FC2ブログ

100人100色!!『呼吸の仕方』みんな違う!!

aoki20140510.jpg



まず、はじめに、今回の作成中に家の猫ちゃん


『セシル^^9か月の子』がパソコンキーボード上


を何回も通過しました。『しまった…』と思い見ると


PC版とスマホ版が縮小文字になりました。


試行錯誤いたしましたが、うまくできませんでした。


ここに、お詫び申し上げます。^^^^残念無念^^^^





今日もご訪問いただきありがとうございます。


こんにちは、カウンセラーの新谷です。よろしく~



前回は、『猫背』についてUP(投稿)してみました。いかがでしたか?



今回は、何度もUPしていますが、呼吸=息についてご覧ください。



『息の仕方のクセ』についてですが・・・。



またかよ・・・息や呼吸ばかりをUPしてと思われるでしょうが、



人は生まれて、『おぎゃ~っ』と何も考えずに、泣きますね。



これは、『おぎゃ~』=泣く=産声=人生初の声=息をするのです。



生死をかけた、息であり声なのです。



大人になって息の仕方も100人100色=みんなが違うのです。



生まれつきか?習慣か?クセか?は確定できませんが・・・。



◆息の量が少ない人。


◆息の量が多い人。



◆途中で切れてしまう人。


◆姿勢がくずれて息が辛くなる人。



◆息のバランスが悪く、不安定な人。



◆いろいろとさまざまで複雑なのです。



今回のご紹介は、『息の量が多い人』の生徒さんです。


息が多いなら問題がないと、思われるでしょうが、


『大きな声を出そうとするあまり・・・』たくさんの息を吸い、


吐いていくタイプの人。



もちろん、少ないと声が小さくなって、こもってしまいます。


だからといって、吸い過ぎると声が出し辛くなり、その後の


動作が遅れてできなくなります。リズムが遅れ、音程のノリが


後に押されていきます。遅れてしまうのです。



その結果、焦ってしまい、タイミングが合わず、ムリに合わそうと


急ぐために、急に吐いたりして、余計な力が掛かってしまうのです。



たくさん吸おうと肩に力が入り、肩の緊張感がのどに連鎖して、


それによって、声帯を閉めてしまうことにもなりかねないのです。



ガンバリ過ぎる息もほどほどにしましょう・・・!!



解消法=このタイプの場合、吸いすぎないように、


息を溜める練習を行います。


また、出し過ぎない練習も合わせて行うのです。




また、姿勢がくずれて息が辛くなる人。



別のレッスン生は、始めると『よっしゃ~』と表情も肩も姿勢も


前傾してしまうのです。息を忘れるくらいに


『ちょっと、止めて・・・』


『力が入り過ぎよ~』



『肩トントン・・・笑って・・・首・・・背中・・・楽にね!』



『じゃ~話し声から、始めてみましょう~』



それを聴いて、やった~と思ったのです。


また、止めて、


『一番の声は、どうでしたか?』


『あまり、わからないので・・・出てないから・・・』



一生懸命に、歌おうとするから、聴こえないようでした。



『その声で、その感じでいいのですよ』と言って励ましています。



歌うと思うから、前に、画面に、譜面に前のめりになるのですね。



歌の場合は、大きさもあるでしょうが、距離間に意識を置いて


ください。


1対1人

1対10人

1対100人

1対1000人


となっても、伝わるところ、伝えるものは1人対1人です。




いつものように応援ポチください
ブログランキング・にほんブログ村へ

この下のお祭りうちわにもポチOKで~す。


ボーカルランキング1位大感謝
関連記事

あなたはボイトレより『猫背』が原因、解消しなさい!!


Fotolia_73551210_Subscription_Monthly_M-1024x6471.jpg




いつもご覧いただきありがとうございます。



こんにちは、ボイスカウンセラーの新谷です。よろしく~~です。



いきなりのタイトルに『ピシット』書き出し、自分でもキツイかなと^^^



歌うことには『声・身体・心』がつながっているのです。



基礎は、身体であり、その基礎は、姿勢です。



その姿勢の基礎は、猫背にならないこと=まっすぐな姿勢です。



発声は、身体で声を鳴らすこと=楽器と思ってください。



楽器の形状がこわれたり、曲がっていればダメですね。



楽器のボディー=形状=人では、身体=姿勢となります。





身体や姿勢といっても筋トレや走り込みはやりませんよ。



変えるべきは、普段の姿勢から、歌うときの姿勢を変えることです。



普段なにげなく、曲がる背中、まっすぐになる首(ストレートネック)



を正していきましょう。




何もしていないときでも、筋肉は適度に緊張と緩んだりしています。



『輪ゴムが伸びたり縮んだりするよう』に、と考えてください。



普段の姿勢のクセが、歌っているときに、100%でますね。



といってるわたしもなりますからね・・・。油断大敵です。




×『猫背』→◎『鳩胸(はとむね)』





猫背は、どうして悪いのでしょうか?



・腹筋や背筋が使えない。



・息が続かない。



・アゴがつり上がってしまう。




猫背矯正運動をお試しください。



普段と歌う前には、3分くらいの時間。



肋骨(ろっこつ)が下がらない。調整ができると思います。



①両肩を『ギュ~』っと引き上げる。



②肋骨(ろっこつ)もついて上がっている。



③・・・②を手で確認する。



④そのまま、肩だけをストンと落とす。



⑤両手は、元の位置まで落ちないこと。



※ポイントは、肋骨を上げて、落ちない、落とさない練習。



これを、繰り返すと、猫背が鳩胸に変わるはずだから。ガンバ!!





いつものように応援ポチください
ブログランキング・にほんブログ村へ

この下のお祭りうちわにもポチOKで~す。


ボーカルランキング1位大感謝
関連記事

感動もの~『動物鳴きまね』江戸家猫八師匠

51918215_624.jpg

子供の頃、にわとりが田舎の家にいたよ・・・。



今日もご覧いただきありがとうございます。



こんにちは、ボイスカウンセラーの新谷です。よろしく~~です。



大きな蝉の合唱で起こされました。蝉は、梅雨明けと寿命が



がわかるのでしょうか?時期が来れば鳴き出し、時期が来れば



鳴きやんでいく。懸命に毎日鳴きまくる。プロだ!大したもんだ!



蝉のことは、よく知らないけど、何種類かの声がする。



『ものまね上手は歌上手』と言われる。たんに、器用だから



では、解決できないけど・・・芸人のすごさを魅せられる。



ものまねでも、動物となれば今は居ないようだ。



子供の頃にNHKお笑い演芸会を見てすごい、大笑いをしたものだ。



古い映像ですが、目に留まった。



わたしは、拝見して、母親が好きだった番組、猫八(ねこはち)師匠を



昔に戻って見せていただきました。



これは、練習で出来るか?わからないほどの超スーパー芸。



今日は、なつかしいものですが、名人をご覧ください。



これを、解説なんておこがましいものだ。





芸は、身を助ける、これが名人芸、体をはったお見事としか言葉が浮かばない。




ありがとう応援ポチ下さい
ブログランキング・にほんブログ村へ

下のお祭りうちわにもポチ


ボーカルランキング1位
関連記事

あなたの『ボイストレーニング』はまちがっている!?

img_38.jpg



今日もご覧いただきありがとうございます。



こんにちは、ボイスカウンセラーの新谷です。よろしく~~です。



まちがいだらけのボイストレーニング(略してボイトレ)が多いと感じます。



波のように、同じところに、行ったり来たりでホントすみませんね。



わたしも、悩みながら、正しいことを伝えているか?を考えます。



共鳴や息について、毎日のように書いてきましたが、



声帯のコントロールを教えずに、声を出す、出させるように、



教えることは正しくないのです。まちがいなのです。




クラシックやオペラのような共鳴させる発声法を日本人に



アレンジして教えていることも、いかがなものでしょう?




そもそも、言語の発音や組み立てがちがうことを知らずに



まね事をしているような気がしてなりません。



これでは、声帯を傷めてしまうことになりかねません。



わたしも、共鳴のことをよく書いていますが、正しいか?



まちがいはないか?確認のくり返しをしています。



『話すように、楽に歌えない』ものか?に突き当ります。



声が小さくなってしまっても困るでしょう、わからなくなるでしょう。



母音が大きくなるとか、子音ばかりで、日本語から離れてしまう。



また、感覚的に『頭に、鼻に、胸に』と言ってしまうことがあり、



しまった!!と思うので、クセを訂正をしますが・・・・。



知的なトレーニングを目指さないとアカンと・・・ダメですよ!!




日本語は、声帯を閉じて発音をするのです。


英語はちがいます。声帯を開いて発音します。



英語のふりがなを譜っていますが、これでは、日本語となりませんか?



『I LOVE YOU』・・・アイラブー・・・アイラアブウユウと変わります。


ホントは、ア~ラ~ブユ~・・・こんな感じです。



声帯を閉じると声と息が止まります。


声帯を開くと声と息は出て行きます。



日本語は、固く聞こえるのは、この辺のことが原因だから・・・。



軽く、少しづつ止める、出してゆくこれが肝心なのです。


練習法については、また、別の機会に投稿したいと思います。



また、発声練習ってどれくらいすればいいのでしょう。



まずは、負担をかけない程度の大きさ強さ、毎日5~10分でいいのです。



声帯には負担をかけずに、軽く、息を出して、軽く止めて、閉じた声帯



から、少しだけ声を発してください。



話す声くらいから、だんだんと”小出し”で行きましょう。



そこで、下腹の支え、おへその下(丹田)は支えてくださいね。



いつものように応援ポチください
ブログランキング・にほんブログ村へ

この下のお祭りうちわにもポチOKで~す。


ボーカルランキング1位大感謝
関連記事

一番は全てにおいて『真っすぐに伸びる』


今日もご覧いただきありがとうございます。



こんにちは、カウンセラーの新谷です。よろしく~~です。



今日も・・・35度かな?蝉が、ジャンジャンと目いっぱい鳴いてるなあ~



『わたしは、先生の教えを、守っています』



指導者とすれば、嬉しい言葉で、『ありがたいものです』



でも、先生のようにできない!!



わたしも、2~3年は、ろくろくできなかった。



レッスンでは、凹んで悔しいと思うことばかり、



先生の、ドライな声、高い響き、大きな声、マイクに無関係な声。



目の前のこの人は『なぜ違う!!・化け者?』とさえ・・・思う。




『先生、みたいに、いい声になりたいので・・・』




先生のようにいい声になりたいって言葉も嬉しいんです。



わたしが、ボイトレをしたのは、なぜでしょうか?




○じつは、大きな声が出せない人間だった。




ootaki-tree.jpg

まっすぐに、高くそびえる大木のように・・・!!




○先生の声をお聴きして『これや!!』と心が動いた。





わたしは、地声を大切にしたいと考えているのですね。



これは、生徒さんにも、自分自身にも、裏声は高くきれいに



男性でも聴こえる人はいますが、わたしの考えからすれば、




逃げているような、弱い・細い声だと思ってしまうタイプで。



それは、地声の範囲を広げる努力をするべきではないかな?



地声は、通常の声、男子が主に。裏声、頭声は女性に多い。



たしかに、発声法としては、トレーニングや響きにはすごく良いのは、



事実だと思うし、現実だと思うものがある。



まっすぐに、高くそびえる大木のように成れたらサイコ~



高いホール、デコボコ凹凸、温度、湿度・・・すべて響きの条件。



日々精進していきましょう。



『メンタル』と『身体』を相乗してくださいね



まっすぐに、上に、まっすぐに飛び散る、気持ちも体も



真っすぐが基本姿勢、基本の声、



変化球は、真っすぐが通用できるようになってからできる変化。






いつものように応援ポチください
ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

ダメ・・・!!『楽譜依存症』

yjimageXCXHVMF9.jpg




今日もご訪問いただきありがとうございます\(^o^)/


ボイスカウンセラーの新谷です。よろしく~~です。



CDや本についている楽譜って、合っているのですか?と・・・


わたしの経験、知識からの考えですが、100%ではありません。


おそらく、誤差があるとしても10~20%くらいのもんですね。



原曲楽譜は、市場に出ません。、演奏家や作曲家が写譜して、


いるのです。



じじつ、カラオケの精密採点の音程グラフですが、カラオケ


メーカーの技術者が制作しているのです。



オリジナルとは、かなりの違いがあるようです。



しかし、カラオケ愛好者に多い『楽譜』が間違っているから、



「これダメ!」と、目くじらを立てる方をお見かけしますが、



そう神経質になることはありません。



『楽譜依存症』という、人たちがいますよ。



そもそも、良くて90%だからね。と、言ってますが。



プロ歌手は、CDだ出した頃とは、ライブでは、ぐんぐん進化してます。



ようするに、最初のCDとはちがうのです。全く変わってるのです。



結果として、いっぱい違う楽譜や歌唱パターンが出来上がります。



『楽譜は、80~90%のもの』と思っていてください。




歌い込めば、歌い込むほど、その作品に愛着が現れ、



初めのころより進化していきます。



みなさんには、少しくらい楽譜と違っても『ダメよ!』と思わないでと、



何度も話しています。



それじゃ、審査のときは、『楽譜』があるから良い審査会でしょうか?



『楽譜』がないから、デタラメ審査?でしょうか」そうとも言えません。



楽譜が読めたとしても、その理解が出来ないとダメです。


わたしたち聴き手の場合は、


『どのような声だろう?』


『歌詞は伝わるか?』


『音程やリズムは?』


『フレーズ流れは?』


『選曲?』




楽譜・・・楽譜と・・・楽譜依存症これダメです!!



楽譜にあまりにも頼り過ぎないようにしましょう。



歌の、おもしろみがなくなります。



伸び伸びと歌えなくなりますね..





いつものように応援ポチください
ブログランキング・にほんブログ村へ


こちらにも、ポチOKで~す。


にほんブログ村参加してます

関連記事

『響きがない声』その原因は・・・??

今日も、ご訪問いただきありがとうございます(^o^)



gf1940238765l.jpg

蝉の大合唱おはよう~と起こしてくれるよ~^^^ミン~ミン・ジャ~ジャ~



こんにちは、ボイスカウンセラーの新谷です。よろしく~~です。




◆共鳴が少ない と思うのはどうしてですか?と聞かれます。




声の圧力が弱い のでしょうか?




また、息が弱いのかな?



どちらも当てはまりますが、



響き(共鳴)では・・・



当然ですが、口や鼻や喉も影響がありますが、



せっかく、練習がうまくできても、それを邪魔をするものがあると、



それが、響きを阻止してしまいます。



その邪魔するものは、これらです。




①舌を下げられない。


のどに必要以上の力が入ってしまうことが原因。


舌根の筋肉が固く、柔軟性がない。


舌の動きがうまくできない。


練習のために、スプーンで押さえて訓練をする人もいる。




②アゴを下げられない。


顎関節の柔軟性がなくて固い。


日常生活でも大きく開けない。


顔全体の表情筋が固くこっている。




③喉頭(のど仏付近)が上がりすぎる。


舌根が固いから、いっしょに付いて上がってしまう。


甲状軟骨や輪状甲状筋が硬化している。
(喉仏付近やアゴの下付近の筋肉の集まり)


上を向いてアゴを上げ歌う習慣が付いている。




④口腔・喉頭・鼻腔に流れない。


息と声の流れる、空気(呼気)路・・・道が細い。


共鳴(響く)ところに息と声が流れない。




⑤呼気が、弱いから・・・。


根本的に、吐き出す息が弱いから。



今、よ~くお考えくださいね。




ans-315294736.jpg




響きのいい、大きなコンサートホールは天井が非常に高いものです。



壁や天井に段差があり、凹凸があり、丸く造られている。



二階建てのお家の廊下から、二階に向かって、



『ごはんよ~降りてきて…』これ、部屋より響きがよく



ありませんか?




『吹き抜け』と言います。風も音も高く大きく抜けていくのです。




わたしたちの声も、少しデコボコがあったり、広さのちがう空間が



いくつかあります。



吐き出す息の多さや強さ、声の大きささ強さ、響くところの



広さに声が響くと思うのです。



いくら練習をやっても、響きがないと、つまらないものです。、



『吹き抜け』がいいホールは、響きがいい。



だから、わたしたちも、広く、高く響かせるのです。





いつものように応援ポチください
ブログランキング・にほんブログ村へ


こちらにも、ポチOKで~す。


にほんブログ村参加してます


関連記事

『素直』だから、心に伝わる!!

2aed725af3cee7a0931db65fb9fa0151_l.jpg

~クリアーブルーのゆらぎ~



今日もご覧いただきありがとうございます。



こんにちは、ボイスカウンセラーの新谷です。よろしく~~です。



素直になりなさい・・・


素直に声を出しなさい・・・


素直な気持ちで・・・



何なのでしょうね?




わたしも素直って良くつかいますけど。



『素直になる』



・素直な言葉を言っていいの?



・わがままと思われないかな?



・嫌われないかな?



・弱みを見せるみたいだから・・・。



・ネガティブに思われる?



素直になるためには、自分にも相手にも恐れていては、



なれないものです。



素直な言葉が心に一番響くのです。



それで、心のキャッチボールができるのです。



わたしは、自分でも歌いますし、みなさんの歌もたくさんお聴きします。



自分が歌うときは、どのように聴こえてるか?



どういう風に、伝わるのか?聴こえるのか?



非常に気になるところなんです。



他の方々のブログやネットを毎日チェックさせてもらって感じること。



わたしたちは、音楽や歌を専門的に勉強したり、経験している人たち



としての、ジャンルに投稿しています。



ある意味、お宅=専門家かもしれないけど、わたしですら



『どういう意味かな?わからへんよ!』専門用語ずらずらばかり、



人情味がないようなのが、非常に多くないですか。



技巧は大切だと思うし、メンタルも大切だと思うのです。



素直にまっすぐに練習すれば、何の世界でも伸びて行きます。



歌も同じでしょう?技巧や手法も大切でしょうが、



素直な気持ちになり、素直に声を発してください。



聴いていただくのは、『人』です。心の通う『人』。



その評価や評判はその心に付いて声から伝わるのです。



と、わたしは素直に信じております。



いつものように応援ポチください
ブログランキング・にほんブログ村へ


こちらにも、ポチOKで~す。


にほんブログ村参加してます
関連記事
自己紹介

健

Author:健
はじめまして、和歌山県在住のボイストレーナーの新谷健です。ボイストレーニングを20年近くやってきました。失敗あり、成功あり、喜びありの波乱万丈の日々でした。

家族を亡くし、エンディングを想いしらされた体験から、終活ライフ相談員を目指しました。

ボイトレや終活ライフや相談員までの私生活、是好日です。 

ブログ村ランキング
1週間の最新ブログ
相互リンク
今月カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別更新