FC2ブログ

ビブラートは、テクニックじゃない!!『自然な声の揺れ!!』


ビブラートは、テクニックじゃない!!『自然な声の揺れ!!』

こんにちは、今日も、ご覧いただきありがとうございます。


ボイスカウンセラーの新谷です。(^o^)♪

応援のポチもよろしくお願いしますね。


にほんブログ村



本日の話題は、ある歌の先生達と生徒さんとの内容を傍でお聴きいたしました。

「ビブラートは、テンポによって揺れが変わるのです。」


「テクニックだから、かけ方があるのです。」

生徒さんと話して、「何回が正しいのですか?」


「その歌で、変わる。」

「最後は、引っ張って揺らす。」って


「先生、ありがとうございました。勉強になりました。」




先輩でもある方、わたしよりは、年配ですから、立ち聴きとなりましたが、

わたしは、それは「どうかな?」って、思っていたんですね。



カラオケを教えられる先生には、ビブラートをこだわる方が実に多いのですね。

「テクニック」はまちがい。自然な声の揺らぎです。これは、タイトルの通りと考えます。



わたしの練習生の頃ですが、皆さんと同じように、ノンビブラートやチリメンになってました。

どちらにしての、余韻のない、語尾が物足りないものでした。


恩師には、「ビブラート、教えてください。」

先生は、「大丈夫よ。ついてくるので。」


わたしは、「先生??それって??」「練習しないで出来るのですか?」

先生は、「そうや!」

「ホンマに?ですか」「そうやて!!」


これで、ビブラートが「いつの間にか、あれ。出来てる!」となりました。

それは、ムリな、音程ビブラートでもなく。音圧ビブラートでもなく。

ブレス前には、出して吐けて「~~~」3回くらい揺れるようになった。



「できた~~やった~!」とうれしかった。

それが、いつも、揺れて、どこでも、揺れて、「邪魔やな!」

そのようなことも、あったりしましたね。


カラオケバトルでは、加点テクニックと言われますので、しかし、本来は、

正しい発声と適切な呼吸法ができるようになり、そのおまけでしょうか、

自然とついていました。


でも、「要るところ」や「要らない」ところ、いろいろな、フレーズや歌詞の味わいを

くずさないように、心地よく出来るのが、一番です。


「演歌歌手のような、大波のビブラートの物真似は、賛成できませんね。」

「プロは、その人らしい個性にしていますから。」



ビブラートは、「自然な声の揺らぎ」観衆には『心地よく!!』が原則ですね


最後まで、お読みいただき感謝します。


pic25.gif

関連記事
自己紹介

健

Author:健
はじめまして、和歌山県在住のボイストレーナーの新谷健です。ボイストレーニングを20年近くやってきました。失敗あり、成功あり、喜びありの波乱万丈の日々でした。

家族を亡くし、エンディングを想いしらされた体験から、終活ライフ相談員を目指しました。

ボイトレや終活ライフや相談員までの私生活、是好日です。 

ブログ村ランキング
1週間の最新ブログ
相互リンク
今月カレンダー
06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別更新