FC2ブログ

”演歌界の巨匠、五木ひろしさんを観て!!”和歌山県文にて


”演歌界の巨匠、五木ひろしさんを観て!!”和歌山県文にて


こんにちは、ボイスカウンセラーの新谷です。(^o^)

ご覧いただき感謝します。ポチの応援もお願いしますね。


にほんブログ村



紅白歌合戦にほぼ毎年出場されている五木ひろしさん。

今日は、和歌山県民文化会館2016コンサートで来県です。


会場はわたしよりも、年配の方々でありましたが、会場は五木一色の空気となり、

オープニングは地元福井をテーマの新曲より、 右手で拳をつくり、腰でリズムをとる、

独特な歌い方が特徴ですね。


今年68歳とは思えぬ痩身。芸能活動50年を越えた五木さん。


演歌界の巨匠、五木さん。日本を代表する演歌歌手。


独特のこぶしをきかせた歌い方には、拍子をとるように見えた。

音程のアタックをとる時にも、意識的に拳を強くにぎりしめている。



ステージでのパフォーマンスとして観えるのですが、わたしは、リズムは腰で

感じ取って歌うように学びました。それは、五木さんが証明されていました。


また、ロングトーンや歌い終わりに右手を広げ観客に差し伸べている表現がありました。

歌の現しとしては、オーディエンスに向かって波が動くのがわかります。

「打ち寄せる波が、たたくのです。」



立ち居振る舞いが左に持つマイクの軸足には、重心を移動させています。

これは、わたしたちがステージに立つ時には是非見習いたいスタイルだと観えます。


五木さんは、美空ひばりさんには大変可愛がられていたと聴きます。


紅白出場回数45回
日本レコード大賞 大賞2回
その他もさまざまな賞を受賞されています。



五木さんは、紅白でその年に発表した曲を歌わなかったのは、作曲の三木たかし

追悼で「凍て鶴」を歌った2009年や、長野五輪の前年の大トリ

ということで「千曲川」を選曲した1997年など、43回の出場中故あっての4回だけ。

正味折々に「契り」やればサブちゃんの「風雪ながれ旅」クラスのキラーコンテンツ

になることは間違いないんだろうけど、でもやらない。「流行歌手」のポリシー。


最優先のまさしくエンターテイナーとは「お客さまの喜びが一番」と共感しました。


~追記~

デビュー曲は。昭和46年に、♪あのーひとーは行って行って しまった、
あのーひとーは行って行って しまった♪という印象的なフレーズが、T
Vやラジオから流れ、日本の街中に流行しました。

五木ひろし誕生の年でした。ご存知のように五木ひろしさんは、苦節を経てTVの
全日本歌謡選手権で10人抜きを勝ち取った実力歌手ですね。

このヒット曲で人気歌手の道を歩み始めました。
関連記事

まさか、人は90%が見た目の判断?


まさか、人は90%が見た目の判断?


こんにちは、ボイスカウンセラーの新谷です。(^o^)

ご覧いただき感謝します。ポチの応援もお願いしますね。


にほんブログ村


人の印象を判断するための3つの要素とは、
・言葉。
・声色。
・顔の表情など。


世界的に有名な心理学の権威が実験で調べてみたそうです。


その実験とは、会話の3つの要素の内容が食い違っていたとき、
人は何を根拠に判断するのだろうか?という実験だ。

つまり「話す言葉」と「声の質」と「顔の表情」の三つの要素で、
それぞれ異なった感情を表していた場合、
聞き手はどの要素を判断の材料にするのか調べてみたのだ。


ある実験ではまず、「ありがとう」「うれしい」「悲しい」など
感情を表すような単語をいくつか選んで、
様々な声色・口調でテープに録音したものを用意した。



そして様々な表情の男女の顔写真をいくつか用意して、
録音したテープと組み合わせて被験者に見せてみた。



例を挙げると、「悲しそうな表情」をした顔写真を見せて、
「怒ったような口調」で録音された
「『ありがとう』という音声」を流してみたわけだ。



そしてそれを見た被験者に、どういう風に受け取ったかを聞き取り、
言葉と、声色と、表情のどれが判断材料になったのか調べてみたのだ。



その結果、多くの人が、話した内容ではなく、
顔色や口調の方が相手の感情だと考えたという。



つまり話す内容と、表情や口調が異なっていた場合、
非言語コミュニケーションが優先されていたわけで、
これを「メラビアンの法則」という。


freeillust23390.jpg

いかがでしょう?顔の表情で判断してくださいね。


・言葉で判断したのは、7%
・声色で判断したのは、38%
・顔の表情で判断したのは、55%だった。



この実験では、好意や反感の表現で食い違いがあった場合、
55%の人は、顔の表情から相手の感情を読みとろうとしていた。


そして38%の人が話し声の調子で判断し、
言葉で判断しようとした人は、たった7%しかいなかった


これから言えることは、歌う時の表情が1番、声色が2番、言葉が3番でしょうか?

歌う時には、どうしましょう?これがヒントになるかもしれないでしょう。

あなたは、どのように判断されるでしょう?
関連記事
自己紹介

健

Author:健
はじめまして、ボイストレーナーの新谷健です。今までに、わたしがやってきた失敗談・カラオケボックスの有効練習・日々のボイトレの学びもためらわず、出しまくりますよ。お楽しみに^^^ 

ブログ村ランキング
1週間の最新ブログ
相互リンク
今月カレンダー
05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別更新