FC2ブログ

歌が上手くなりたい!!しかし、ボイトレは必要か!?

こんにちは、ボイスカウンセラーの新谷です。


質問をいただきました。みなさんのお考えも様ざまかと思いますが、・・・。



『歌が上手くなりたい!!しかし、ボイトレは必要か!?』

『歌が上手くなりたいよ。だったら、ボイトレは絶対に必要ですか?』


☆、今までには、何度もこの関連の疑問があります。


わたしは、いつもこのようにお答えしています。



結論から申しますと、ボイトレはやらないといけないものではありません。


プロになりたい人でも、必ずやらなくてはいけないということもありません。


ただ、少しでもテクニックを向上させたい、とか、ケアーや困っていることがあれば、

トレーニングで良くすることができるので、本来は受けた方がいいと思います。


もともとボイトレはやらなければならないものなのか?と質問には少し気抜けしますが。


ところで、『元から歌が上手い人はたくさんいます。一度もボイトレなど受けたことが


ないのにすごく上手な人もいます。そんな人にはボイトレ必要ないのでしょうか?』


そういうこともあるでしょうね~。意外かもしれませんが、世界にはアマチュアの人でも、

プロ並みに歌が上手い人なんて、驚くほどたくさんいますね。


ある有名な女性シンガー。多彩な活動をされていて、文句なしの

実力派だということで知られている歌手でしたが、


あるボイストレーナーが出演していて、そのトレーナーが、彼女の歌唱法について

細かく分析し、『歌声のどこが魅力的で、なぜなのかを話しました』すると、

彼女は驚いて『私は、歌を理論的には考えずに、良いパフォーマンスをするだけですが、

色々と指摘して下さって、歌手としての自分を知ることができうれしい」と話されました。



プロ歌手らしい話しだな~と思いながら観てしまいましたが、このように、歌が上手いことが


声のコントロールを言葉で明確に説明できるものとは限らないのです。


それがわかれば、今まで以上にすてきな彼女の歌声が、さらに表現の幅は

広がるんじゃないかな?と思いましたね。


トレーニングは、基礎体力や体調の維持、コンディションづくり、呼吸法など・・・

自分本来の力を磨くためには必要なものと考えています。


高い声に挑戦・長く伸びる声に・クリヤーな声に・大きな声に・力を感じる声に・など・・


これらを、身につけたいと思って練習をされるかと思います。

やはり、これらはボイトレの副産物と思っていて下さいね。




僕のことポチの応援してくださいね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
~人気ランキング参加中~


関連記事

~ひとつひとつの音~

こんにちは、ボイス・カウンセラーの新谷です。いつも、ご訪問ありがとうございます。


さて、わたしたちには、ある音が鳴っているときには、耳には『一つの音』が聴こえます。


ピアノの鍵盤『ドの音』を打鍵すれば『ドの音』が鳴ります。


ドの音程になるように発声すればドの音のように聴こえますが・・・?


この時に鳴っている音を調べると、鳴らしている『ドの音』以外の音が同時に


鳴ってるものなんです。また、『ドの音』も鳴っていなかったりもします。




噛みくだきますと、鳴らしている音よりずっと高い音、鳴らしている音の


何倍の周波数を持った高い音が、混ざり合いながら同時に鳴っていることもあります。


※最も強く鳴っている元音・・・基音

※かすかに鳴っている基音外の音・・・倍音

※全くちがう、無関係な音・・・雑音



昨日は、林部さんのゆらぎの声を書いてみました。ゆらぎ=アルファー波=癒しボイスとた


たぐいのものです。


ここで、この人の耳には、『心地よさ』、その倍音の多く含まれている声を好むと言われ、


高い倍音が適度に含まれた声を聴くと、人は心地よさを感じるているようです。


豊かな共鳴は、その倍音を伴いますので、正確な発声をお勧めいたします。


その倍音量を増やすには、『体内共鳴』を増やすことが重要なんです。


共鳴を司る部分は「胸」「喉」「鼻腔」の3箇所ですが・・・。


ホントは「胸」や「鼻腔」に響くのではありません。喉の上部の響きを『鼻に響く』と感じ、


喉の下部の響きを『胸に響く』と感じるのが正確でしょうか?


☆声を胸に・鼻に・頭に・背中に・・・・イメージしながら響かせましょう~

☆発声は、風船のようにふくらみ・大きく・だんだん遠くに飛んでいくとイメージ


しましょう。


『単に口から口先のみから出る歌声』・・・ふだん何もしないおしゃべりの声と同じ歌声

これは、倍音も共鳴もない『口先の九官鳥』と同じでしょう。

平坦で、ふくらみのない、物足りない歌声に聴こえるものでしょう。


一方『体内に響きわたる歌声』は全くの別物!!・・・響く部分に伝わり心地よい

声に聴こえるでしょう。



いつも恩師は、『シャリとか鳴りとか』練習生のころに教えてくれました。


hqdefault_20161221111730b43.jpg

スマホ鍵盤アプリ



ピアノ鍵盤では、ひとつひとつはの音が鳴っています。しかし、わたしたちの声は

いくつもの音が、混ざりあって鳴っているものです。


微妙な音がいっぱいいっぱい、周りについています。声も微妙に揺れながらも。


それらの集合した声が『いい声』に聴こえるのです。




僕のことポチの応援してくださいね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
~人気ランキング参加中~
関連記事
自己紹介

健

Author:健
はじめまして、ボイストレーナーの新谷健です。今までに、わたしがやってきた失敗談・カラオケボックスの有効練習・日々のボイトレの学びもためらわず、出しまくりますよ。お楽しみに^^^ 

ブログ村ランキング
1週間の最新ブログ
相互リンク
今月カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別更新