FC2ブログ

声帯からの喉頭原音(声のもと音)はU(ウ)ヴ(VU)の鈍音

今日も、ご覧いただきありがとうございます。


こんにちは、ボイストレーナーの新谷健です。




f30dbfc5c8abaa0e1d07118cc20558e0_201801210934181a2.jpg


寒い、寒気に声帯は弱い!!



e0146240_0264615.jpg


声帯はうるうる、ぬるぬるがベスト!!




原理や音のしくみを知りました、では具体的な音は、どうでしょう?


喉頭で鳴る音ということで、喉頭原音と言われ、それをもとに、


声道や喉頭・咽頭・鼻腔などで響き、結果として口腔構音と


して、口から発声されてゆくのです。


そこに、音程、リズム、詞がついて歌としてなりたつのです。




一日一回ポチ。今年はボクの年だ~ワン~。



僕のことポチ!応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング参加
関連記事

【考え違い】声帯が声を出してるのではない!?

今日も、ご覧いただきありがとうございます。


こんにちは、ボイストレーナーの新谷健です。









人の発声器官を楽器とすれば、音(発声)の原理は気流です。



風の流れやすき間風と同じ原理なんです。(ベルヌーイ効果)



空気と弁との摩擦、すき間の音、振動などと同じイメージです。


つまり、声は最初から、言葉になりません。意味が通じません。



声帯(声門弁)の開閉で声の音源となるものなるのです。


意味のない、わからない音なのです。



シャー?スー?シー?ヒュー?のような感覚みたいですね。



声門が密閉されハッキリとした声が出ます。



かすれ声、ハスキー声、ダミ声は、閉鎖不良となります。


乱気流の状態、ザァ―?ジャー?かも知れません。



幼児の声は、ハスキーは少ないはずです。


年齢とともに、ハスキーやかすれが多くなります。



声帯の乾燥・粘膜の乾燥・粘膜不足など、声帯に関わるものです。


緊張や固さは滑らかさを失うようになります。



いつまでも、きれい綺麗な声は、声帯を綺麗、うるうる滑らかつるつる


にしておくことです。




生徒さんたちが【禁煙】を始めるときれいな声に変わってきます。


喉頭や咽頭や声帯の腫れや炎症は、天敵となります。




最後までご覧いただき、ありがとうございました。また明日(^ω^ ^ω^)



一日一回ポチ。今年はボクの年だ~ワン~。



僕のことポチ!応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング参加
関連記事
自己紹介

健

Author:健
はじめまして、ボイストレーナーの新谷健です。今までに、わたしがやってきた失敗談・カラオケボックスの有効練習・日々のボイトレの学びもためらわず、出しまくりますよ。お楽しみに^^^ 

ブログ村ランキング
1週間の最新ブログ
相互リンク
今月カレンダー
12 | 2018/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別更新