FC2ブログ

”危険信号”引きこもってると『声』が出なくなる!!



この原因は、声帯周りの筋肉が退化(弱く)からなのでしょうね。



こんにちは、ボイスカウンセラーの新谷です。(^-^)/



いつも、ホントに、ご訪問いただき感謝いたします。






高い声をしっかりと出し、聴いた人が感動するほどの豊かな声を出すためには、

発声のコツや鼻の改善だけではなく、声帯周りの筋肉も適度に鍛えられる必要があります。



声帯自身では発声の機能をしているわけではなく、周りにある筋肉が声帯を引っ張ったり、

閉じたりたり、開いたりして作用しています。



さらに高い音になればなるほど、より声量を出せば出すほど、声帯周りの筋肉への


負荷もそうとうな大きなものになります。




ある有名先生の著書に『解き明かす発声のメカニズム』の中で、こうありました。


『音声外来を持って、驚いたことは、声を酷使して声帯を傷める人に同じくらい、


声に力が入らない人が多いことです』



『学校を引退した先生が家に引きこもると、声がだんだん出なくなるというケースです』


これを私も経験したことがありますね、ボイトレや音楽情報を発信しているここ数年ですが、


ある意味、身の周りには、ポメがいるくらいで無言で過ごすと『あれ~声が、マズイ』って


あまり声を出さない生活がしばらく続いたあと、発声してみると、カラオケで声もが


出なくなったのはもちろん、うるさい外でも相手に声が思うように届かなくなってるかな?


感じたりと、あれ?病気かと思って耳鼻科に、『特に問題なし』と診断されました、




よくよく考えると『黙ってるから声帯周りの筋肉が弱くなってきたのか?』と思い、


器具を使い、CDをかけ、発声をするようにしました。


すると、むしろ今まで以上に高音・声量が出るようになり、発声の仕方は


何も変えていませんから、これは明らかに筋力低下の問題でした。



わたしはこの体験から、毎日、声帯周りの筋肉を鍛えることの重要性を痛感したのでした。


『使わないと衰えるもの、使いすぎも良くないもの、適度に使いましょう。声も筋肉のうち』



293834.png

家で勉強もほどほどに、外で大きな声を出して遊びましょう~


”危険信号”引きこもってると『声』が出なくなる!!



最後まで、お読みいただきホントに感謝します。ありがと~う\(^o^)/


また、ご覧いただけるのを楽しみにしてます。では、またあした・・・。



関連記事

『スランプだ~』じゃ、どうするの??『攻略編』


いま、あなたが『スランプだ』と思ったら?さあ~どうするのでしょうか?


こんにちは、ボイスカウンセラーの新谷です。(^-^)/


いつも、ホントに、ご訪問いただき感謝いたします。






世界を代表するアメリカ大リーグ・イチローさんが御自身の本の中で、スランプの


攻略を書いてます。



非凡な方ではありますが、どうか参考に実践してみてください・・・。



それは、『身構えて、対処しないこと、ツライけどそれでやってください。


言葉少ない彼は、スランプに対処しようとすると『良いときの自分』


を取り戻そうとする。余計なことを考えずに行動を起こしますと・・・。




わたしたちな凡人なら『ウマくいかないなあ~』というのは、スランプじゃないのです。


はるか上のレベルに達した人には『スランプ』があると言わるくらいです。



また彼はあとに、『そんな簡単に見つかったら苦労しませんよ。自身で自分を見つけるのです』


それは『どうしたらいいかわからなくてツライけど、どうしたらいいか?


どうしたら糸口が見えるまで、そのままやり続けるしかない』


『そうそう簡単なことではないけど、いつかは自分で見つけることができる』と続けています。




わたしは、最初の3年くらいは何が正しいか?それが合っているか?わかりませんでした。


『ウマく出来ない~、これ、アカンわ』と思うようになったのは、6年くらい?ですね。



学校の勉強を思い出してみてください。


小学低学年は、学校の生活と勉強の習慣になれることですよね。


小学校高学年は、学校になれて弟分もできて余裕が出てきますね。


小学校のうちは、勉強もわかりやすくすくすくと6年は繰り上がりの繰り返しですが


中学校では、6年生より『グーン』と上がったような気がして『えっ~と驚きました。』



学生時代は6・3・3・3=15年です。



わたしは歌を勉強し15年の生徒時代を経験して、『先生、これできません!!』


と、言うようになれたのは6年が経過していましたね・・・。



6191_L.jpg


せん越ながら、わたしから言わせると・・・


『ハッキリ、言っちやうと練習不足しかない・・・でしょ』と言いたいのですけどね、


スランプはまだまだ先の上のレベルの話ですからね。\(^o^)/




関連記事

わたしの大きなバネ!?何よりも『○○○○』だった!!



わたしの大きなバネ!?何よりも『○○○○』だった!!んです。


今回は、○○○○をご紹介して実践の参考に役立ててくださいね。


こんにちは、ボイスカウンセラーの新谷です。(^-^)/


いつも、ホントに、ご訪問いただき感謝いたします。





例えば『あの頃、話題の人は今どこで、何をしているのか?』という番組が放送されますが、


そんな時に『過去に注目を浴びブームが過ぎると仕事がなくなってしまった。


だからTVに出ていない」という人たちが多いことですね。



しかし、その人たち『あの時代の過去の苦しい思いがあったから反省し、

更生して会社を立ち上げ、新たな人生を楽しく過ごしてる人たち』また、



『あの時代のせいでいつかは、また、復帰すると野心に燃える人たち』

また、『自分の人生はあれから最低だった。今はその日暮らしをしている」


という人達もいるのです。『人の人生、他人の人生、そんなもの、誰もわかりません』



でも、これだけは、言えると自信を持ってます。それが○○○○なんです。


同じ辛い、苦しい出来事をその後どう動くかで未来は変わり、どちらでもわたし次第。


叱られた時に『悲しい、辛い』と感じるか『悔しい』とこれが思えればこれはチャンスあり。


この『悔しさ』に、バネがあり、メラメラと燃える大きなエネルギーを持っているものです。



悔しさ=くやしさが今回のキーポイントでした。最後までお読みいただき感謝します。



eha0039-003-1024x680.jpg


~追記~

・わたしは、恩師への弟子の頃ですが、有酸素運動と呼吸と自主レンのために

毎日、雨の日も、風の日も、雪の日も、朝夕、教えられた3年間をやり切りました。

元旦だけは休みましたけど㎜『今に思えば、くやしさだった。この人には負けたくない』

真剣勝負としか言えない、戦いの教えを乞うに行ったのです。




それでは、また、ご訪問くださいね。待ってま~す(*^_^*)♪


関連記事
自己紹介

健

Author:健
はじめまして、ボイストレーナーの新谷健です。今までに、わたしがやってきた失敗談・カラオケボックスの有効練習・日々のボイトレの学びもためらわず、出しまくりますよ。お楽しみに^^^ 

ブログ村ランキング
1週間の最新ブログ
相互リンク
今月カレンダー
09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別更新