FC2ブログ

ボイトレもダイエットも、まずは、腹筋で筋トレ。腹を鍛える!!


ボイトレもダイエットも、まずは、腹筋で筋トレ。腹を鍛える!!


今回はわたしのやる腹筋を鍛えるためのエクササイズを御紹介します。


こんにちは、ボイスカウンセラーの新谷です。(^-^)/

今日もご訪問いただき感謝いたします。





・3つのエクササイズを組み合わせるのがおすすめ。

・初めての人は、各エクササイズをまずは10回くらい試してみましょう。


☆ 脚を開いて行う腹筋運動。


・仰向けになり、両手を上に伸ばします。

・両足は曲げて足の裏同士をつけて、左右に広げます。


・腰にかかる負担を軽くさせましょう。

・手の反動を使いながら、上体を起こします。


・起き上がるときにお腹を意識します。

これを10回繰り返します。



☆お腹~背中~腕を同時に鍛える。


・床に肘をつき、足はつま先立ちで固定します。

・腕立て伏せのような体制で、20秒間キープ。


・腹筋だけでなく、これは背筋~腕の筋肉にも効きます。

・これは、3セット=3回やりましょう。


001_20160921223530e86.jpg


☆脚を上げて、上半身を持ち上げる、がお腹に効く。


・仰向けになり、両脚を曲げて持ち上げます。

・頭に手を組んで上半身を浮かせます。



・足は床につかないように。

・これを20秒キープします。


abs-training.jpg



これで、10分程度でしょうか。実践してください。

わたしも、ジムで毎回やってますので、ガンバってください。




関連記事

息を吐き切る、自然に息が『スーッ』と来た。これで”バッチリ”!!


息を吐き切る、自然に息が『スーッ』と来た。これで”バッチリ”!!


こんにちは、ボイスカウンセラーの新谷です。(^-^)/

今日もご訪問いただき感謝いたします。





歌うときに楽に呼吸をするポイント呼として、『息は吐いてから吸う』のですが、

文章ではこんな感じですが、ホントなら『息を吐き切ると、スーッと自然に来た』これです。



息をするときに、吸ってから吐こうとする人がいますが、基本的に、吐いてから吸うのです。

まだ、息が残っていると、充分に上手く吸うことができませんよね。


歌っていても、ブレスポイントに来るまでは、必ず『息は吐ききること』を意識してください。

サビのところでは、吐き切ってないと、いっぱいに吸うことができません。



息を吐き切ると、息がスーッとすぐに入ってきます。これが、自然な息だから。

歌っている間は、『ズーッ』と、この流れを途切れないで終わりまでやるのです。



身体に、タイミングをたたき込むことなんですね。理屈や考えてはできません。

体操選手が、空中で大きく回転してる時は、何も考えていません。

『今、何回だろうか?』では、きっとできないはずですよ。



36bc80a12a7a451a8976a76b2e84e641888ad775_m.jpg

全力で吐く、泣く、身体で息をして、お腹いっぱい息をする。


~今回のポイント~


いつも適当なブレスをしていた人が、吐き切ってから吸うようにして歌うようになれば、

急に歌いやすくなり、聴いていても安心して聴いていられるように変わるのは、

このような、作用が働くからでしょうね。



関連記事

自分は大丈夫だと思っていても、『身体のサビつき』が進行している!!


自分は大丈夫だと思っていても、『身体のサビつき』が進行している可能性があります。

このような質問ですが、いくつ当てはまるかによってサビつき度がわかるというのです。


こんにちは、ボイスカウンセラーの新谷です。(^-^)/

今日もご訪問いただき感謝いたします。





1. コンビニやスーパーの惣菜、インスタント食品をよく食べる。

2. 野菜や果物はあまり摂取できていないと思う。



3. たばこを吸う。

4. お酒をよく飲む。



5. 定期的な運動は特にしていない。

6. 終わった後はぐったりするような激しい運動をしている。



7. ストレスの多い生活だ。

8. 外で仕事や作業をしたり、スポーツをしたりすることが多い。



9. 交通量の多いところなど、空気の悪い場所に住んでいる。

10,空気の悪い場所で仕事をしている。

11,. 睡眠時間は1日6時間未満になることが多い。


~ポイント~

半数以上、当てはまるとすれば、将来的な病の可能性が高く、

危険因子を多く抱えることや、促進してしまうことになるそうだ。



関連記事

【必見】どうしても『お腹から声を出す』という感覚がつかめない人!!..

【必見】どうしても『お腹から声を出す』という感覚がつかめない人!!..


こんにちは、ボイスカウンセラーの新谷です。(^-^)/

今日もご訪問いただき感謝いたします。





好きな歌をおもっきり歌いたいのですが、どうしても喉から声がでてしまい、

入れた力がどこかから抜けたような感じになってしまいます。

お腹から声をだすコツや練習方法を教えてください。が、多いのです。
. .

じつは「歌が上手くなるには腹式呼吸」や「腹から声を出せ」は間違っています。



ホントは、腹式呼吸だけでは歌は歌えません。腹式発声法の練習が必要なんです。


腹式呼吸での発声に役立つ事は唯一つ、お腹を少しだけ膨らます感覚を覚えるだけなんです。


その他はあまり、お役に立ちませんので。。。


お腹を少し膨らます事によって横隔膜が自然にゆるみ下がり、肺のスペースが広くなります。


※ここで、お腹に吸った息は入りません。胃や腸では息は入りません。

それでは、ワンコーラスで酸欠で倒れますよ。




正しくは、腹斜筋に力を入れたり、緩めたりする事によってコルセット筋でお腹を前に押し、

横隔膜が肺に圧力を掛けて大きな声が出るようになるからですね。


また、腹式発声には合う歌と、合わない歌もあります。個人の体力や体調など、様ざまな

事柄と関連しながら、ご自分に合うと思う発声と呼吸のマスターを目指しましょう。



~歌う時には、ブレス(息と息継ぎ)のコツ~


☆ブレスの時に、息を吸おうと強く意識をしない。


・吸おうとすると、喉や口の周りに力が入り、肩が持ち上がって肺には息が収まりません。

・収まらなかった息は、『ボワ~ッ』とマイクを吹いて、それじゃ息が最後まで続きません。


・ ブレスは、口を開けて腹筋だけで入れます。

・息が肺に入ったら、腹筋を少しくらい緩めても息は漏れませんので。



☆声を出す時に、声を出そうと意識しない。


・喉や口の周りの力みが歌に表れます。腹筋で声と息を押すだけです。

・お腹を押すと喉を通過して上顎に当たり、その息は口の奥で炸裂します。


・それが、腹筋を緩めるとビブラートに変わります。これが、『横隔膜でビブラート』です。

・声が、ぶっつかり上顎で炸裂した、破裂するという感じでしょうか。


・腹式発声とブレスの支えが効いてくると、ソフトで厚みがあり、炸裂できる声、



yjimage9LRIFWTR.jpg



その響きは口の中の『格闘技』だと思っています。

『歌は、総合的な身体をつかった全身運動でしょうね。』


正しい発声法・呼吸法は、ご自分に合ったものです。わたしも、数人に師事しましたが、

最終的には、自分流を身につけました。我流かもしれません、けど、長く、何曲も、


体調を気にせずに歌えるようになりました。下手だった歌が、人に聴いていただけるように

なりました。わたしは、生徒さんには、自分に合うように練習することを勧めます。



自分の身体で覚えて、『これが良い』と信じたものを見つけてください。


関連記事
自己紹介

健

Author:健
はじめまして、ボイストレーナーの新谷健です。今までに、わたしがやってきた失敗談・カラオケボックスの有効練習・日々のボイトレの学びもためらわず、出しまくりますよ。お楽しみに^^^ 

ブログ村ランキング
1週間の最新ブログ
相互リンク
今月カレンダー
08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別更新