FC2ブログ

『声』と『息』と『神経』との関係性!!



『声』と『息』と『神経』との関係性!!


ボイスカウンセラーの新谷です。^*^_^*^


このブログにポチをよろしくお願いしますね。


ここにポチください

~にほんブログ村vocalブログ~


日常生活の中では『息=呼吸』を意識することがほとんどないと思います。

しかし、緊張した時には、胸がドキドキしたり呼吸が速く感じると思います。



その緊張を抑えようとして大きな息をすると、不思議と気持ちが落ち着きますね。

緊張している時には、交感神経が強くから呼吸が速くなりますが、

リラックスしている時には副交感神経が働くため呼吸がゆっくりになります。



なので、呼吸が速い時に、ゆっくりした呼吸を心がけることでリラックスすることができます。

そのことを、利用したのが呼吸となるのです。



呼吸をゆっくりとすることで副交感神経が優位に働くようになり、その結果、

自律神経のバランスが整います。


それが、自律神経のバランスを整える呼吸法のメカニズムです。

自律神経の働きが整いますと心の緊張が解け、体の無駄な力が抜けて

心身ともにリラックスできるようになります。



また、内臓の働きが活発になるので寝つきが良くなったり、


血管がゆるむことで血行が良くなり、肩こりや腰痛、冷え性など、


体の不調が改善されます。


呼吸法には、心身のリラックス効果や体の不調の改善など体にとって良い効果があります。


しかし、体のバランスを整えずに行うと、逆に体に負担をかけてしまう恐れがあります。


安全で効果的な呼吸法をマスターして頂きたいという思いから、



体の構造を説明しながら実践していただくセミナー方式で行います。


呼吸法には心身の働きを高める効果があり、またそれは、


『声』や『息』にも影響をもたらし、心にも大きくにも働きます。



泳ぐ人

呼吸法には心身の働きを高める効果が・・・。




関連記事

『能力の高い人』は、身体に負担をかける動作をしない!!


『能力の高い人』は、身体に負担をかける動作をしない!!


ボイスカウンセラーの新谷です。^*^_^*^


このブログにポチをよろしくお願いしますね。


ここにポチください

~にほんブログ村vocalブログ~



わたしたちの可能性を引き出すためのトレーニングとは?

わたしも、そうですが・・・「能力を高めたい」と思っている人は多くいますよね。

でも、思っているけど・・・「懸命にやっているけどうまくできない」ってありませんか?


うまくできないところには、知らず知らずのうちに負担をかける動作をする傾向があります。

しかし、また逆に、能力の高い人では、身体に負担をかける動作をやっていませんね。


身体の余分な力を抜いて、骨で体を支え、コントロールができるようにと教わった。

そのためには、骨の動きと関わりをコントロールする必要があるのです。



わたしたちは、重力に逆らうものや反発する力があります。


人の体の中で一番硬いのが骨で、二本足で体を支えることができるのは骨が硬いからです。


骨で体を支えることができなくなり、筋肉の力で体を支えようとしてしまいます。



その状態でがんばって体を動かそうとすると、


体を動かすための筋肉と体を支えるための筋肉が同時に働いてしまいます。

それは、ブレーキをふみながらアクセルをふかすようなものです。


わたしたちの、トレーニングでは脱力を行うことに集中しましょうと、教えられますが、

じつは、筋肉を意識してしまい、筋肉でコントロールをしてしまいがちです、

恩師先生は、「関節で立ちなさい、関節に意識しなさい」と伝授された。



Perfect_Predator.jpg

身体能力、骨と筋肉のバランスが野生の世界


力んでしまうことは、筋肉に過大な力が加わるからですね。

関連記事
自己紹介

健

Author:健
はじめまして、ボイストレーナーの新谷健です。今までに、わたしがやってきた失敗談・カラオケボックスの有効練習・日々のボイトレの学びもためらわず、出しまくりますよ。お楽しみに^^^ 

ブログ村ランキング
1週間の最新ブログ
相互リンク
今月カレンダー
07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別更新