FC2ブログ

【応用編】リップロール効果の凄さ!!

こんにちは、カウンセラーの新谷です。よろしく~~です。



mig_201706131050262aa.jpg



今回は、リップロールの応用と練習について見ていきましょう。


リップロールを使った効果的な練習法ですが・・・。






・『喉を開く』ことが可能となる。


・呼吸筋群を強くする。


・『滑らかな空気調節』ができる。




リップロールで、音階をたどってみることができますか?


『ブルブル』はできるけど音階をたどってみる。


『お』が比較的に出しやすいでしょう。


ハッキリしなくてもOKですから・・・。


『おー』と発して止まってしまわないように、あえて発音してください。


また、『ブルブル』が途切れないないように、上手くコントロールを


しながら、滑らかにおこないます。


『お』は喉仏を下げるために喉が開きやすく効果が出るでしょう。



次に、リップロールで弱くしたり、強くしたり、強弱をつけてみましょう。


強弱をつけることは、歌の表現法では、非常に重要な手法のひとつ


だから、音の強弱による抑揚を生み出し、豊かな歌をつくりましょう。



『強弱とは、空気=呼気の排出量の調節』となります。


呼気量を滑らかに弱く、滑らかに強くしたり、上手く調節しなければ


リップロールは、止まってしまいます。そのためには、横隔膜を

使い、丹田で支え、スムーズな呼気量を調節できる練習と


なるように行って行きましょう。


~ポイント~


・力まずに。落ちついて。


・喉を柔らかく。


・表情をほぐす。ほほを柔らかく。


・滑らかに、流れるように。




いつものように応援ポチください
ブログランキング・にほんブログ村へ
ありがとうございます。ボーカル部門1位

関連記事
自己紹介

健

Author:健
はじめまして、ボイストレーナーの新谷健です。今までに、わたしがやってきた失敗談・カラオケボックスの有効練習・日々のボイトレの学びもためらわず、出しまくりますよ。お楽しみに^^^ 

ブログ村ランキング
1週間の最新ブログ
相互リンク
今月カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別更新