FC2ブログ

会話には、強い声が必要か!?


こんにちは、カウンセラーの新谷です。よろしくお願いします。


わたしたちの、日常会話や職場ではあまり強い声をあげる


ようなことは少ないんじゃないでしょうか。



販売員や学校の先生、魚屋さん、市場に勤め勢いのある声を出す必要の


ある人であれば別ですが・・・。


日本語の特長では、適当に話し出しても、相づちを受けとってくれる傾向


があります。わたしたちには、映画のスクリーンの中でしか見られない


、激しい怒鳴り合いのような会話が諸外国では横行しています。



14061411top.jpg



大きく開いた口、盛り上がった舌は何を怒ってるのでしょう?


普通に話しているにも関わらず、暴言を吐いているような感じです。


そこでは、おのずと腹式呼吸と深い息や声が中心となっています。


わたしたちの、姿勢、発声、呼吸の課題も国民性から考えるべき


ことなのでしょうね。



少し大きな声で、強く言い切ると角の立ちかねない日本語では、常に


あいまいに語尾を促し、うやむやにしてしまいがちなものです。



この傾向は近年、日本語の習慣やスマホや短縮語によって、感覚的な


会話にさらには助長されています。



コミニュケーションをとるための言語や表現力や会話力のようなものが


どんどん失われていき、会話力が衰えていくのです。


そこには、日本語の特性、風土、環境、気質なども大きく


影響を与えていると思われます。


あらためて、ボイトレの環境では、あいまいな日常会話が


あいまいな弱い声を生み出す要因になっているもんです。


できることなら、会話で強い声や劇団の劇中のような声が


出せればさらに、上達に追い風になるのですが・・・。




いつものように応援ポチください
ブログランキング・にほんブログ村へ
ありがとうございます。ボーカル部門1位
関連記事
自己紹介

健

Author:健
はじめまして、ボイストレーナーの新谷健です。今までに、わたしがやってきた失敗談・カラオケボックスの有効練習・日々のボイトレの学びもためらわず、出しまくりますよ。お楽しみに^^^ 

ブログ村ランキング
1週間の最新ブログ
相互リンク
今月カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別更新