FC2ブログ

女性の肌だけでなく『声は見えない老化!!』

ご訪問いただきありがとうございます。


こんにちは、ボイストレーナーの新谷です。よろしく~~です。




i-catch4-1.jpg




一般的には、肌や髪の老化は目に見えてわかる。



けど、声というのは見えないもの、見えない老化だ。




内臓と同じように、体内にあるから見逃してしまう。



その老化は見えないからやっかいである。



見えれば、手で触れたり、ケアも考えられるのだが、



声も見えないうちに老化は進行していく。



声は、女性は低くなり、男性は高くなると医学的にはある。



その原因というのは、姿勢の変形や体の歪によるもの、



響きの変化によるものと考えられる。




~主な原因は~




1)ヒアルロン酸の減少。


潤い成分といわれるヒアルロン酸は肌や髪だけでなく、声帯、声門


粘膜の減少をひき起こす。


潤いが減少すると、かすれ声や低い声になりやすくなる。


そのために補う必要があるのです。軟膏とかはありませんが、


食べもので補給することでしょうね。




2)筋力の低下。


手足と同じように筋力が、40代から落ちて行く。


同じく、声帯に筋肉も呼吸を支える筋肉も同じように。


そうなれば、声の高さや声の質が変化する。


また、声も使わないと老化を加速する。



3)女性ホルモンの変化。


女性ホルモンの分泌が低下すると声帯にも大きな影響を与える。


40代後半から、ホルモンバランスの崩れ、心身と声のバランスの


乱れが大きいとされる。




それでは、どうすればいいのでしょうか?



声を若く保ち、守る対策とは・・・



1、ヒアルロン酸を多く含む食品を摂る。


この部分は、すみません、自習でお調べください。


また、特番を企画いたしますので。



2、鼻呼吸トレーニング。


口呼吸から、日常生活では鼻呼吸を主とする。


就寝前の、ふとんやベッドでは仰向きになり、


鼻から吸って口から吐くという動作を数分行う。




3、マッサージ。ストレッチ。


喉の周りの筋肉や肩を常に刺激を与える。


猫背や前屈になることから、反ってやる。


鳩胸にして伸ばしてやる。


後手に組み、後ろに引っ張る。


入浴中のアゴ下、エラの部分を少し痛いくらいに指圧する。



声を出さない、エアーボイトレ、母音『イ~エ~ア~オ~ウ~』


の口で息だけを吐き出すようにする。





4、高い声で話す習慣をつけておく。



電話で話す時の、高く、大きな感じです。


『ア~ハイ。ハイ・・・』お母さんうるさいよ・・・となるかも?^^^



5、喉を潤す。


マスクの着用。


のど飴(黒糖・きんかん・・・)


加湿器や吸入器を使用する。ミストがいい。


水分補給など・・・。




※ケアについては、時々ですが投稿していきますので。



最後まで、お読みいただきありがとうございました。\(^o^)/



一日一回でOKです。応援のポチお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ

応援のポチお願いします


ランキング1位感謝します
関連記事
自己紹介

健

Author:健
はじめまして、和歌山県在住のボイストレーナーの新谷健です。ボイストレーニングを20年近くやってきました。失敗あり、成功あり、喜びありの波乱万丈の日々でした。

家族を亡くし、エンディングを想いしらされた体験から、終活ライフ相談員を目指しました。

ボイトレや終活ライフや相談員までの私生活、是好日です。 

ブログ村ランキング
1週間の最新ブログ
相互リンク
今月カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別更新