FC2ブログ

【タイミング】”ブレスタイミング”が流れるようにできること!!これがうまさのコツ!!

こんにちは、カウンセラーの新谷です。よろしく~♪\(^o^)/♪~



thumb5_2017042416324026d.jpg



歌っているときには、感情・表現・歌詞・リズム・音程など

気を配りながらやるべきことが、たくさんあって『歌のタイミング』と

いうものは、自分では案外と気づきものだと思います。



『わたしが、良かったよ!!』『タイミングが早かったね!!』

と指摘すると、ほとんどの人が『そうですか?』自分ではわからない

『合っていると思ってましたけど・・・』とやり取りが多いものです。



それは、どうしてでしょうか?


タイミングというのは、指摘されて初めて意識するようになると

ケースが多いのです。



ベースになる音(ドラム・リズム音)を聴きながらタイミングを

取るようにしましょう。


腰や足、とくに下半身に中心を置いて、頭や腕や手では、

なるべく控えましょうね。



これは、急にできるものではなく、最初は結構むずかしいと思います。



それでは、どうすればタイミングが良くなるのでしょうか?


①曲中のリズムに合わせてブレス・息継ぎをする。

②音符の正しい長さに合わせて歌うこと。



③少し長め伸ばして歌ったり、短めに切れて歌ったりに意識する。

④ブレスポイントにくわえ長さや時間を考えましょう。


今日も、お役に立てましたら幸いです~♪
いつものように応援ポチください
ブログランキング・にほんブログ村へ
ありがとうございます。ボーカル部門1位
関連記事

【響き】声の響きを押さえ、つぶさない方法!!

こんにちは、カウンセラーの新谷です。よろしく♪~\(^o^)/~♪



b.jpg



響きを押さえてしまはないためには、『声のタメ』のポジションを深く

しようとか、入れた息を身体からムリに出そうとしてしまう。



その結果から声を押しつぶしてしまいがちです。

しかし、声をキープすることと、力で押さえてしまうことは別物です。



声が、上ずることを指摘すると急に固くぎこちない身体から声を

押し下げようとすることが多く見られますが、これは良くありません。



喉だけで深く、厚く、強く・・・これは、ムリな話です。

押さえた分は、つぶれて響きが殺されてしまいます。



喉を使わない練習が、練習では上からの力を抜きましょう。

脱力やリラックスが、まず一番、押し下げない、喉声にしてしまわない

このことを念頭に置いて、深く腰で支えるよう実践してみてください。



これが、簡単にはできない『悪いクセ』だから・・・!!



今日も、お役に立てましたら幸いです~♪
いつものように応援ポチください
ブログランキング・にほんブログ村へ
ありがとうございます。ボーカル部門1位
関連記事

ブレスも、やり方で立派な声でしょ!!

こんにちはカウンセラーの新谷です。(^o^)よろしくです♪



1605161top_20160718204648daa.jpg


歌っていると、どうしても息継ぎのときに声が止まってしまうことが多いもの。

しかし、ブレス事態も立派な声のひとつなのです。



息を吸う『スー』という音、吐く『ハー』という音、

こういった呼吸音を歌にいれると、より歌に広がりが出てくる。


例えば、プロでは、声の最後に『ハー』という息を吐く音を効かせます。

雰囲気がありハスキーな感じがあり、

非常に難しいテクニックを使っているように感じる。



でも、なにも難しいことはないのです。

歌の中に息を入れるには、『声を出す前に息を吸う。息を吐き声を出す』

『声を出した後に息だけ吐く』の3つのやりかたがあります。



そのコツさえ,わかっていればあとは実践あるのみです。


最後に自分の呼吸を確認する方法をひとつ。

ティッシュを一枚取り出し、声を出すときに、顔の前にかざしてみて、

動きを確かめてみましょう~。





呼吸をしているときにはティッシュが揺れ、声を出しているとき

ティッシュが揺れる、自分の息と声のバランスがよくわかります。

今日もガンバっていきましょう\(^o^)/♪



今日も、お役に立てましたら幸いです~♪
いつものように応援ポチください
ブログランキング・にほんブログ村へ
ありがとうございます。ボーカル部門1位
関連記事

【表現】表現力は、声そのものだけで伝わる!!感情抜き!!


こんにちは、カウンセラーの新谷です。



HQZMCSKG.jpg



表現とは・・・声、一音でも伝わるものでもあると忘れないでください。


『感情を入れて』『気持ち=心をこめて・・・』と教える指導者が

非常に」多い現状が残念でなりません。



トランペットをやっていたころ、感情という言葉を知りませんでした。

でしょう?



『ピー』『プー』となる音にどうしましょう!

メロも言葉もなく、感情がつたわるものでしょうか?



トレーニングの基礎において、純粋な一音で聴き手は『おや?いいな!』

が、感じるものです。



言葉やセリフは作られた表現と観られてしまいます。

事実『大きく、小さく、悲しく、嬉しく・・・など』見える姿、

聴こえる声の表れを感じるだけです。




身体は、楽器、声は、音だということです。

楽器を使った表現が一音の声を伝えるのです。



(^o^)顔やセリフや小手先でごまかさないようにしましょう。

声そのものだけで伝える表現もあるのです。



今日も、お役に立てましたら幸いです~♪
いつものように応援ポチください
ブログランキング・にほんブログ村へ
ありがとうございます。ボーカル部門1位
関連記事

【ととのえる】自然と身につかない!!ととのえること!!

こんにちは、カウンセラーの新谷です。よろしく\(^o^)/



img_0_20170422092849396.jpg

自然の世界♪


発声で1オクターブ半出ると、1オクターブ半出て、


使えると思われていませんか?


しかし、先の言葉は声は発声が単に届いているだけのことなのです。


これが、カラオケであれば『出てるやん!OKそうですが・・・。



ほんとは、一音一音の安定や精度が必要なのですが・・・。



先ずは、1オクターブをきちんとできるできるようにしましょう。



そこを、カン違いせずに押さえて練習に専念していきましょう。



それが、安定することによって、オク半または、1オクのプラスが


かなっていくことになります。




歌は声だけでは成り立ちません、カバーできることも事実です。


声で何をつくり出すのかが大切ですから、しっかりと、完全に


使える声をめざしてがんばりましょう。



今日も、お役に立てましたら幸いです~応援♪
いつものようにポチください
ブログランキング・にほんブログ村へ
ありがとうございます。ボーカル部門1位
関連記事

【アマチュアの間違い!!】コンサートホール歌唱法!!

カウンセラーの新谷です。(^o^)こんにちは~♪




まず、大きなホールやPA『大きな音響設備』の中で


歌っただけでも相当なもの。


1000や2000人のホールとなると『上手い』とか『歌唱力』という


以前の話しがあるものです。


shisetsu-page-image-1.jpg


もしあなたが、カラオケボックスでしか歌わない人では、

わからないでしょうが・・・。



大きなホールってだけで相当に、きつい歌になるんですね。


空間が、ある種の魔物なんですね。



プロともなれば『喉』よりも『耳』が大事だよ、


というのはよく言われること。



歌うホールが違うだけで聴こえる声って全く違うものです。



そうとうな場数を踏んでる人でも、調整が上手くいかないと音程が


こわれることすらあるくらい、それくらい大きなホールは怖いものです。



会場に慣れたPAが自分についてるプロ歌手なら別だけど、素人さんなら、


『未体験な空間』で、そこで実力を出せるってだけでマジすごいと思う。



その感覚で、場慣れの無さが目立ち、慣れさえすればそれだけで伸びる。


わたしたちアマほど『声量』があるとか、ないとかで『歌唱力』を語りがち、


そうかな?って。それは、的外れだからと受止めといた方がいいですね。



安定して入るだけの声量があれば、それ以上の声なんて必要ないと思う。


マイクは、『声量』はPAさんの方が作るものなので、


『声量ない』と思ったら、70%は音響の問題、30%は声質の問題。



経験からあなたの声量にはあまり関係ないですね。


large-hall.jpg



あと、アマでは大ホールで歌うときに気をつけなきゃならないのが、


「抑揚」「メリハリ」。


メリハリは、つければ、つけるほど歌唱力がある。と思われがちですが、


ONマイクでは、”ソレまちがい”で、ある程度の差で収めないと、


大きすぎる音は割れるし小さすぎる音は鳴らないんですんね。



参考に、実践してみてくださいね。では、また、明日~(^-^)/



今日も、お役に立てましたら幸いです~応援♪
いつものようにポチください
ブログランキング・にほんブログ村へ
ありがとうございます。ボーカル部門1位
関連記事

【知る】ありのままの声を知る方法!!

こんにちは、カウンセラーの新谷です。よろしくです。\(^o^)/



artworks-000013023500-1o3i2f-crop.jpg




音程を邪魔するものは、『エコー』『大きなマイク音量』『モニタースピーカー』


プロのボーカルはイヤーモニターを使うことが多くなります。



それは、何を意味するのでしょう?



①『エコーやリバーブ』は、声のポジションを浅く深くもします。



②『大きなマイク音量』は、声のバランスに影響をきたします。



③『モニタースピーカー』は、間接的な聴こえに時差を与えると思います。




結論的には・・・ありのままの声を見つける。



①エコーは、かけても微量にします。素の声が聴こえます。



②音量は、自分の声の大きさや強さの判断がみられます。



③モニターは、プロが使うイヤモニが最適でしょう。



参考に、実践してみてください。今日は、ワンポイントですみませんね。



今日も、お役に立てましたら幸いです~応援♪
いつものようにポチください
ブログランキング・にほんブログ村へ
ありがとうございます。ボーカル部門1位

関連記事

【できない点】息は吐き切ってから・・・って!!

こんにちは、カウンセラーの新谷です。よろしく\(^o^)/



relax_boy.png




自然に、楽に、ブレスをするポイントとして意識するのが、


息は『吐いてから吸う』というとこなのです。



息をするときに、息を吸ってから吐こうとする人がいますが、


これは大きく違いますね。



肺に息がわずかでも残っていると、上手く吸うことが出来ませんから。


歌ってるときは、息継ぎポイントまでは、


必ず息は吐き切ることを意識してください。



特に、大きな声を出すとこでは、吐き切ってないと、


しっかりと吸うことができません。



息を吐ききると、自然に肺に膨らみ呼吸筋が支援し、


空気がスーッと入ってくるという、サイクルになるのです。


残念ながら、深い息が案外とほとんどができてないんです。




注意点・・・



これを、歌うときには一曲中は、ず~っと行うことなのです。


今までは、息を吐ききっていないときに吸おうとしていた人が、


息を吐ききってから吸うようにして歌うようになったら、


途端に歌いやすくなることもあります。





はじめは、戸惑うでしょうが、息だけで先ずはやりましょう。


いろいろと、自分なりの息、息継ぎを実践してください。



今日も、お役に立てましたら幸いです~応援♪
いつものようにポチください
ブログランキング・にほんブログ村へ
ありがとうございます。ボーカル部門1位

関連記事
自己紹介

健

Author:健
はじめまして、ボイストレーナーの新谷健です。今までに、わたしがやってきた失敗談・カラオケボックスの有効練習・日々のボイトレの学びもためらわず、出しまくりますよ。お楽しみに^^^ 

ブログ村ランキング
1週間の最新ブログ
相互リンク
今月カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別更新