FC2ブログ

『歌声と話し声』では、大きなちがい!!

こんにちは、カウンセラーの新谷です。よろしく~~です。


同じように考えてしまう話し声と歌声ですが、似てるようで相当な



違いがあります。ごいっしょに見て行きましょう。



ae2dbc75-1424-46a9-98ff-d3fad0f050d7_20170615104458987.jpg


かんぱ~い~これから、大盛り上がりでしょうね^^^



声というものは、ある程度練習を重ねると、聴こえも良く、歌も上手には


なってはいくものです。もちろん、個人差は、あるとは思いますが・・・。


声もだんだんと高く出せるようにも、なって、話し声もきれいには、


なってくるでしょう。


ただし、きちんとした練習や発声の原理や理論を知ってやるのと、


何も知らずにやるのとは、ずいぶんな開きがついてくるでしょう。



『発声なんて聞いてもむずかしいから・・・』


『そんなの、わからないから・・・』


と言わずに、自分の体、自分の声をよく知って練習をすること


が上達の早道となるとお考えください。



普段使っている声=話し声と、歌うときの声は同じように出しても


ダメだとここで断言しておきますが、キツイ表現ですみませんね。



声帯にかかる空気圧がまるっきし違うのです。


普通に話をしていると、高負荷は歌声に上がります。



雑踏や店内のにぎやかなところで、『でもね…そうそう…』と


大声でしゃべって1時間で『あれ?ガサガサ気味!』って


経験ありませんか?


これは、胸で息をして、声は声帯を通過しています。特に、


ハイトーンな声、黄色の声って言うのでしょうか?


これを続けると、やられてしまいます。声帯が^^^^。



本題に戻って・・・


また、身体の共鳴腔(口腔・喉頭・鼻腔)の空間ゾーンへの


伝わり方もずいぶんと違うのです。


話し声は、胸や口腔の浅い部分の響きしかありません。



このことからも、歌うときの声、とくに高い声になるほど、


上に上に、後に後ろに、意識をしてください。



『前に飛ばせ』


『頭から出せ』




これらの、表現はホントはまちがいだったのです。


正しくは、背中から、首の後ろを通過して、後頭部から、頭頂部


に広がるように練習していきましょう。


これだと、固いところ、芯のあるところだから、力みは少なくなる


はずです・・・。生まれつきだから・・・とあきらめないでチャレンジ!!


そうです・・・タイトルの答えは、キャキャのおしゃべり声は、高負荷。


正しく、呼吸、声帯、空気圧などが、整えば歌声の方が楽になるはず。




いつものように応援ポチください
ブログランキング・にほんブログ村へ
ありがとうございます。ボーカル部門1位

関連記事
自己紹介

健

Author:健
はじめまして、ボイストレーナーの新谷健です。今までに、わたしがやってきた失敗談・カラオケボックスの有効練習・日々のボイトレの学びもためらわず、出しまくりますよ。お楽しみに^^^ 

ブログ村ランキング
1週間の最新ブログ
相互リンク
今月カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別更新