FC2ブログ

”質問”『母音の当る位置』について・・・お返事です!!

ご訪問いただきありがとうございます。



こんにちは、ボイストレーナーの新谷です。よろしく~~です。



boin-sankakuzu.jpg


適当な図解がなく、逆になりますがご了承ください。


声楽のものは、一般にわかりにくい図解なのです。





◆上あごの裏、口(右)の方からですが、『イ・エ・ア・オ・ウ』



息が当るポイントと感覚的に持ってください。





◆口腔内(右)の空間の『イ・エ・ア・オ・ウ』の三角は舌の高さの



位置とご理解ください。



母音の調音点えを表わす図というのは、感覚的・印象的に



このように聴こえるからというのが曖昧なものです。必ず、



個人差が出ますね。



ここを、こうすれば正解。100点とはいかないものです。



その理由は、骨格・体格・筋肉・体型・呼吸量・年齢・男女・など。





簡単に言いますと、舌と上あごの距離間によって変化すると



思ってください。それと、呼気圧もありますね。





舌先には、母音の『イ』は当たりません。




母音の発音は、高低と前後の微妙な組み合わせから



成り立つものなのです。



声楽の論文や書物を参照しますと、『母音図というのは、



ひとつの手掛かりであって絶対的なものではない。』とあります。




母音は最終的には、”感覚”である。とまで、書かれているものも、




『前のほうで・・・』『高いほうで・・・』『奥のほうで・・・』出している。



ふだん簡単に、言ってましたが、どうも正しくない教え方かもしれない。





このような、まとまりのない表現ですが、申し訳ありませんでした。




~追伸~



◆劇団四季さんの、母音発声法というものが有名ですが。



子音=音のもと。母音=声の素(もと)。と言われますが、



母音で、セリフや歌を歌っています。



『ア・イ・ウ・エ・オ』で歌う。語る。



慣れないうちは、歌詞や譜面を見ながら行ってください。




声に、芯と張りが出てくるはずです。実践ください。




タグマークふたつありますが、どちらでも結構です。


一日一回でOKで~す。



『ねこの方がいい』とお聞きしまして戻しました。


一日一回でOKです。応援のポチお願いします


ブログランキング・にほんブログ村へ



応援のポチお願いします


ランキング1位感謝します
関連記事

『共鳴腔』を変えると丸で別人!?

ご訪問いただきありがとうございます。



こんにちは、ボイストレーナーの新谷です。よろしく~~です。



yjimage_20170815182439e18.jpg

左図は共鳴腔の図解です。しっかり、イメージをつけてください。



右図は母音の位置、図解です。前は口先、後は喉奥。




あなたの共鳴腔を思い通りの形に変えることはできるのでしょうか?



基本的には、共鳴腔を広く、狭く、長く、短くと自由に変えることが、



できるか、どうかということなのですが。





高音域での共鳴腔の形状、低音域での共鳴腔の形状で、



響きやすくした、声質を変えることができるでしょうか?



ホントのプロ、プロ中のプロは、やってできますね。




大きな声では言えないけど、ローカル?二流歌手?じゃダメやけど!




普通に私たちが、行ってできることは、『広く』すること『狭く』すること



これが、たまたま偶然にでもできるものじゃないでしょうか。




必要な時にはできる。必要に応じてできることが、プロ・プロ



を目指す人たちには不可欠なものです。




※それでは、『長さ』を少し詳しく見て行きましょう。





◆まずは、『長さとは・・・どこをどうするのでしょう。』



舌根の収まる喉頭から→声の出口、唇の先端までを。



喉仏を下げ、唇を突き出すようにした時が、長さの最長となる。






◆この逆、喉仏を上げ唇を引いている時が、最少となる。



苦労される人たちの多くは、最少のまま歌っていますね。







※今度は、『広さ』を少し詳しく見て行きましょう。



・喉頭の広さ・・・喉頭を下げると広く、上げると狭くなる。



・咽頭の広さ・・・力を抜いて、脱力すると広がり、何かを飲むような



ゴックンをするように力が入ると狭くなる。






※口腔の広さ…下あごを下げると広がり、上げると狭まるまた、



舌の位置によっても変化する。





※鼻腔腔の広さ・・・鼻腔、副鼻腔は基本的には、大きく長さや



広さは大きく変わりにくいものです。4番目となるのでしょうか。




厳密には、首の部分、食道、胸も補助共鳴空間ですけど。




※この共鳴腔を極端には、変化をさせないことです。



程よく、変化をさせることが一番、極端にクラシックもどきになり、



オーバーに変化をさせない声です。まったく、別人のように分離した



気持ちが引いてしまいそうなのでは、困りものです。




そこで、程よい加減の変化をさがすのですが、



広さを変えてみる。長さを変えてみる。喉仏の高さをかえてみる。



舌の位置を変えてみる。母音を聴きながら確認を行う。





※実践的には、クラシック的な発声法に近くなるのかと思いますが、




『喉頭を下げ、唇を突き、大きく縦に広げるようにする。』



共鳴腔を長く、広く、『深い響き』と『豊かな響き』を低・中音域から



響かせる。その時は、母音を”ぼやかさない”正しくコントロールする



こと.。『共鳴腔』を変えると別人のようになったよ。では・・・




『別人』のような変化を持たせるのは、いささか困りもの。




プロとは、旋律・声質・そして歌い方。





最後までご覧いただき感謝いたします。




~追伸~



ポチの応援ありがとうございます。お盆もすぎ、気分転換



ランキングバナ=ポチマークを変更いたしました。



いかがでしょうか?お変わりなく応援くださいね。



ふたつありますが、お気に入りの方で結構です。



『ねこの方がいい』とお聞きしまして戻しました。


一日一回でOKです。応援のポチお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ



応援のポチお願いします


ランキング1位感謝します
関連記事
自己紹介

健

Author:健
はじめまして、和歌山県在住のボイストレーナーの新谷健です。ボイストレーニングを20年近くやってきました。失敗あり、成功あり、喜びありの波乱万丈の日々でした。

家族を亡くし、エンディングを想いしらされた体験から、終活ライフ相談員を目指しました。

ボイトレや終活ライフや相談員までの私生活、是好日です。 

ブログ村ランキング
1週間の最新ブログ
相互リンク
今月カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別更新