FC2ブログ

意識が声を響かせる。その練習方法!!

わたしは、声を出す時、声を頭に響かせるつもりで発声すると



なぜか、不思議と高さを外しにくくなりますね。



こんにちは、ボイスカウンセラーの新谷です。(^-^)/


いつも、ホントに、ご訪問いただき感謝いたします。






これは、トレーナーや先生によって表現はちがうけど、よくいわれることです。


例えば、歌手・ボイストレーナーの広瀬香美さんは、『頭の上に風船を思い浮かべ、


その風船をパ~ンと割るつもりで発声しなさい』と教えられていますね。


わかりやすい、例えで、参考になりおもしろいと思います。



また、表現はちがいますが、『口より高い位置を意識した発声をすることです。』



口より、上に、少しでも上に、『意識』を持ってくることを習慣にしましょう。



ちなみに、カラオケで他人の歌を聴いていると、なんか全体的に低めに外している


人っていませんでしょうか??『低くない?』って・・・。



『音の高さが微妙にちがうよ・・・外れてるみたいな。』



その人は、”口や喉などの低い位置を意識”して歌ってる場合が多いですね。


その低い位置の意識で歌うと、音が全体的に『フラット」に下がりぎみになり、


さらに、喉の周りには余計な力が入りやすくなり、さらに苦しい声になってしまうのです。



えんとつから『もこもこと煙』が上るように高い位置を意識して歌うようにすることだけで、


余分な力も入りにくくなりますね。



20151221185005.png

声帯の息と声のもとが、○の軟口蓋~鼻腔~頭上~後頭

伝わりに流れるといいのですが。



さらに、軟口蓋(喉の奥)に当てれば、さらに頭からその上に突き抜けるように聴こえ。



後ろから、頭上に飛ばすつもりで出すと綺麗に出やすいようになります。




『体の中に一本の軸で』書いていますので、合わせてご覧くださいね。



cd188b49bab30a8baa304662012e669c_s.jpg


練習もトレーニングもしなくても『高い・大きな』元気な声スゴイね。

発声練習も準備運動もいらないですよね。



それでは、今回はここまで、また明日お会いしましょう。ありがとう~♪(*^_^*)




関連記事
自己紹介

健

Author:健
はじめまして、ボイストレーナーの新谷健です。今までに、わたしがやってきた失敗談・カラオケボックスの有効練習・日々のボイトレの学びもためらわず、出しまくりますよ。お楽しみに^^^ 

ブログ村ランキング
1週間の最新ブログ
相互リンク
今月カレンダー
09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別更新