FC2ブログ

ダイエットリバウンドを考えてみたい!!


リバウンド原因とは、目標体重で満足する!最低3ヶ月の維持すること。


こんにちは、ボイスカウンセラーの新谷です。(^-^)/

いつも、ホントに、ご訪問いただき感謝いたします。





一生懸命頑張ったダイエットで目標体重を達成した! 

これだけ痩せたんだから少しくらい食べても良いだろう。


または運動を休んでも良いだろうとお考えのあなた。

まずはその考えがリバウンドを引き起こす最大の原因と言われます。



ダイエットは目標を達成したときは成功ではありません。

目標を維持することが出来て初めてダイエットの成功と言えるようです。



目標体重をクリアしたときの達成した瞬間は今までの苦労が報われ、

爽快感で満たされます。


でも、ここでの満足はいつまでたっても同じことの繰り返しです。

ここでもう一度気を引き締めてさらなるチャレンジをしなくてはならないのです。

さらなるチャレンジとは『体重の維持』することです。


じつはリバウンドしないためにはこの『体重の維持』が一番に重要です。

でも、ダイエット後の『体重を維持』するのはそうそう簡単な話しではないのです。


今回のジムに通いまして、目にしました物をご紹介しました。ガンバ~^^^

関連記事

『正しい方法で努力をした場合』と『正しくない方法で努力をした場合』の差について!!



このページをご覧になっている方々に、これでいいのかなあ?と思うことがあります。


生徒さんやみなさんをカウンセリングやトレーニングを行う時に、常に考えることは、

わたしが話すことや教えることが、みなさんに正しく、合ったことを伝えているのか?

日々、悩みながら伝えています。『正しいこと』『合っていること』など…考えて。


こんにちは、ボイスカウンセラーの新谷です。(^-^)/

いつも、ホントに、ご訪問いただき感謝いたします。





そこで、今日はこのようなことを、考えていました。ご覧の方のために・・・。


正しいトレーニングこそが成功への一本道


ボイストレーニング、つまり”声について鍛える”という事に関して、ある程度は興味を

持っている方だと思います。


そして、それぞれの目的や目標というのも人それぞれ違うでしょう。

健康維持やカラオケや本格的な訓練のための筋力・持久力アップ・・・など。

そして元々のレベルも、歌自慢の人から歌や声にコンプレックスを感じている

人まで幅広いと思います。



しかし、これだけは共通して言えるのは、


『どんなトレーニングをすれば効果的で、目標までスムーズに進めるのか?』という方法論


については絶対に知っておいたほうが有利だという事ですよね。


すごい声を持った人、すばらしい歌を歌う人を見ると、『生まれつきの才能だろうなあ~』


なんて思ってしまうと思いますが、実際のところ正しいトレーニング方法を知っていて、


やり通す気があれば、誰でも理想的な声に近づいたり、歌声も伸ばす事は十分に可能です。

超一流になるとか確かに生まれつきの体格や才能も必要になってくるかもしれません。


周りの人に尊敬の眼差しで見られる、というようなそのレベルなら努力で誰でも

達成できるものと思います。


ただしそれは、正しい方法で努力をした場合の話です。




理想の自分を『目的地』とすると、正しいトレーニング方法を見つけることは目的地までの


正確な地図を手に入れるという事に似ています。



関連記事

『声の当たる位置』を感じる方法!!


『声の当たる位置』を感じる方法!!についてのお話しですが、


こんにちは、ボイスカウンセラーの新谷です。(^-^)/

いつも、ホントに、ご訪問いただき感謝いたします。





口の中?、どこで、どのように感じますか?

『え~っ、そんなこと、考えたこともないから…わからない・・・。』


これって、案外に重要なことだと教えられました。


『あ』の口を開けて、そのまま大きく口で息を吸いこむ。

その息が当たる位置を感じましたか?


もう一度ですが『あ』と口を開けて息の当たる位置をもう一度感じてください。

息をどう感じるか、どのくらい入ってきてどのくらい吐きだせるか?


自分の呼吸や声の当たる感覚をみがくことで、偶然な声じゃなく必然となるのです。

このトレーニングは、声の当たる位置を認知するためのものです。


声と息とが合わさる場所というのは、外に声が響きを感じる位置です。

そこを常に感じる事で、声を響かせる空間が広がることでしょう。


少し、むずかしくなりました、息の当たる位置、声の響く場所を外に置く

感覚を感じて練習してください。




関連記事

上手くなるためには、大切なこと!!『自分の声を知る』


上手くなるためには、大切なこと!!『自分の声を知る』

上手く歌うためには、自分の声を知る事が大切なことです。


こんにちは、ボイスカウンセラーの新谷です。(^-^)/


今日もご訪問いただき感謝いたします。






知らなかったり、わからないでいると、上手くなるためには何をすべきか?

ホントの自分を見つけられずに迷ってしまいます。



今まで、基礎的なこと・基本的なことをはじめ、いろんな記事を書いて来ました。


もちろん、歌い方を学ぶ事は大切だと思いますが、


ですが、テクニックをつける前にまず知って欲しいのものは、


『あなたの歌い方』や『癖』そして『自身の声』なんです。


生の声を受け入れることからはじめて、常に録音をしてみましょう。

ボイスレコーダーやスマホなど録音機能のついたものを携帯しましょう。



わたしの生徒さんには、『録音は恥ずかしい』とか『イヤです~』と聴きますが、

現実の生声を知ること、自分の声にストレスを感じると言います。


でも、その歌声は何人かに聴かれているのです。

『多くの失敗、たくさんのミス・経験がモノを言う時』が必ずやってくるでしょう。


上手くなるためには、大切なこと!!『自分の声を知る』

練習法や訓練もその録音から対策が打てるものです



~追記~わたしの体験では・・・。

わたしも、録音の声は、DVDの声は、『イヤで、嫌いだったんです』でも、自分で聴いていて

案外いけるように、聴いていて『ストレス』を感じなくあるころからなりましたね。



それは、あとで考えると、発声が安定するようになったころからでしようね。

先生は、『まあまあ聴いてられる時が来れば、上達してきた証拠だよ』と言ってました。


修正もない、不快感がなく聴いてられるようには3年くらいかかりましたね。わたしは・・・。

個人差は当然ながらあるでしょうが。(練習量や正しい練習メニューもあるでしょうね)


それからですかね、『失敗の数々』もあり、録音を抵抗なく楽しみになりました。


今日のできは?どうかな?日々の上達が、わかるからですね。




関連記事

『お腹のサビ取り』わずか5分ストレッチ!!


『お腹のサビ取り』わずか5分ストレッチ!!


5分ストレッチにより『柔軟な、お腹』をつくる方法!!


こんにちは、ボイスカウンセラーの新谷です。(^-^)/


今日もご訪問いただき感謝いたします。





今月からですが、ジムに毎日行って感じますね。『身体が硬いんですよ^^^』

普段は、イスにかけて座ってますし、車の運転も座ってるでしょう。だからみたい・・・。



お腹に、余分な肉はついて来る、猫背になる、首が痛くなるし・・・。困ったもんです・・・。

で、始めたジムですが、思ったより筋肉が『カチカチ』と指導員から・・・です。



レッスンでは、柔軟やストレッチを教えてやってるつもりが、『ダメですね・・・硬い。」

『伸ばして、サビツキを落としましょうか・・・。』それが、昨日の記事のサビツキです。



少し、教えてもらったお腹周りの『お腹ストレッチ』をご紹介しますので参考に。



~お腹の筋肉と周りのストレッチ~


・頭の上に両手を組み伸ばしたまま、右へゆっくりゆっくり傾けて行きます。

・その時、息を止めず、勢いをつけずに、ゆっくりゆっくりすることが大切。

・そのままの状態で5回をします。その後、腹式呼吸を5回、繰り返します。


~次は反対に~


・次に反対に、両手をしっかり伸ばしたまま左側へ倒して行きます。

・同じく5回ほど行ない、戻って腹式呼吸を5回、繰り返します。



~次は後に手を回し腰で手を組む~

・ゆっくり腹式呼吸から、息を吐きながら、前に前屈して腕を大きく持ち上げて行きます。


・とにかく、ゆっくり、深くお腹で息を行なってください。

・腹式呼吸を5回、大きく、ゆっくり繰り返しましょう。


70726f647563742f32303132303631345f6434636262322e706e67003235300000660066.jpg

身体のサビ取りに効きますか?



☆背中が大きく開き、膝の裏側がしっかりのびるのを意識しましょう。


☆これでお腹とお腹周りのストレッチは完了したと思います。


☆ポカポカした、温かさを実践してみてください~ガンバで~す^^サビ取り。


☆これを、毎日、3セット=3回してください。



☆サビついてるから、痛みやコリがあるようで、柔軟だとコリにならないそうですよ。


関連記事

一番に力む首スジを意識してストレッチで解消!!



一番に力む首スジを意識してストレッチで解消!!しましょう。


こんにちは、ボイスカウンセラーの新谷です。(^-^)/


今日もご訪問いただき感謝いたします。






☆一番に力が入る首スジを意識してストレッチ☆


・まっすぐリラックスして立ち、鼻で大きく息を吸う。

・口から息を吐き出し深い呼吸をする。


・見上げて口から「フ~」と上に向け、ゆっくり息を吐き出す。

・首スジが伸びてることを確認します。



・顔を正面に、また鼻から息を吸い、下に向かって「フ~~」と息を吐き出す。

・首の後ろが伸びてることを確認します。


・交互に3~5回くらい繰り返します。



・次は、左右に同じように、鼻から吸って、大きく口から吐きだします。

・深い呼吸を行ない、筋の伸びやほぐれを知りましょう。


37ed1553a3a9f2d45da0e8a6b2c6af98_20160922162342140.jpg


・四つの方向にできれば、右回しと左回しを行ないながら、ゆっくり大きく口から

吐きだしながら、大きな円を描きながら息をすべて吐きだしてください。


・これで、前後・左右と首まわりのストレッチとほぐしは出来たはずです。

関連記事

わずか3か月で、お腹からしっかり息を吐ける!!



わずか3か月で、お腹からしっかり息を吐ける!!


こんにちは、ボイスカウンセラーの新谷です。(^-^)/


今日もご訪問いただき感謝いたします。






『あれ?いい声だよ~』と歌い出したら、ピンと来る人は居ますよね。

これから、どうなるか?楽しみに聴き入ってしまいます。



わたしたちは、この瞬間をねらって日々の練習に励んでいると思っています。

そこには、『点数だとか』『順番だとか』『この歌が歌えるとか』そんなことは、

正直、2番煎じとか感じるのですね。



わたしは、歌が上手くなりたくてボイトレを学んだわけではありません。


また、歌いたい歌を覚えるためでもありませんでした。


『一声出せば、あれ?いい声だよ~(°_°)』を目指してきました。

『ボヤ~ッ』と聴こえるこの声、『スッキリ』なりたいなあ~先生のように。

変声期は、過ぎてしまって変わらないけど、何とか声を変えたい一心でした。



そのためには、『姿勢』『呼吸』『体力』『気力』など・・・基礎トレばかりでした。


日々、なかなか忙しく思うように時間がとれない、練習に行けない方も

多いと思いますが、実際にレッスン場に行かないとやれないことは、

ありません。毎日、10分間のできることを身につけることがあります。


自分時間の一工夫をするのです。『今日は、ダメだ~時間が…ない』


これでは、いつまでも、前に進んでいけません。進歩が伴いません。


声の出せない環境下では、ブレストレーニングをやるんです。

『声を出さずに、息を吐く』これは、場所も時間もとりません。


わたしは、本番まえには、ブレスコントロールとUP(暖気)をかかしません。

運転中のブレス、CDをかけながら『シュー~シュー~』吐いてます。


負荷をかけるための、用具もいくつか持って必ずやってます。

このような、見えない基礎トレが、見えない声の道を開拓しています。


雑草が茂っている道端を、刈取り道が見えてきますね。

のど越しが良いのは、ビールですが、のど越しが良くなりますね。


飲むのではなく、吐き出せる息になります。それに、ついて声も吐きだされていきます。

腹式呼吸を自然にやってた、『あかちゃん』のころに戻り、大切な、息を吐いたり、吸ったり

という、単純な作業を無意識にできるまでの辛抱ですね。


息の流れが、このように声の流れになるんだ。とわたしの体験談でした。

コツコツと、わずか3か月、毎日やってればできるはずでしょう。


~トレーニング用具~すぐれものですよ。

・わたしが、数年前から愛用しています。体幹トレーニングとしても有効です。

・ネットでも人気商品ですので、よければ実践してください。わたしは、お気に入りです。


voice2.jpg


ha062_14.jpg


こちらの、ふたつは常にお出かけバッグで携帯しています。無ければ困りもの。

わたしも、いろんなグッズを試しましたが、割りばしやペットボトル、テッシュ・・・。

人前では、ちょっと!不衛生だし、いろんなことをやりましたが、これは便利だから。

関連記事

『これから歌うサイン』を身体に送るサインとは!?


『これから歌うサイン』を身体に送るサインとは!?


こんにちは、ボイスカウンセラーの新谷です。(^-^)/

今日もご訪問いただき感謝いたします。





わたしは、発声やボイトレを学ぶことで歌を歌うことを甘く考えていたことを知りました。


そのおかげで、自分にあった『声』『音域』『声質』『呼吸法』などもわかりました。



苦手な部分、得意な部分・・・さまざまな自分の声を分析しながら、『らしさ』を


わかるようになれたことは、大きな成長だったと思っています。



歌う前の、準備についても、『備えあれば憂いなし』と気づきがありました。



歌うことは運動のひとつと思っています。


あらためて『歌う』というのも運動と同じく身体を使う事なんだと申し上げます。



『走ったり、飛び跳ねたり』はしなくても、、マイクを持ち腹式呼吸で下半身の力を使って


全身を活躍させて歌う訳ですから、スポーツ選手と同じだと思っています。



だから、、歌う前にはウオーミングアップするのが一番だということです。



sutore.gif



~声を出しやすくするための、簡単なストレッチや柔軟運動・声のUP運動。~

これは、私がステージに立つ前にも、レッスンをする前も必ず行っている大切な作業です。

身体を温め、緊張をほぐし、呼吸を整え、身体に刺激を与え、「これから歌いますよ」という

サインを身体に送ってあげます。身体は、準備をしてくれ、わたしたちの思う声を」

発してくれることでしょう。



関連記事
自己紹介

健

Author:健
はじめまして、ボイストレーナーの新谷健です。今までに、わたしがやってきた失敗談・カラオケボックスの有効練習・日々のボイトレの学びもためらわず、出しまくりますよ。お楽しみに^^^ 

ブログ村ランキング
1週間の最新ブログ
相互リンク
今月カレンダー
08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別更新