FC2ブログ

『響きがない声』その原因は・・・??

今日も、ご訪問いただきありがとうございます(^o^)



gf1940238765l.jpg

蝉の大合唱おはよう~と起こしてくれるよ~^^^ミン~ミン・ジャ~ジャ~



こんにちは、ボイスカウンセラーの新谷です。よろしく~~です。




◆共鳴が少ない と思うのはどうしてですか?と聞かれます。




声の圧力が弱い のでしょうか?




また、息が弱いのかな?



どちらも当てはまりますが、



響き(共鳴)では・・・



当然ですが、口や鼻や喉も影響がありますが、



せっかく、練習がうまくできても、それを邪魔をするものがあると、



それが、響きを阻止してしまいます。



その邪魔するものは、これらです。




①舌を下げられない。


のどに必要以上の力が入ってしまうことが原因。


舌根の筋肉が固く、柔軟性がない。


舌の動きがうまくできない。


練習のために、スプーンで押さえて訓練をする人もいる。




②アゴを下げられない。


顎関節の柔軟性がなくて固い。


日常生活でも大きく開けない。


顔全体の表情筋が固くこっている。




③喉頭(のど仏付近)が上がりすぎる。


舌根が固いから、いっしょに付いて上がってしまう。


甲状軟骨や輪状甲状筋が硬化している。
(喉仏付近やアゴの下付近の筋肉の集まり)


上を向いてアゴを上げ歌う習慣が付いている。




④口腔・喉頭・鼻腔に流れない。


息と声の流れる、空気(呼気)路・・・道が細い。


共鳴(響く)ところに息と声が流れない。




⑤呼気が、弱いから・・・。


根本的に、吐き出す息が弱いから。



今、よ~くお考えくださいね。




ans-315294736.jpg




響きのいい、大きなコンサートホールは天井が非常に高いものです。



壁や天井に段差があり、凹凸があり、丸く造られている。



二階建てのお家の廊下から、二階に向かって、



『ごはんよ~降りてきて…』これ、部屋より響きがよく



ありませんか?




『吹き抜け』と言います。風も音も高く大きく抜けていくのです。




わたしたちの声も、少しデコボコがあったり、広さのちがう空間が



いくつかあります。



吐き出す息の多さや強さ、声の大きささ強さ、響くところの



広さに声が響くと思うのです。



いくら練習をやっても、響きがないと、つまらないものです。、



『吹き抜け』がいいホールは、響きがいい。



だから、わたしたちも、広く、高く響かせるのです。





いつものように応援ポチください
ブログランキング・にほんブログ村へ


こちらにも、ポチOKで~す。


にほんブログ村参加してます


関連記事
自己紹介

健

Author:健
はじめまして、和歌山県在住のボイストレーナーの新谷健です。ボイストレーニングを20年近くやってきました。失敗あり、成功あり、喜びありの波乱万丈の日々でした。

家族を亡くし、エンディングを想いしらされた体験から、終活ライフ相談員を目指しました。

ボイトレや終活ライフや相談員までの私生活、是好日です。 

ブログ村ランキング
1週間の最新ブログ
相互リンク
今月カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別更新