FC2ブログ

【なぜ?】自分の耳は他人の耳と声が違うよ!!

こんにちは、カウンセラーの新谷です。よろしく~\(^o^)/~



歌の上手い人に共通してるのは、『自分耳』と『他人耳』を持つこと。



・自分の声の聴き方の観点から考えてみましょう。


録音機により音質が違うから、その意味で録音をすると声は変ります。


かりに、忠実に出来るとしても、聴きなれた自分声と誤差があります。


それは、良い方にというより、悪い方に出ますね。



○ 自分耳では。



骨伝導などで直接耳に伝わる音と、一旦空気中に音波が出て、


それが反射して聴こえる音のミックスです。


響きが良く聴こえるので、たいていは良い方に聞こえます。




yjimage_201701061415417fa.jpg




○他人耳。



一旦、空気中に伝わる音だけですから、響きを充分に伝えるには


発声の工夫が必要となるのです。


他人はそれを普通と思っているので、別に悪く聞こえませんが、


自分で聴いている声よりはたいてい落ちます。




鏡の前での自分の顔・・・いやな点の方が目立ちますね。


それに似てると思います。



逆に、他人の録音を聴いても、かなりそっくりに聞こえます。


その意味では、録音による違いより、


客観的に聴くことの違いの方が大きい。



ところが、ある程度自分の声を録音して聴くことに慣れた人や


訓練を積んだ人には、自分の声を客観的に聴けるようになり、


どうしたら、『他人には良く聴こえるようになるか』


と言ったことさえ段々とわかってきます。


また、録音機を通さずに自分の声を聴いても、それが他人にどのように


聴こえるかとイメージができるようになります。



だから、それが普段の練習には録音しましょうというワケです。


舞台の本番でも録音してもらいましょう。


また、違った感じに聴こえますよ。



【なぜ?】自分の耳は他人の耳と声が違うよ!!について


書いてきました。最後まで、ご覧いただき感謝します。


冷静に働くよう自分耳と他人耳をしっかり活躍させましょう。




いつものように応援ポチください
ブログランキング・にほんブログ村へ
ありがとうございます。ボーカル部門1位
関連記事

横隔膜がカギとなる!!発声の根本!!

こんにちは、カウンセラーの新谷です。よろしく~\(^o^)/~



o0300026412337004276_201705241101357d8.png



カギとなる横隔膜ですが、腹腔と胸腔との間にある大切な膜?


じつは膜ではない、筋肉です。形はドーム状であります。


実物は見れませんが、ハラミ肉に見えるようなものらしいのです。




その、横隔膜ストレッチ法をご紹介しましょう。


1)床に正座をして座る。


2)2回ほど軽く腹式呼吸をして息を吸いこむ。


3)体を前にうずくまりながら倒していく。


4)背筋をしっかり伸ばして体を起こして戻す。その時、


お腹は、凹んだ状態にしておく。




これが、横隔膜ストレッチ法となります。お試しくださいね。




次に、横隔膜を鍛える方法をご紹介します。


・ひざを曲げて仰向けに寝る。


・両手を下腹部に置いておく。


・息を鼻から吸っていく。


・下腹部がだんだんと横に広がる感じ、できるだけ膨らむように。


・その状態で5~10秒くらいキープしておく。


・時間をかけ、リラックスできるように、口から息をすべて吐きだす。



これを、1セット10~20回をくり返しましょう。


この、ストレッチと鍛える呼吸法が歌うときに役立つお腹の支えを


必ずつくりますので、日々、お試しください。



いつものように応援ポチください
ブログランキング・にほんブログ村へ
ありがとうございます。ボーカル部門1位
関連記事
自己紹介

健

Author:健
はじめまして、ボイストレーナーの新谷健です。今までに、わたしがやってきた失敗談・カラオケボックスの有効練習・日々のボイトレの学びもためらわず、出しまくりますよ。お楽しみに^^^ 

ブログ村ランキング
1週間の最新ブログ
相互リンク
今月カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別更新