FC2ブログ

【声の力】高い声で歌うことができない理由!!


こんにちは、カウンセラーの新谷です。よろしくお願いします。



pronunciation1a_20170606115708e82.jpg



高い声で歌うことができないと思われる理由をいくつか


紹介しておきます。



1)神経が集中していない。


2)筋肉(筋力)が不足している。



3)歌うことに不必要な筋肉を使っている。


4)息が必要以上に漏れている。



5)喉仏(輪状甲状筋、甲状軟骨・・・)の動きが少ない。


のようなことがあげられます。



その最大の条件は、喉のまわりの声と息を出せるための状態に


なっていないということが大きいのです。



柔軟性が落ち、自由に動かなければ普段使う声より、少し大きいか


少し声域が広いかぐらいの声を発する程度になってしまうのです。


つまり、ねらい所は、外部からの鍛えることでなく、内部から鍛える


ことを行なう必要となります。



それは、スポーツ選手のように、腹筋100回、腕立て100回・・・


などとは、鍛える所がちがいます。



直接、声を出すために必要なところ、身体の部位というのは、


声帯を鍛えることなのです。



声帯は、甲状軟骨や関節の中に位置し、ヒンジ運動とスライド


運動。収縮運動を行なうことで声を発しています。



ここで、声帯の重要な働きに声帯閉鎖があります。


ベストの状態と言われるのが、


☆声帯に最小限の呼気が漏れない状態がベストです。


感覚的には、声を出していて声帯で声を止めている状態です。


・『お~』で止める。


・止めたところから、『息』だけを出して『声』は出さないように。


できたでしょうか?最初は、わかりにくいですが慣れてきます。


もうひとつ、これもお試しください。


『はっ!』とはっして次には、息だけを出すのです。


できれば、『はっ!はっ!はっ!はっ!・・・』もいかがでしょう。



これは、輪状甲状筋が使われ鍛えられてゆきます。


息もれの少ない、抜けないようにするためには



発声をすることも大切な筋トレでしょうが、それ以上に


声帯(声門)閉鎖の閉鎖筋をきたえてゆくことが、


『声は力』『力は声』として表現されてゆきます。



最後までご覧いただきありがとうございました。




いつものように応援ポチください
ブログランキング・にほんブログ村へ
ありがとうございます。ボーカル部門1位

関連記事
自己紹介

健

Author:健
はじめまして、ボイストレーナーの新谷健です。今までに、わたしがやってきた失敗談・カラオケボックスの有効練習・日々のボイトレの学びもためらわず、出しまくりますよ。お楽しみに^^^ 

ブログ村ランキング
1週間の最新ブログ
相互リンク
今月カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別更新