく息継ぎのタイミングがつかめる!!”息継ぎのコツ”


こんにちは、ボイスカウンセラーの新谷です。(^o^)

こちら和歌山は、梅雨の中休みでしょうか。朝から、快晴、気持ちいいです。

ご覧いただき、ポチの応援をお願いしますね。


にほんブログ村


なかなか歌いなれていないと、息継ぎのタイミングがつかめないのです。

また、息継ぎのタイミングが合わないと、伸ばすところで伸ばせなくなっていたり、

途中でうまく息継ぎができるコツのお話しです。

 
まず、息が苦しくなったら、無理に息を吸うのではなく、一気に息を吐いてしまいます。


すると自然に必要な空気を口から吸いますので、素早く息継ぎが出来るはずです。


水泳で息を吸う際には、顔が浸水時には吐き続けます。上げたとたん一気に吸います。


また、サビの前や大きな声を出す前には、お腹にある風船に空気を入れるイメージで



041895-300x189.jpg



口から大きく息を吸い込み、いったん息を止めます。


そのまま発声すると大きな声になり、息も長く持つのです。

 
また、カラオケでは、上手く歌うには、画面の歌詞と字幕を見続けないことです。

画面だけを見ていると息継ぎのタイミングを逃してしまいがちなので、

歌詞をぱっと見たら息継ぎのタイミングを自分ではかりながら歌うと良いでしょう。
関連記事

”つまらない練習”をするくらいなら、やめれば良いでしょ!!

”つまらない練習”をするくらいなら、やめれば良いでしょ!!


こんにちは、ボイスカウンセラーの新谷です。(^o^)

こちら和歌山は、梅雨の中休みでしょうか。朝から、快晴、気持ちいいです。

ご覧いただき、ポチの応援をお願いしますね。


にほんブログ村


”つまらない練習”をするくらいなら、やめれば良いでしょ!!

今日のテーマは” ”つまらない練習”とやめるということがポイントです。



①一時的につまらない『いま練習していることをやめる』」


慢性的につまらない『そのものをやめる』



②『いま練習していることに意味を見つける』


『練習というものに意味を見つける』



③『いま練習していることを楽しむ工夫をする』


『練習を楽しむ工夫をする』



ボイトレや歌の練習でも、このあたりの微妙な心理が働きますよね。


練習をまったくやらないとか、もうやめてしまうことなのでしょう。


練習の意味がわからないようになってい見失ってしまうのでしょう。


そこで、練習の意味を見つけ出すのです。


さらに進化して練習のつまらないものを意味を見つけ、


練習というものを工夫をして楽しむようにできればいいのでしょう。



それじゃ見つけ出し方や工夫ってどうするのですか?


わたしたちは、血の通う人間、つまらないと思うことつまらない出来事が茶飯事に

おきています。メンタルヘルスではありませんが、練習なんて、『つまらない』


『やっても、変わんない』とか、思う気持ちが少しでもあると『練習に身が入らない』

ものなんです。


だから、”つまらない練習”をするくらいなら、やめれば良いでしょ!!



しかし、いま思えば恩師先生に、『やる気がないなら、やめろ!』『悔しくないか?』と


ずいぶんと言われながら、がんばったけども、今とちがうんですね。


m_pecojapan-61930_20160610131320229.jpg

”つまらなくないのかな?”読み聞かせ?
関連記事

ボーカリストでは器用な人たちと不器用な人たちがいる!!その差とは!?


ボーカリストでは器用な人たちと不器用な人たちがいる!!その差とは!?


こんにちは、ボイスカウンセラーの新谷です。(^o^)


いつもご覧いただきありがとうございます。

あなたのポチの応援をくださいね。


にほんブログ村


器用な人たちとは、生まれつきにトレーニングをしなくて声域がひろく、

音程のズレもなく、安定した声を持っている人たちです。


もともとの才能で歌えてしまう人たちです。



音感が良い悪いとか、そういう問題でもないのです。


その、良し悪しは別としてして、こういう人たちは発声をふかく学ばないのです。

どうしてでしょう。


それは、歌えてしまうからです。



わたしもふくめ、ほとんどは不器用な人たちです。


そこに声が良い人たちは多くいるでしょう。

また、大きい声が出る人たちも多くいるでしょう。



しかしそれ事態は器用と、ほとんどが関係ありません。

わたしと同じ不器用な人たちは学ばないといけないのです。



良い音程で歌う事も残念ながら簡単ではありませんね。



きっとわたしがもともとできるんだったら、ここまで求めなかったと思います。



中音域や高音域でひどい喉声になって、ピッチが低くなって、

人さまに聴いてもらえなく終わりますね。



『わたしたちのような才能の少ない人間がもともとのできる人たち』と同じ舞台に

立とうとする為に、それは努力して学ぶしかありませんね。


shoryu0101_20160609223157f89.jpg
関連記事
自己紹介

健

Author:健
はじめまして、ボイストレーナーの新谷健です。今までに、わたしがやってきた失敗談・カラオケボックスの有効練習・日々のボイトレの学びもためらわず、出しまくりますよ。お楽しみに^^^ 

ブログ村ランキング
1週間の最新ブログ
相互リンク
今月カレンダー
05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別更新