FC2ブログ

『腹式呼吸』には、デメリットもある!?また、息=声にも、ならない!!


『腹式呼吸』には、デメリットもある!?また、息=声にも、ならない!!


ボイスカウンセラーの新谷です。^*^_^*^


このブログにポチをよろしくお願いしますね。


ここにポチください

~にほんブログ村vocalブログ~


息と声との微妙な関係性があります。


意識して、声を出そうとする時には、「お腹から声を出して」と教えられました。

でも、お腹から声を出すことは到底ムリなんです。



じゃ~どうして、「お腹から声を出す」というのでしょうね。

わたしたちは、息を出すことにより、声を出すことができますが、、、

「息=声」を出すという仕組になってしまったようです。



ここで、腹式呼吸が重要とされていますね。

知られていない、腹式呼吸にはデメリットがあるのです。



それは??なぜ?


息の勢いが強くなり過ぎると、声が、揺れたり、横ブレしやすくなるのです。

強い腹式呼吸によって出された息は、呼吸筋群によって押し出されるため、

勢いが強、過ぎて、その内圧によって声帯が閉じにくいことがあります。



息を出す動作と声を出す動作とでは運動的に異なった声帯の動きが影響を与えます。



・息を出す時には、声帯は開いています。

・声を出す時には、声帯は締まるようになっています。


・声帯が締まることで、空気の流れが速くなり、声帯が振動し音が作られるの。

これが、声の音源となります。


ただし、息が声帯を通過しただけでは声にはなりません。


声にするためは、また別の作業が必要となってくるのです。

それは、アゴと舌と歯の運動による発声作業を起こします。

これで、はじめて声を出すことができるものです。


ただし、これでは、まだ、歌声にはなりませんが・・・。


もちろん、声を出すことにとって息はとても大切なことです。


shoryu0101_20160823114536760.jpg



~今回のポイント~

もし、息に意識を向けながら声を出すそうとすれば、

息と声とに意識が分散されてしまいがちになります。


声を出すことにも、息を出すことにも、意識を集中することができなくなります。


はじめのうちには、うまく行かないと悩む原因がこのあたりにあるのでしょうね。




関連記事
自己紹介

健

Author:健
はじめまして、ボイストレーナーの新谷健です。今までに、わたしがやってきた失敗談・カラオケボックスの有効練習・日々のボイトレの学びもためらわず、出しまくりますよ。お楽しみに^^^ 

ブログ村ランキング
1週間の最新ブログ
相互リンク
今月カレンダー
07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別更新