FC2ブログ

【感動実話】素直に・・・ごめんなさいが^^^

いつも、ご覧いただきありがとうございます。


ボイストレーナーの新谷です。よろしく~で~す。\(^o^)/


ホントに・・・近いから言えない『ごめんなさい』^^^




img_0416e27743637c0ffd7fae54d44460866511.jpg




ある少女の実話です。


少女の家は流行らない店で貧乏だった。


補いは母がパートに出て、何とか生計をたててた。




学校の集金が来るたび、母がため息をついていた。


それでも、小~中学校の頃までは、あまり何とも思わなかったが、


高校に入り、進学を考えた頃、母とケンカすることが多くなったいた。




それは、美大に進みたく、本格的にこれから絵を描きたかった。


でも、進学するのに必要なお金が、どうしても、家にはなかった。


毎日、昼のパート、夜のパートと掛け持ちで働き、クタクタの母親の姿


そんな母に、ある日、とんでもないことを言ってしまった。




『進学できないんだよ!進学資金も出せなんじゃ、親失格よ!』


冷静に、いま思えば、クタクタ。ボロボロ姿の母に 、残酷な言葉を


母は何も言わず泣いていた姿が、目にハッキリ焼きついている。




それからは、母はパート先にお願いして時間を長くしてもらって


いたそうだ。


その過労のため思いも寄らない突然の不慮なことが起きた。




仕事からの帰宅時に、母は交差点にタイヤ跡のないまま入った。


もう、帰らぬ人となり、毎日が母に詫びる、泣きやまれない。



『お母さん、ごめんなさい、私のせいで・・・』


そんな毎日のある日、いつものように泣きながら眠りについた。


まさ夢か?そこに母が座っていた、泣きじゃくりながら抱きついた。


すると母は・・・こう言った。




私の手を握り、『謝らなくてはいけないのは、お母さんだよ』


『ごめんね。泣いてばかりいるので、あなたが気に病むと悲しいから


お母さんは、大丈夫だからね、心配しないでね~』そのとたん消えてた。



わたしの進学のための貯金がありました。


ギリギリ生活の中で、やりくりして本当に数百円の単位で毎月貯金してあった。


パート時間を頼み込んで増やしていたのです。知らなかった・・・^^^




増えた分はすべて貯金。・母を責めた・・・知らないバカだった!!




自分のことだけだった!!思えば、母の笑った顔を見たのはいつだろう?


何一つ親孝行などしていない…母がいなくなってから、後悔の連続だった。


何の優しさも母にお返ししていない。それなのになぜあれほど酷いことを。



そして、なぜ素直にすぐ謝れなかったのか。が辛い^^^ 



過労のため思いも寄らない突然の不慮な事故であった。



『謝りたい』心から母に謝りたかったのです.。^^^



わたしは、この話を聴き、大きな涙が溢れた、やり場のない親子の姿。




最後まで、お読みいただき感謝いたします。



一日一回でOKです。応援のポチお願いします


ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事
自己紹介

健

Author:健
はじめまして、ボイストレーナーの新谷健です。今までに、わたしがやってきた失敗談・カラオケボックスの有効練習・日々のボイトレの学びもためらわず、出しまくりますよ。お楽しみに^^^ 

ブログ村ランキング
1週間の最新ブログ
相互リンク
今月カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別更新