FC2ブログ

100人100色!!『呼吸の仕方』みんな違う!!

aoki20140510.jpg



まず、はじめに、今回の作成中に家の猫ちゃん


『セシル^^9か月の子』がパソコンキーボード上


を何回も通過しました。『しまった…』と思い見ると


PC版とスマホ版が縮小文字になりました。


試行錯誤いたしましたが、うまくできませんでした。


ここに、お詫び申し上げます。^^^^残念無念^^^^





今日もご訪問いただきありがとうございます。


こんにちは、カウンセラーの新谷です。よろしく~



前回は、『猫背』についてUP(投稿)してみました。いかがでしたか?



今回は、何度もUPしていますが、呼吸=息についてご覧ください。



『息の仕方のクセ』についてですが・・・。



またかよ・・・息や呼吸ばかりをUPしてと思われるでしょうが、



人は生まれて、『おぎゃ~っ』と何も考えずに、泣きますね。



これは、『おぎゃ~』=泣く=産声=人生初の声=息をするのです。



生死をかけた、息であり声なのです。



大人になって息の仕方も100人100色=みんなが違うのです。



生まれつきか?習慣か?クセか?は確定できませんが・・・。



◆息の量が少ない人。


◆息の量が多い人。



◆途中で切れてしまう人。


◆姿勢がくずれて息が辛くなる人。



◆息のバランスが悪く、不安定な人。



◆いろいろとさまざまで複雑なのです。



今回のご紹介は、『息の量が多い人』の生徒さんです。


息が多いなら問題がないと、思われるでしょうが、


『大きな声を出そうとするあまり・・・』たくさんの息を吸い、


吐いていくタイプの人。



もちろん、少ないと声が小さくなって、こもってしまいます。


だからといって、吸い過ぎると声が出し辛くなり、その後の


動作が遅れてできなくなります。リズムが遅れ、音程のノリが


後に押されていきます。遅れてしまうのです。



その結果、焦ってしまい、タイミングが合わず、ムリに合わそうと


急ぐために、急に吐いたりして、余計な力が掛かってしまうのです。



たくさん吸おうと肩に力が入り、肩の緊張感がのどに連鎖して、


それによって、声帯を閉めてしまうことにもなりかねないのです。



ガンバリ過ぎる息もほどほどにしましょう・・・!!



解消法=このタイプの場合、吸いすぎないように、


息を溜める練習を行います。


また、出し過ぎない練習も合わせて行うのです。




また、姿勢がくずれて息が辛くなる人。



別のレッスン生は、始めると『よっしゃ~』と表情も肩も姿勢も


前傾してしまうのです。息を忘れるくらいに


『ちょっと、止めて・・・』


『力が入り過ぎよ~』



『肩トントン・・・笑って・・・首・・・背中・・・楽にね!』



『じゃ~話し声から、始めてみましょう~』



それを聴いて、やった~と思ったのです。


また、止めて、


『一番の声は、どうでしたか?』


『あまり、わからないので・・・出てないから・・・』



一生懸命に、歌おうとするから、聴こえないようでした。



『その声で、その感じでいいのですよ』と言って励ましています。



歌うと思うから、前に、画面に、譜面に前のめりになるのですね。



歌の場合は、大きさもあるでしょうが、距離間に意識を置いて


ください。


1対1人

1対10人

1対100人

1対1000人


となっても、伝わるところ、伝えるものは1人対1人です。




いつものように応援ポチください
ブログランキング・にほんブログ村へ

この下のお祭りうちわにもポチOKで~す。


ボーカルランキング1位大感謝
関連記事
自己紹介

健

Author:健
はじめまして、和歌山県在住のボイストレーナーの新谷健です。ボイストレーニングを20年近くやってきました。失敗あり、成功あり、喜びありの波乱万丈の日々でした。

家族を亡くし、エンディングを想いしらされた体験から、終活ライフ相談員を目指しました。

ボイトレや終活ライフや相談員までの私生活、是好日です。 

ブログ村ランキング
1週間の最新ブログ
相互リンク
今月カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別更新