FC2ブログ

力を抜いた方がいい!!→声が響くようになるから!!

こんにちは、ボイスカウンセラーの新谷です。


『力を抜いた方がいい!!→声が響くようになるから!!』と答えを書いてしまいました。

ここんところを、詳しく見ていきましょう。


『声量が足りない。大きな声は出るが、長く続かない。』

こういうケースは脱力できずに、力任せに声を出しているのでしょうね。

というのは、身体に余分な力が入っていると、声は出なくなってしまうのです。


声というのは『呼気(吐く息)』を使って出すですが、これは『呼吸筋』の動きで行われる。

呼吸筋とは、横隔膜や外肋間筋などの筋肉が、緊張したり緩んだりすることで、

呼吸がくり返し行われるのです。



しかし、『呼吸筋』というは、息を吐くための筋肉ではなく、息を吸うための筋肉で、

声を出すための筋肉ではないのです。


それじゃ、どうやって声が出るのかというと、空気を吸ったあと、

呼吸筋が緩むときに声がついて出るわけなのです。


男性は主に腹式呼吸。女性は主に胸式呼吸といわれ、安静時はこの二つの

呼吸法を併用して呼吸をしているのです。



それで、走ったあとに『ハア~ハア~』と肩を動かし呼吸するのは、

首の筋肉が呼吸の補助のために働くからです。



585f5ae9-s.jpg

力を抜きすぎじゃないかな?立てないくらい・・・^^^


【まとめ】


声を出す以外の呼吸というのは全て、呼吸筋を使って息を吸い込むわけで、

息を吐くときは筋肉が緩むのが普通なんです。

筋肉の緩みを持たせるために、柔軟やストレッチで柔らかく、ほぐし、筋肉を

固くしない、固い筋肉を柔らかくすることが必ず声の鳴りも良くなるのです。




僕にポチの応援してね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
~ボーカルランキング~




関連記事
自己紹介

健

Author:健
はじめまして、ボイストレーナーの新谷健です。今までに、わたしがやってきた失敗談・カラオケボックスの有効練習・日々のボイトレの学びもためらわず、出しまくりますよ。お楽しみに^^^ 

ブログ村ランキング
1週間の最新ブログ
相互リンク
今月カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
月別更新