FC2ブログ

『音程が低いよ!』の指摘『高めを狙う』感覚を磨け!!


いつも、ご覧いただきありがとうございます。


こんにちは~ボイストレーナーの新谷です。




yjimageA8IGOC8K.jpg




他人から『音程が低いよ』と指摘されたら、あなたは音程を高めに


狙って歌うことでしょう。



問題は?その後の対応。


高めを狙うと言って、次の行動の的はどこでしょうか?


それは『勘に頼る』はずです。


自分の勘と他人の勘の差と違いが『この人音程が低いよ・・・』


になるのでしょう!!あなたは、懸命に歌おうとします。


他人や聴き手は、歌の音楽と歌詞を聴いています。



歌い手は、自分の声がわからない人が多すぎるのです。


そもそも、歌唱という行動は、目に見えないものを、見えない声で


操ろうとしているのです。




聴き手は、非常に冷静に聴いていますが、歌い手は、雑念があります。


目には見えないものを『音楽と声』を感覚で操るのは相当な訓練が


必要になります。




そこで、曖昧なものを正確に練習するためには、安定した声を求める


『勘』を磨く練習をしっかりとやるのです。



それは、100回以上も聴いて聴いて聴きとれる練習です。


聴いて練習して、歌って練習して、録音をやること。



録音を聴きなおすこと。カラオケなら、採点バトルの音程グラフを


表示させて、歌詞を乗せていくことです。



何点?とかじゃない・・・。見える音楽と見える出した声を比較して


見てもらうことです。友達や指導者に、音感のある聴き手に!!



同時にボイスレコーダーでの録音もやるのですよ。


感覚というものは、聴けば聴くほどついて耳を磨けます。



声を出して音楽に乗せるのは、聴いて感覚が身についてからが


本来の姿ではあるのですが、カラオケBOXでいきなりの大声で


歌っている、本人は気持ちよく、聴き手は、デンモクやスマホを


操作している、歌い終わったら『いいよ・・・上手いよ・・・』



これも、おかしな文化になりますね。


聴くなら、画面を見てあげてください。歌いながら、合ってるか?


なかなか、初心者には至難の技!!



自分の声、録音の声、他人の聴いた声、画面に見える声・・・


これらを、感覚で磨いて精度を上げていくのです。



『勘』は勘でも、ヤマ勘じゃない、鋭い勘を磨き慣れることです。


一に練習二に練習三四・・・五に練習でしょう。



人前で、披露するのは、自分に自信がついて聴けるようになってから


だけどなあ・・・と私は思い過ぎでしょうか?


やや高めを狙う感覚が大切=シャープ=♯気味が◎でしょう!!




一日一回でOKです。応援のポチお願いします


ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

マイクにとって『安定した声と不安定な声』の違い!!

いつも、ご覧いただきありがとうございます。



こんにちは、ボイストレーナの新谷です。




24126723_260514347808580_7023225123368861696_n.jpg

マイクにかぶりつき・・・




発声の指導者が『発声の良し悪し』を判断するときは、暗黙の


了解で『生声』の性質を基準にするものです。


声の響きや音色、張り、伸び・・・といったさまざまなものです。


発声の要素を重視しているわけです!!



しかし、歌う際にはマイクを使っていますよ。マイクなしのアカペラは


ありえないことです。そこで、マイクの性質やマイクワークをわかると


非常に強いものがあります。



いわゆるマイクワークの練習で練習ではなく、マイクとの声の関係には


どうも、相性の良し悪しがあると理解しておいてほしいと考えます。



プロ歌手や音響の世界の言葉では『マイクに乗りが良い!』と


言われる声質があります。マイクに声が拾ってくれやすいようです。



人の声帯には、振動が共鳴してなってくるのです。


調音という、発音や滑舌や息の配合ということも大きな影響力がある。



人の耳に聴こえるのも、振動として認識されるから、心地よい、振動

と大きさというものも、歌を歌う人には、大切なものとなります。



さらに、覚えておきたいのが、マイクにとって安定した声と不安定な声の


ちがいです。



発声に関しては、一音ごとに脱力イメージで大きく声を出そうとはしない!!


一音ごとに明るめににしていく、高音が高く固いと疲れて聴こえる。


声量不足な人は、マイクワークが苦手な人が多いのも事実みたいです。




一日一回でOKです。応援のポチお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

『ゆず』大晦日のNHK紅白歌合戦の大トリ!!内定

いつも、ご覧いただきありがとうございます。


こんにちは、ボイストレーナーの新谷です。




kouhaku1.jpg




人気デュオゆずが、大みそかのNHK紅白歌合戦の白組トリに


内定したことが22日、分かった。



トリは初めだが、いきなり全出場者の最終歌唱となる大トリを


務めることも内定した。



96年に北川悠仁(40)と岩沢厚治(41)の2人で結成。


横浜・伊勢佐木町などでの路上ライブで腕を磨いて、



97年にインディーズデビュー、98年にシングル「夏色」で


メジャーデビューを果たした。



美しいハーモニーが多くの人を魅了し、瞬く間に大ブレーク。


03年に紅白初出場を果たし、翌04年にはシングル


『栄光の架橋』がNHKアテネ五輪のテーマ曲になった。



おめでとうございます。



もう、20年のベテランですから、良かった。





一日一回でOKです。応援のポチお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

安定感のある歌声にするための3つのヒント

いつも、ご覧いただきありがとうございます。


こんにちは~ボイストレーナーの新谷です。




yjimage_2017122217013460d.jpg

安定感の高さ。距離。???



歌声が不安定になる人には、いかがでしょう?安定感のある歌声に


するためのヒントを3つ紹介しておきましょう。



☆歌声が安定しない。不安定になる。!


先日、このブログ上でも書きましたことと若干ラップしますが、


安定感のある歌声にするためには、


① しっかり曲を覚える。



覚え方は、過去記事を何度も投稿していますので、参考にして下さい。


覚えていないと、このような状態になる可能性が高いのです。


・ブレスタイミングがバラバラになる。


・音程の不安定になる。


・リズム感のない歌になる。


・聴いていて、つまんないように聴こえる。


・声が伸びやかに出せない。


・など問題が多くなります。




②呼吸を整える。



・途中でスタミナ切れになる。


①とも重複することになる。




③滑舌をシッカリする。



・抑揚がなくなる。


・声を飲んでしまう。


・表情が暗い歌になる。


・言葉がわからないので、歌詞がわからない。



これらを参考に一度実践してください。




一日一回でOKです。応援のポチお願いします


ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

ボイトレで良かったこと、今の仕事談!!

いつも、ご覧いただきありがとうございます。


こんにちは~ボイストレーナーの新谷です。




sp_ino_20140122_1.jpg




もともと音楽が趣味で、声量のなさや声の深みのなさに悩んでいた。


また、大きな声を出して練習になればと思い、ボイトレに通うことを決めた。



レッスンでは最初5分程度一人でストレッチ練習、


その後15分程度先生のピアノに合わせて様々な方法で発声をしていました。


ここで、悩みの声量や声の深みはどうやったら出るのかを具体的に教わり、


この発声練習をしてから曲を歌うだけでも、普段と比べて全く違うのがわかった。




発声が終わると、自分の課題曲を使って歌唱指導に入ります。


1回歌ってみて、強弱をつける部分や、発音であったり、呼吸であり、


特に、声量が必要な部分の出し方など、細かく何度も繰り返し歌した。


だいたい1曲を歌えるようになるまでに、5~6回のレッスンをしました。


そして1曲が歌えるようになると、また次の好きな曲を選ぶという流れだった。




自分で準備する必要があったのは、音源でした。


CDを借りてきたりする必要がありますが、



私の場合はもともとレンタルしたり購入する習慣があったので、


特に負担でなかった。



ボイトレに通って変わったことはやはり声の大きさと質感でした。


実際、よく友人からも歌い方が変わった、うまくなったと言われた。


おなかの底から声が出せるようになり、芯があるプロのような声が身についた。


と自分ではわかるようになった。



発声や呼吸や発音だけでない、姿勢・ケア・メンタルまでわかるように


教えてもらい、今はそれを生徒さんにお裾分けしていくことが仕事です。



誰も、最初はできなかったんだからね・・・!!



一日一回でOKです。応援のポチお願いします


ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事

歌手でもない、普通の主婦にもできるボイトレ法!!

いつも、ご覧いただきありがとうございます。


こんにちは~ボイストレーナーの新谷です。




af9920056986l-450x300_2017122006370882d.jpg





プロでもない、舞台用でもない、普通の主婦のボイトレ!!


ある主婦の体験談より・・・。ご紹介します。




私がボイトレを始めようと思ったきっかけは、


息子が習っていたピアノの音楽教室の発表会を見に行って、


ボイトレをされている大人の方達の歌の発表を見たことで、


『ボイトレを受けて歌を歌うことが楽しそう』と思ったから。




発表会で、歌われていた大人の方達は、


ものすごく、きれいな声を響かせている方も、


まだ、練習中で頑張っているという方もいました。




実は、そのまだボイトレーに奮闘中という方達を見て、


特にボイトレを受けたいと思ったそうですね。




それまではボイトレというのは、


これから歌で生活するプロや、舞台上で歌を発表する人や


歌手を目指している人など、歌と生活が密接に関わっている人が


受けるトレーニングだと思っていたそうです。



しかし、普通の主婦がボイトレに奮闘中というのを見て、


自分もレッスンを受けても、なんら変なことはないんだなあと思い、


興味が沸いて始めたのです。




平凡な主婦の自分もボイトレを受けて、



人前できれいな衣装で発表してみたいとも思っていきました。





ボイストレーニングの金額は、1回2500円で40分でした。


個人で教えていらっしゃる先生なので、


大手音楽教室など有名な音楽教室などよりも、


ずっと値段が安いところも気に入りました。


そして個人の先生のよいところは、お休みや振り替えなども、


臨機応変に対応してくださることです。




ボイトレはまず、声を出す前に、立ち方、歌うときの意識のあり方、


口の形、喉の形、呼吸のしかた、お腹の腹筋の使い方など、


いろいろな注意を受けていました。



そして晴れて、発声の練習に入る事ができました。



発声の練習では声を喉から地声で出さずに、鼻の上のほうを意識しながら、


頭のてっぺんから声を出すというようなトレーニングをたくさんしました。


今まで、歌うときに意識したことがない体の部分をいっぱい意識しながら、


歌うことがとても新鮮に感じました。



ボイストレーニングを1年続けたところで、


今まで1オクターブのミの音までしかでなかったけど、苦しいながらも


ソの音がでるようになったというのが一番嬉しい事です。




最近では人前で歌を歌うことに前より抵抗を感じなくなり、


ボイトレのおかげだと思っています。




何より楽しいのは、週に1回、日常を忘れ、ボイトレをしながら歌を歌うと


いうことです。



楽しみを感じながらストレス発散ができるボイトレを継続中です。



歌手を目指す人だけじゃないけど、平凡な主婦でもボイトレで、


日常を離れた快感を味わうことができ、



歌もうまくなるということもあり、お勧めです。



と話してくれた。ありがとうございます。




誰も、最初はできなかったんだからね・・・!!



一日一回でOKです。応援のポチお願いします


ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

『ボイトレの邪魔者』は個人差や性格や器用さかも?

いつも、ご覧いただきありがとうございます。


こんにちは~ボイストレーナーの新谷です。




1ae159.jpg




プロ活動をされる方の体験談では、このようなことが・・・。


音響担当からの『それじゃ・・・聞こえないよ!』がショックで。


それが自分の声を見直すきっかけとなった。



最初に通ったボイトレでは・・・


腹筋や新聞紙を細長くして丸めて、口を当てて息を強く吐いたりと。


グループ指導だったので、イマイチだった。




その次に通ったボイトレでは、カラオケでの個別指導でした。


そのボイトレは歌の先生だったので、発声と歌のレッスンでした。


カラオケでの好きな曲をレッスンできて楽しかった。




苦手だったアップテンポの曲は、手でリズムを取りながら歌うといいと、


テンポに置いていかれないようになった。




、声優の先生が教えているボイトレの行きました。


そこは今までと違って、腹式呼吸と響きを重視していた。



腹式呼吸は、自分はできると思っていたが、


お腹を意識的に膨らませていただけで、


それだと本当に腹式呼吸にはなっていないと指摘された。




腹式呼吸は、吐くことに重点を置き、限界まで息を吐いたら、


反射的に入ってくるから息を吸える。



決して吸おうと意識してはいけないがわからないと感じた。


吸おうとすると、肩には力が入ってしまって腹式呼吸にはならない。




その次に大事なのは共鳴で。


人間の身体を楽器を考えて、『響き』を大切にする。




『響きがきちん』とできていれば、大きな声を出さなくても


遠くまで届く声が出せ、通る声が出せるから。



響きの練習には『ハミング』が効果的です。


息に響かせるハミングですが、力を入れてはダメで。


丁寧に鼻から息を出します。音を大きく出す必要はない。




いい発声には、姿勢が大切だから忘れずに。


下半身はしっかりと丹田(おへその下あたり)に力を入れることが


必要ですが、上半身は緊張を取ることです。



力を抜くといっても、猫背になってはいけない。


頭のてっぺんから糸でつられている、顎を引いて背筋は伸ばす。




正しい姿勢とハミングができるようになったら、喉を絞めない


感覚をつかむ。



それから『は~』と息と一緒にため息声を出してみる。


それができるようになったら、鼻に響かせる感覚と連動させる。


そうするとより『響き』がより遠くまでよく通る発声ができるなるはず。




整理しながら、書き出して順番に、並べてみて下さい。


自分のやれるように、押しつけられないように、それで


わからないなら、先生に聴いてみることですよ!!



何でもそうでしょう、体力や性格や器用さも影響するかも^^^





一日一回でOKです。応援のポチお願いします


ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事
自己紹介

健

Author:健
はじめまして、ボイストレーナーの新谷健です。今までに、わたしがやってきた失敗談・カラオケボックスの有効練習・日々のボイトレの学びもためらわず、出しまくりますよ。お楽しみに^^^ 

ブログ村ランキング
1週間の最新ブログ
相互リンク
今月カレンダー
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別更新