FC2ブログ

発声の時に使う息!!かならず少なめ!!

今日もご訪問いただきありがとうございます。


ボイストレーナーの新谷です。よろしく~で~す。\(^o^)/




◆息を目いっぱいに使う姿を見かける。




◆声をフルに出す姿を見かける。




karaoke_af9990000067l.jpg

「出そう!歌おう!高く歌おう!大きく歌おう!」と力いっぱい!!



これらのことを、考えての動作だと思うが、



全てがダメとは断言はできないけど、



デメリットがあるから注意したい。





・音程が♭になりやすい。



・音程が重くノリが落ちる。



・閉鎖ができなく反転・ブレイクしてしまう。






※これは、声帯の閉鎖や振動が限界を超えたために起こる現象。



そこで、逆に出る息を減らしてほしい、心配かと思うけど結果的に



少なくしたことで、声帯の合わさり、震え方も軽く高音も軽く伸びる



ようになっていく。



しかし、苦しく途中で息切れをすることは、あってはならない。



効率よく、響きのいい、鳴らしを考えて行きましょう。




最後まで、お読みいただき感謝いたします。



一日一回でOKです。応援のポチお願いします


ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事

声域を拡大させる!!『声帯の振動』

今日もご訪問いただきありがとうございます。


ボイストレーナーの新谷です。よろしく~で~す。\(^o^)/



IMG_5211.jpg

声帯の振動音が声!!大きい振動数=高音。小さい振動数=低音。



裏声の高声域をさらに広げるには、どうすれば良いでしょうか?


重要なポイントは、まずは力まずに声帯を合わせて震わせること。



高音は、声帯が鳴ってくると、高音は自ら出やすくなる。


喉を緊張させながら、ムリやりに高い声を出し続けることも


なくなる。



逆に、ムリな声域で喉を緊張させる習慣をつけてしまうと、


その力みが声帯を合わせにくいものにしてしまう。



いかに緊張を取りながら声帯を合わせていくことがポイントだ。


先日も書きました、声量の3つの要素の1つ、声帯振動に


あたるものです。



最後まで、お読みいただき感謝いたします。


一日一回でOKです。応援のポチお願いします


ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事
自己紹介

健

Author:健
はじめまして、ボイストレーナーの新谷健です。今までに、わたしがやってきた失敗談・カラオケボックスの有効練習・日々のボイトレの学びもためらわず、出しまくりますよ。お楽しみに^^^ 

ブログ村ランキング
1週間の最新ブログ
相互リンク
今月カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別更新