FC2ブログ

【効果ある?】普段鍛えられない筋肉、効果大の筋トレというけど!?

今日も、ご覧いただきありがとうございます

こんにちは、ボイストレーナーの新谷健です。




07fc475d-94bc-4e83-9972-53a159365ec6.jpg

声の筋トレ?これじゃないでしょう~??



今日のご紹介は・・・『発声するための筋肉の鍛え方』ということで!!


発声をするということは、息により声帯が振動し、その振動を共鳴腔に


より大きく、口・鼻・歯・舌・・・などで調音をして『言葉』=『歌詞』と、


たくさんの部分が関係している。


声を出すための声帯を伸ばしたり閉じたりする時も筋肉を使う。


そのためにも、最小限の筋肉が必要なわけで・・・声を出すための


筋肉は複雑すぎて、通常の発声だけでは鍛えられていない。




そんな発声のための筋肉の中から、普段あまり鍛えられていない。


けど、鍛えれば効果の出る筋トレを紹介します。



〇特に、高音発声に必要な筋肉を3つ選択した。




◆輪状甲状筋とは・・・?


ボイトレの知識がある人なら、ご存知でしょう?


この輪状甲状筋は声帯を伸ばす働きがあります。


声帯を伸ばす運動は、高い声を出すためには必須です。



イメージとして、輪ゴムを伸ばしてはじくと高い音が出る。


声帯も同じ。輪状甲状筋の働きで声帯が伸ばされ、


高い声が出せるようになる。




◆閉鎖筋とは・・・?


閉鎖筋は、声帯を閉鎖させるために働く筋肉のこと。


声が出る際、2つのヒダのようなものが閉じたり開いたりして振動が


強くなったり緩やかになったりするのですが、この閉鎖筋は、


そんな閉鎖の働きを行うためのもの。


閉鎖がほど良く強くなることで、強くシャープな芯のある声がでたり、


緩やかにすると、のどからでない、やわらかい声を出すことができる。


この『閉鎖筋も輪状甲状筋と同様』


芯のある高音発声には欠かせない筋肉になります。




◆甲状舌骨筋・・・とは?


喉ぼとけの上にあり、声帯の入った喉ぼとけを上に引き上げる働きを


する筋肉。



この甲状舌骨筋が働くと甲高い声になります。甲高い声と聴くとあまり


良いイメージがわかないかもしれませんが、高音発声において、


この甲高い声が出にくい場合、自由な発声は難しいかと思われます。

そのため、声を高くする甲状舌骨筋を自由にするトレーニングは


必要となる。


と書いてしまったけど、わたしの師事した先生は、パーツである


筋肉を鍛えなさいとは聞いていない。できないし、有効に鍛える


ことができないと知っていたからでしょう!



響く声、強い声、それでいて壊さない喉を作る為に訓練を行う。


そのようにどうぞご理解ください。


発声に必要な筋肉は、正しい発声を心掛ける事で自然と身につくもの。


『ボイトレ・・・声帯を鍛える事は不可能だと、正しい筋肉の鍛え方』


私が、何を言いたいかと言うと『喉を意識しながら練習をしても喉を


消耗させるだけだからやめましょう」ということ。



発声に必要な筋肉を鍛えたいのであれば、


『正しい呼吸、正しい発声を覚えること』で自然と鍛えられるように。


むしろ、本当に声を育てたいのであれば、そうするべきですよ。



『筋肉を鍛えよう』という考えは捨てる!技術を磨く事に専念しよう。


呼吸法、発声法、調音法、共鳴法など・・・・さまざま!!



ブログを書きながらでも、心が揺れて流れが外れてしまうことが


起こります。常に、悩み、正しいか、これでいいのか?を考える。


ご覧いただき、何や?意味がわからないと思うこと度々あるでしょう。


それは、左右に揺れながら書いている時です。あしからず!!




僕のことポチ!応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング参加




今日も最後までご覧いただきありがとうございます
関連記事
自己紹介

健

Author:健
はじめまして、和歌山県在住のボイストレーナーの新谷健です。ボイストレーニングを20年近くやってきました。失敗あり、成功あり、喜びありの波乱万丈の日々でした。

家族を亡くし、エンディングを想いしらされた体験から、終活ライフ相談員を目指しました。

ボイトレや終活ライフや相談員までの私生活、是好日です。 

ブログ村ランキング
1週間の最新ブログ
相互リンク
今月カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
月別更新