FC2ブログ

『プロのボーカリスト』は、余計な息を使わない!!

ボイスカウンセラーの新谷です。(^o^)

ポチの応援もよろしくお願いします。





例えば、このようなことがありまして、・・・。

「プロは余計な息を使わない」

「いかに息を少なくするかが、プロにとって大事」

「歌うための肺活量は、日常生活に困らないレベルなら十分である」

このようなことが常識となりつつある現状。


高い声や大きな声を出し慣れてない人に、大量の息に声をのせて出して

もらうことはありますが。


声帯は、声門が開閉を起こし、声が鳴ります。

その細い隙間を息が通り抜けるとき、隙間を通る部分だけ息の流れが速くなり、

空気の流れがそこだけ速くなることによって声帯間の隙間の気圧が下がり、

左右の声門が引っぱられ閉じる。



そうして閉じた声門を、気管から流れてくる息の圧力が開き、

また閉じたりが繰り返されることで「声の元になる音」が鳴る、

という仕組みになっている。



でも、過剰な量の息を流してしまうと、声門が「開きっぱなし」になってしまう。

これでは「細い隙間」ができず、声にならず、高い声も大きい声も出ません。



逆に、少量の息でもきっちり「細い隙間」に「安定した息の圧力」を流せば、

それを上手く共鳴させれば高い声も大きい声も出せるはずです。


~今回のポイント~

そもそも、声の高さは「声帯の開閉回数(振動数)で決まる。そのために、

息の量で決まるもんじゃないのです。」



関連記事

カラオケでは『高音域』より『低・中音域』の練習をする。!!それが『有効』です。


カラオケでは『高音域』より『低・中音域』の練習をする。それが『有効』です。

ボイスカウンセラーの新谷です。(^o^)

ポチの応援もよろしくお願いします。








声域の高い歌を格好良く歌われると、うらやましく思える。

「よし!自分も歌ってやるぞ~」と、やって見れば声が裏返ってしまう。

わたしたち一人ひとりに持つ音域を拡張する事は、そう簡単じゃないことだ。


絶対に、やめて欲しいのは自分が持つ「限界」より高い歌を越えないで欲しい。

また、すぐに出来るわけでもない、練習に猛練習を繰り返し最低の1年は、早くて、

かかって取り組んで欲しいと思う。


37ed1553a3a9f2d45da0e8a6b2c6af98_20160802112721520.jpg



声域には(声区)大きく分けて低音域、中音域、高音域と3つに分かれる。

・低音域は演歌、漫才、落語と幅広く使われる。

・中音域は低音域と高音域の2つの要素持つ。

・高音域は、オペラ、クラシック、歌劇に使われる。


この3つの声域を自由に操れる人は専門家だ。


低音域から中音域へ普通の方でも音域を拡張は可能です。

しかし、中音域から高音域への拡張は難しく、ここで大きく限界を感じてしまう。



また、 ムリな酷使をすることで声帯を壊す可能性もあります。

中音域からの音域の拡張には慎重な計画性のある方法が望まれます。


一般の人は低音域から中音域の拡張方法としてカラオケを用いてもいいのです。

その歌の決められたキーよりも一つ上げて歌ってみたり一つ下げて歌ってみたりと、

慣らす事が大事です。


肺活量の増幅や腹式呼吸が出来ていればOKです。

カラオケでの音域拡張は早く言えば素人的な考えですが、


一番大事なことは無理せず喉の周りの筋肉をつけていけば高音域まで拡張することも

可能となるでしょうね。ムリせずに、がんばって、行きましょう。


82710eea5e3faab1f1d525a05d072e32.jpg

鍵盤キーが赤いのは、合っていない場合と。

折りに、男女違いのキー変更では、赤くなるようだ。


~今日のポイント~


・ムリな高いキーは、はじめからは狙わない。

・カラオケで、低・中音域のキーで拡張していく。


・キーをひとつ、また一つとだんだんと慣れさしていく。

・裏返るようなキーは、とりあえずは、止める。


・例えば、飛べない高さのバーの練習をナンボやってもムダ。

・飛べる高さにして、確実に上げていく。



関連記事

『ペットボトル』を使った筋トレ法!!

『ペットボトル』を使った筋トレ法!!

ペットボトルを使ったオリジナルの呼吸筋強化をご紹介しましょう。


ボイスカウンセラーの新谷です。(^o^)

ポチの応援もよろしくお願いします。






歌がうまくなるには、、発声の呼気量、呼吸コントロールなどが大事になってくる。

呼気量を増やしたいという人たちがよくやる手軽なトレーニングとは。・・・



~手軽な物の利用~

・風船などを使った練習。

・ペットボトルの練習。



2e2b819c7582241a9a868101ee1563a6_m_R.jpg

お水のペットボトル500mmが一番いいのです。わたし的に。



※やり方としては。。。


・簡単にへこむ程度のペットボトルを使う。

・ペットボトルがあまりにも硬すぎると、筋肉を傷める。

・そのペットボトルの底に数箇所穴を開ける。


・穴を開けたペットボトルを口にくわえて、呼吸する。

・吸い込む時にペットボトルがつぶれるまで息を吸い込む。

・今度は息を少しずつ吐いて、ペットボトルを元に戻す。


・この「呼吸を調整する」という工程が、歌を歌うときに有効となる。

・毎日、10回この練習を行うと、息のコントロールの仕方が身につく。

・効率的な息の使い方を体で覚えることが出来ると思いますよ。


~注意~

・固いペットボトルは筋肉にムリがおこる。

・下穴は、自分に合わせた「大きさ」「数」を。

・大きさは、500mmから。

・1000mmは、かなりきついでしょ。^^^



関連記事
自己紹介

健

Author:健
はじめまして、ボイストレーナーの新谷健です。今までに、わたしがやってきた失敗談・カラオケボックスの有効練習・日々のボイトレの学びもためらわず、出しまくりますよ。お楽しみに^^^ 

ブログ村ランキング
1週間の最新ブログ
相互リンク
今月カレンダー
07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別更新