FC2ブログ

『コミニュケーションづくりの基礎』他人に語れるおもしろい体験すること!!



ボイスカウンセラーの新谷です。^*^_^*^


このブログにポチをよろしくお願いしますね。


ここにポチください

~にほんブログ村vocalブログ~


・自己紹介やプロフィールは聴きたくないもの。


自慢話や経歴なんか、仕事でも面白くないものですね。

「だから、それがどうしたの・・・^^」って具合でしょうね。


あなたがやることは、そういった情報を相手に与えることを控えることですね。

あなたが言わないでおくと、相手はとても興味を抱き、知りたがります。

「ねえ?どうして・・・なの?」、自分の秘密を教えてあげないようにするものです。



・個人的な話を披露する。


会話に話し過ぎるのは賢くありませんが、自分が好きなことを話す時間であり、

関心を引く方法で話せば間違いはありませんね。

目の前の人に感じていることを相手に感じてほしいと思っています。


そうすれば、きっかけができるからです。きっかけが生まれれば、

何らかの結びつきができる可能性が生まれます。ですから、

情熱的に話すことやユーモアのセンスを少し見せることを恐れないでください。


つまり、おもしろい話ができる人はいったいどのような人なのか、興味を持つのです。


個人的な話を披露することで、自分が話している以上のことが相手に伝わります。

できれば、おもしろさにあふれ、魅力的な人間であると示すといいのです。




・会話に”種”をまくこと。


”種”と呼ぶのは、他のことをほのめかすちょっとした情報や話のことです。

人は、色々な人生を送っています。誰かの人生の話を深くまで聞くこともできます。



例えば、失敗談・・・。大きな、お笑い、ナンセンス・・・。

どうして失敗をしたのかを話し始めることができます。

相手が興味があるようであれば、



それに関する他の体験について話すこともできます。

聞き手が自然な形で興味を持ってくるのを期待すること。

そうでなければ、ただ別の話をすればいいのですね。



それは、おもしろい人生や体験をすることです。

他人に語れるおもしろい体験をしていること。

それこそが、誰もが知りたいようなおもしろい話をするのです。


関連記事

どのようにボイトレをすべきか?声に何を与えるのかに焦点を当てる!!


どのようにボイトレをすべきか?声に何を与えるのかに焦点を当てる!!


ボイスカウンセラーの新谷です。^*^_^*^


このブログにポチをよろしくお願いしますね。


ここにポチください

~にほんブログ村vocalブログ~



練習をやってるか?と尋ねると返る言葉は「ちゃんとやってる。」


「教えてもらったように…してます。」と、必ず・・・。


誰でも練習をしています。同じように、やってると思いますが。

どこが、どう違うのでしょうね。


わたしも経験がありますが、ほとんどの人は、このような傾向がある気がします。


①自分を、客観視できないままやっている。・・・現実


②はっきりしないままにやってる。・・・目的


③あいまいな練習をくり返している。・・・手段



※さらに、どのようにして上達してゆくのか?・・・焦点を決める


何の作品をつくるにしても、もう一人の自分を持ち、自分を観るか?

本来は、トレーナーにつき指導を受けるわけですが、それが、できない

環境では、もう一人の自分が必要となります。


声というものは、どのように出しても、それなりに何となく歌えるものです。

だからこそ、練習をやるなら、「プロ」と自分のどこが、どう違うかを、数百回も

聴きます。それを、自分に、重ねていくのです。


耳からインプットが脳に指令がきますと、はじめの頃は、違和感があるのですが、

聴きなれてくると、自然に和感となるのです。


kid-706026_580.jpg

ボールが思うところに行けるように。

この和感が、身につく、覚えるという作業に入っていきます。

関連記事
自己紹介

健

Author:健
はじめまして、ボイストレーナーの新谷健です。今までに、わたしがやってきた失敗談・カラオケボックスの有効練習・日々のボイトレの学びもためらわず、出しまくりますよ。お楽しみに^^^ 

ブログ村ランキング
1週間の最新ブログ
相互リンク
今月カレンダー
07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別更新