FC2ブログ

【タイミング】”ブレスタイミング”が流れるようにできること!!これがうまさのコツ!!

こんにちは、カウンセラーの新谷です。よろしく~♪\(^o^)/♪~



thumb5_2017042416324026d.jpg



歌っているときには、感情・表現・歌詞・リズム・音程など

気を配りながらやるべきことが、たくさんあって『歌のタイミング』と

いうものは、自分では案外と気づきものだと思います。



『わたしが、良かったよ!!』『タイミングが早かったね!!』

と指摘すると、ほとんどの人が『そうですか?』自分ではわからない

『合っていると思ってましたけど・・・』とやり取りが多いものです。



それは、どうしてでしょうか?


タイミングというのは、指摘されて初めて意識するようになると

ケースが多いのです。



ベースになる音(ドラム・リズム音)を聴きながらタイミングを

取るようにしましょう。


腰や足、とくに下半身に中心を置いて、頭や腕や手では、

なるべく控えましょうね。



これは、急にできるものではなく、最初は結構むずかしいと思います。



それでは、どうすればタイミングが良くなるのでしょうか?


①曲中のリズムに合わせてブレス・息継ぎをする。

②音符の正しい長さに合わせて歌うこと。



③少し長め伸ばして歌ったり、短めに切れて歌ったりに意識する。

④ブレスポイントにくわえ長さや時間を考えましょう。


今日も、お役に立てましたら幸いです~♪
いつものように応援ポチください
ブログランキング・にほんブログ村へ
ありがとうございます。ボーカル部門1位
関連記事

【響き】声の響きを押さえ、つぶさない方法!!

こんにちは、カウンセラーの新谷です。よろしく♪~\(^o^)/~♪



b.jpg



響きを押さえてしまはないためには、『声のタメ』のポジションを深く

しようとか、入れた息を身体からムリに出そうとしてしまう。



その結果から声を押しつぶしてしまいがちです。

しかし、声をキープすることと、力で押さえてしまうことは別物です。



声が、上ずることを指摘すると急に固くぎこちない身体から声を

押し下げようとすることが多く見られますが、これは良くありません。



喉だけで深く、厚く、強く・・・これは、ムリな話です。

押さえた分は、つぶれて響きが殺されてしまいます。



喉を使わない練習が、練習では上からの力を抜きましょう。

脱力やリラックスが、まず一番、押し下げない、喉声にしてしまわない

このことを念頭に置いて、深く腰で支えるよう実践してみてください。



これが、簡単にはできない『悪いクセ』だから・・・!!



今日も、お役に立てましたら幸いです~♪
いつものように応援ポチください
ブログランキング・にほんブログ村へ
ありがとうございます。ボーカル部門1位
関連記事
自己紹介

健

Author:健
はじめまして、ボイストレーナーの新谷健です。今までに、わたしがやってきた失敗談・カラオケボックスの有効練習・日々のボイトレの学びもためらわず、出しまくりますよ。お楽しみに^^^ 

ブログ村ランキング
1週間の最新ブログ
相互リンク
今月カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別更新