FC2ブログ

余分な力みをとり、力を抜く、脱力運動は?

今日も、ご覧いただきありがとうございます。


こんにちは、ボイストレーナーの新谷健です。




action03_20180210153809327.jpg




01-thumb-640xauto-6431.jpg




声を出すときに力が入る!・・・どうしても!


脱力して声を出さないと良い声は出ない!・・・頭ではわかる!


が、大きな声を出そうとする、高い声を出すときには、どうしても


力が入って力んでしまう。



どうしたらいいんだろうと・・・考えても答えは出せない!!



と、お困りの人たちは相当数いると思います。


今日は、力み解消(脱力)って、 どうするのか?のお話をしましょう。




脱力は必要なこと、は頭ではわかるが、


『脱力・・・脱力・・・っていうけど、本当に必要なのかな?』


結論を先に言っちゃうと、脱力は必要ですが、


ただし、 全てに力を抜くわけでもないのです。


???????????????????


意味がよくわからないですよ!


以前、こんなことがありました。



私が、トレーニングをした人で、高音を発声する際、首回りや下アゴ


などの緊張がかなり激しく、脱力練習をしている時のことでした。



『先生、脱力ということがいまいちわかりません?????』



『どういう部分がわかりずらいです』


『脱力したら声でなくなりませんか?』


????????????????


なるほど!!!!!!!!!!!!


これは、私の落ち度というか、説明不足でした。



私は、『発声する際に不必要な力みをとりましょう』という意味で


使っていましたが、



この人の心中は、


『脱力・・・全て脱力・・・』と声を出すための筋肉にまで


脱力しようとしていたということなのです。



教えるって難しいなあ?^^^^^と反省しました。



つまり、ボイトレでよく出てくる『力を抜きましょう!』というのは、


『発声に必要な力以外の余分な力は抜きましょう」という意味です。


この文章で、想像がつくのでしょうか?


筋肉より、関節で、立つこと、力みが入ると、一度にキュ~と力を集め


その後にストンとダラ~ンと脱力すると、いかがでしょうか?



121006myspiago-thumb-640x360-45068.jpg

アゴに触れてみて下さい。そのまま、正面に向くといかがでしょう?


アゴの下が、広くなり、太く変わりましたでしょう。それで、声を、


出してみて下さい。当たりが違うはずですよ!!


僕のことポチ!応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング参加




~今日も最後までご覧いただきありがとう感謝~

関連記事
自己紹介

健

Author:健
はじめまして、和歌山県在住のボイストレーナーの新谷健です。ボイストレーニングを20年近くやってきました。失敗あり、成功あり、喜びありの波乱万丈の日々でした。

家族を亡くし、エンディングを想いしらされた体験から、終活ライフ相談員を目指しました。

ボイトレや終活ライフや相談員までの私生活、是好日です。 

ブログ村ランキング
1週間の最新ブログ
相互リンク
今月カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
月別更新