FC2ブログ

胸を開き~喉を開き~響きを開く~(^o^)~♪

こんにちは、ボイスカウンセラーの新谷です。


胸を開くということは共鳴する空間を広げるということ。

喉を開くことと同じような意味合いです。



さらに胸を開くことで姿勢を改善し、息の通りを良くし顔周辺の共鳴を

さらに増幅することが出来ます。



胸周辺の筋肉を緩め、少し胸を張った状態を作るとにより

歌う時の正しい姿勢を作ることが出来る。



☆胸の開き方について・・・実践してみましょう。


肩が上がらないように、イメージしながら腹に息を吸いましょう。

みぞおちを膨らませるイメージしましょう。


この時に、肩に手を置いて肩が上がっていないか良く確認してみてください。(鏡の前で)

息を吸ったら、更にもう一度息を吸います。胸が広がる感覚を感じてください。


この胸がパンパンになっている状態が胸が開いている状態です。(はと胸)

この状態だと胸が少し前に引っ張られ自然と背骨が伸びいます。


この姿勢から顎を少し引き首を少し後ろに引いた状態が歌の姿勢になります。



※腹式呼吸を意識しすぎている人はお腹に力を入れると胸にも力が入り過ぎて

しまっていることが多いものです。




僕のことポチの応援してくださいね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
~人気ランキング参加中~
関連記事

声の『入り』から呼吸を思い通りにコントロールできますか??


こんにちは、ボイスカウンセラーの新谷です。


※発声のために必要な呼吸とは・・・?


声は、肺から吐き出される息が声帯を振動させることによって生じますので、

呼吸は言うと『声の素』となります。



それでは、『良い発声『「思いどおりな発声』のためにはどのような呼吸が

必要となるのでしょうか?



それは『思い通りにコントロールできる呼吸』が不可欠となります。

『出したい声』を出すには、その呼吸をコントロールしなければならないのです。



声の『入り』から『終わり』まで、呼吸を思いどおりにコントロールできるまで、

適度な強さや圧力の呼気を出していく必要があります。



そして、安定していればいいと言うわけではありません。呼気を掛けられる

柔軟さ・瞬発力もないと大きな声を出したり声を正確に出すことができません。



『肺活量』や『腹筋の強さ』にも、発声や呼吸についての話になると出ますが、、

これは『必須』というものではないのです。

というのは、声帯で受けられる『息の量や強さ』には限りがあるのです。



声の『出始め』から『終わり』までの流れの間、量や強さにも関わるでしょうし、声帯の

耐久性も関わるでしょうし、呼吸と声が流れる路や空間(共鳴腔)も重要なものです。



20100522_1603640.jpg

雲は軽く、流れ、高く、ゆったり、早く、黒く、白く・・・さまざまに。



今回は、【声の『入り』から呼吸を思い通りににコントロールできますか??】

をテーマとしてみました。


最後まで、お読みいただき感謝いたします。

今回は、ここまで・・・ありがとう。ホントに\(^o^)/



僕のことポチの応援してくださいね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
~人気ランキング参加中~

関連記事
自己紹介

健

Author:健
はじめまして、ボイストレーナーの新谷健です。今までに、わたしがやってきた失敗談・カラオケボックスの有効練習・日々のボイトレの学びもためらわず、出しまくりますよ。お楽しみに^^^ 

ブログ村ランキング
1週間の最新ブログ
相互リンク
今月カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別更新