FC2ブログ

『歌を歌うときには適切な息の量を必要とする』が、さて適切な息の量とは??

今日も、ご覧いただきありがとうございます

こんにちは、ボイストレーナーの新谷健です





0d40a5e4a645fc6b96e767d64ac0878e-4.jpg

安静時は一呼吸500ccとなるようです。歌うときには、数倍必要


必要なのか?普通のペットボトル500cc



一呼吸2000㏄ぐらいでしょうか?2Lのペットボトルをがぶ飲み


一瞬の間に吸うのです。スゴイ量ですね~


体格や性別にも差があるでしょうが!




歌を歌う時には、どのくらいの息の量が良いのでしょうか?


または、どのくらいを必要とするのでしょうか?


・・・という、あたりまえの疑問をお持ちではないでようか?


そこのところについて、話していきましょう~。


あまり息の量が多すぎれば張り上げた声になってしまい、


逆に少なすぎれば声が小さく、ひ弱になってしまいますよね。




では、息の量はどのくらいが、ちょうど良いのでしょう?


『適切な量』と言うのが正解ではありますが、適切って?


この適切と言うのは人それぞれ個人的にも差が生じますよね。


当然、体格や肺活量にもよりますが、基本的には話声が基本です。


話声に響きと圧力を加えたものが歌声と思ってください。




◆腹式発声のやり方です◆【喉で歌わないことが一番・重要】


腹式発声・・・腹式呼吸を応用する。腹式呼吸の方が有名ですが、


実は、腹式発声の方が重要なのです。お腹で声の出し方を調整します。


腹式呼吸で吸った息を、維持しながら丹田、下腹に力を引締め息を


吐いていきます。普段喋っている時はお腹から息を吐いていません。


喉で息を吐いています。




それじゃ~息はどこから吐いているの?


歌を歌う時に、息はどこから吐いていますか?


バカみたいな質問かもしれませんが、これが非常に重要なのですよ。


息は肺から器官を通って喉へ行き、口や鼻から外へと出ていきますね。


今度、 息を吸う時はこの順序の逆をたどります。


この動作は当たり前のことであり、息をしていれば、みんなこの


順序をたどります。




ここで、一番、重要なものは、意識をどこに持っているか?なんです。


『息は腹から吐くんだ!』・・・このように教わることが多いでしょう。


腹から息を吐くことには2つの意味を持っています。


・ ひとつは、腹式呼吸で声を出しましょう。


・ふたつ目は、お腹に意識を持って喉が力まないようにしましょう。


と思って言ってる方(指導者・トレーナーなども合わせて・・・)が多いようです。



お腹で歌うと言うのは、喉で歌わないということなのですが。・・・


また、これも感覚的なものになるので、わかりにくいかもしれませんが、


例えてみると、ため息でしょうね。


息を下腹に入れ、丹田のみに力を入れて息を吐きだす事でお腹から


息を押し出している状態になれます。




でも、普段の会話で使っている言葉は喉で息を吐いていませんか?


歌を歌う時はこれが一番の天敵です。


喉で息を吐いていると喉に力が入り、喉が開けなくなり、


腹式発声も出来なくなってしまいます。


これは脱力とも密接に関係していることではありますが、


意識の問題でもあります。




感覚としては、喉は通るだけ下腹から息を押し出したら、そのまま


口腔、鼻腔での響きに直結するように歌えるようになりましょう~。


声帯振動などを意識しすぎると、喉に力入ってしまい意識が喉に


集中してしまいます。



喉は通すだけ!・・・舌でジャマはさせない!!




◆息を向ける方向◆


発声の時は息を思いっきり吐くようなことをしてはいけません。


息は口の中に吐き、その口の中から息が外に漏れるという感じ。


では、その時に息はどのように口の外に出ているでしょう。


口に手を当てて空気を感じても、息が出ているというよりも漏れて


いるように感じるはずです。



息はどこに向けられているのか・・・?


これは、人によって感じ方が違うのでしょうが、


私の場合は、低音域は鎖骨辺りに向けて、中音域は鼻腔や後頭部、


高音域は眉間から頭に行けって感じですね。



これは音程によって響かせる位置を変えています。


響かせる場所に向けて息を吐いているんです。

でも・・・これはイメージにしか過ぎませんけど・・・。



これ以上は難しい解説は出来ませんが、このイメージが大切です。


わかり辛いお話しで恐縮ですが、また、見えないお話しですみません。


歌は、おしゃべりの延長線上にあり、適切な量の息を必要としています。


何ccとか、何グラムとか表示できないのですが、おしゃべりから、


ボリュームUPすることもトレーニングとして正解ではないでしょうか?


劇団の役者のように大きく、力強く、語って、しゃべってみてはいかが!!


ではないでしょうか?お試しください。これかな?と感覚があります。





僕のことポチ!応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング参加




今日も最後までご覧いただきありがとうございます
関連記事

『暑さ寒さも彼岸まで』春のお彼岸!!お彼岸参り・これは日本だけの風習!!

今日も、ご覧いただきありがとうございます

こんにちは、ボイストレーナーの新谷健です。



AS90077.jpg




今年、平成30年の春のお彼岸はいつからでしょうか?


お彼岸の期間についておさらいしましょう。


お彼岸は年に2回、春彼岸と秋彼岸がありますが、一体お彼岸とは


どのように決められる日なのでしょうか?


2018年のお彼岸はいつから?いつまで?お彼岸期間は?




◆春のお彼岸の時期


お彼岸の期間は、春分の日を中日として前後3日間を合わせた7日間。


お彼岸はいつから始まり、いつまでお彼岸なのでしょう。


2018年の春のお彼岸


平成30年 3月18日(日)お彼岸入り・ 3月21日(水)お彼岸中日・


3月24日(土) お彼岸明けとなります。




◆お彼岸には何をするの?


お彼岸に何をするのでしょう?


元々仏教の用語で、「煩悩に満ちた現世である此岸(しがん)を離れて


修行を積むことで煩悩を脱して、悟りの境地に達した世界(彼の岸)


に到達する」という意味をもちます。




今では私たちが普段使っている「お彼岸」という言葉は、修行を経て


悟りの世界に達したというよりも、彼岸の期間に寺院で行われる彼岸会


と呼ばれる法要や、先祖供養の意味で用いられることのほうが多いです。


「お彼岸にお墓参り」という文化は、仏教徒が多い他の国と比べても


日本だけの独特の風習です。



お彼岸の中日である春分の日の意味が「自然をたたえ、生物をいつくしむ」、


秋分の日が「祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ」という意味をもち、


昔から先祖崇拝や豊作に感謝してきた日本らしい文化が影響している。


仏教においては、お彼岸の時期に真西へ沈む夕陽の向こう側にある此岸・


浄土の先祖を偲び、夕陽に拝み供養する仏事です。




今回は申しわけないのですが・・・^^^


今週お墓参りに行けないので、自宅からお墓に向かい、合掌します。


一週遅れでお参りの予定にしています。お花は、兄妹にお願いしました。




僕のことポチ!応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング参加




今日も最後までご覧いただきありがとうございます
関連記事

上手くなるためには、息と腹圧を強くする!?プレッシャーブレスボイトレ法を紹介!!

今日も、ご覧いただきありがとうございます

こんにちは、ボイストレーナーの新谷健です




今回は呼気を強めるために腹圧を上げるトレーニングをご紹介します。


呼気とは、息を吐くときの動作をしめす。


◆プレッシャーブレスボイトレ法 
 


(1)みぞおち辺りに手を当てる。(肋骨の一番下、少し凹んだ位置)
 

横隔膜を確認するために手を当てます。横隔膜は体幹により動きます。


筋力トレのときに筋肉をつけたい部分を意識すると筋肉のつきが早い。


その原理と同じ理論と認識してください。



(2)アゴを下げ口を開き、思い切りの息を吸う。
 

この時には肩が上がらないようにする。


お腹が突っ張るような感覚を手に触れて確認します。



(3)口を開けて、唇に5㎜くらいのすき間を開けます。




kaisetsu3.gif





(4)そのすき間から思い切り息を吐き、更に吐き切る。
 

口の周辺、ほっぺがパンパンに膨らむようにします。


この時、一番大切なのは、横隔膜で支える感覚を意識します。



(5)息を吐き切ってしまったら、もう一度(1)からやり直す。
 

息を吐き切ると急いで息を吸い込みたくなりますが、そこを


「ゆ~っくり大きく吸う」。急いで吸うと余分なところに力みが入ります。


繰り返すと「頭がふらつく」人がいます、それは吸う息が不足しています。


と言っても、これは楽なトレーニング法ではありません。


少しキツいくらいが正解のようです。気分が悪くならないように


徐々になれていきましょう。




今回、ご紹介しましたプレッシャーブレスボイトレ法は、声に必要な


呼気を強くするための横隔膜や体幹の筋肉を鍛えるためのトレー


ニングでもあるのです。それが、一番の目的と思っていてください。


息が勢いよく出せる、ゆっくりと出せる、長~く出せる。


これが、歌声には必要となります。少し、きついかもしれませんが、


ガンバってやってください~\(^o^)/~




僕のことポチ!応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング参加




今日も最後までご覧いただきありがとうございます 
関連記事

【プロ秘伝】ブタ鼻『ンゴ~ンゴ~ンゴ・・・』ボイトレ法!!

今日も、ご覧いただきありがとうございます

こんにちは、ボイストレーナーの新谷健です



やっていても、歌がなかなか上手くならないのは、なぜでしょう?


じつは、わからないことの多いボイトレ!


ホントに、意味がわからないボイトレ!


・喉を大きく開いてみて・・・?


・軟口蓋(なんこうがい)を上げてみて・・・?
 

歌の練習では、よく聞きませんか?良く耳にしますよね!


でもね、軟口蓋ってとは何でしょう?どこにあるのでしょう?


そして、どこにあるかもわからないものをどうやって上げるのでしょう?
 


軟口蓋は、上あごの後ろ1/3くらいの柔らかい部分のことです。



上アゴをなぞりながらいくと柔らかい部分が指に当たります。


その部分が軟口蓋です。さわると少し「オエッ」となりそうでしょ?
 


「素晴らしい、歌声だなあ~」と感じる人は、この軟口蓋が高く引き


上げられているようです。
 


ふつう、あくびのときや、うがいのときに上がっているのですが、

たいていは、どこが動いているのかわからないことが多いのです。



さらに強く意識するために、軟口蓋をスプーンでつついて刺激しながら


トレーニングをする方もいます。これは気持ち悪くなるのでしょう、


洗面器を持ちながら~やりそうですね。
 


今回は、軟口蓋を意識できるようにする方法をご紹介します。
 

それは、ブタの声に似た「ブタ鼻ボイトレ法」というものです。




4cb636a471b078fea220fb8b3a381f91.jpg
 
ンゴ~ンゴ~ンゴ~・・・がブ~ブ~ブ~・・・に聞こえますね。



①息を吸いながら「ンゴ~ンゴ~ンゴッ・・・」と声を出します。。


②いびきをかくときの音に似ています。


③鼻の方まで振動『ピクピク』を感じるようにしてください。


④きれいなブタ鼻声ができるように。
 

⑤「ガガガ・・・」「ゴゴゴ・・・」と絶対にやってはいけません。


⑥一定の音で途切れずに長さを保ちます。


⑦「ブタ鼻声」は軟口蓋やその周辺がリラックスしないとできません。
 

⑧ブタ鼻声トレーニングは、発声に組み込むと更に効果的です。



補足

 
1)ブタ鼻声をしながら「ンゴンゴ~」と息を吸ってみてください。


2)振動していた場所に舌をあて、そのまま「ン~ゴ・・・」と発声します。
 

3)舌を離すときには、軟口蓋を引き上げることが自然にできて、


楽に良い声が出るようになっていきます。
 


今回のトレーニングは歌にとって大事な『共鳴」も密接な関係にあります。


口の中=口腔内の上アゴの空間を広げることと、上がってきた息と声を


鼻腔腔(=鼻の奥の方、空間)に共鳴をさせる働きにもつながります。



出てくる息や声を顔いっぱいに広げることになっていきます。




僕のことポチ!応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング参加




今日も最後までご覧いただきありがとうございます
関連記事

【声帯の作用】声を出す上での『声帯の粘膜と声』の関連性を知る!!

今日も、ご覧いただきありがとうございます

こんにちは、ボイストレーナーの新谷健です




symptom_114_3_20180316123422d55.jpg




◆今回は、声帯の粘膜と声の関連性についてご紹介いたします。


声帯の粘膜は、粘膜ですから、当然ながら自力では動きません。


しかし、喉頭筋を上下することで、声帯の粘膜の張り具合を変える


ことができます。



◆例えばの話し。


楽器をイメージしてみましょう~わかりやすいと思うので。音を鳴らす


ギターの弦が緩んでいる状態ではハリのある音が鳴りませんよね?



声帯の粘膜も同様に、良い音を鳴らしたければピンと張っている


必要があります。



喉頭筋を下げると、声帯の粘膜が引っ張られて伸びていきます。



だから、良い声を出すには「喉仏を下げる」ことが重要になります。



それは、『あくびの喉』あくびをする時の喉で声を発するのです。


大きくあくびをしてみましょう。その喉で止めておいてください。



そのほかに、声帯の粘膜を「表情筋」「背筋」などの筋肉でも


コントロールすることができると言われています。


・・・喉頭だけ下げて表情筋などが使えていないと、声帯の粘膜は

思うほど伸びず、つまるとこ「喉声」になってしまうことがあります。



あとに、喉頭を下げようとして首や肩の周りが硬直してしまうのも


「喉声」=喉を意識過剰に意識し過ぎた結果のことであります。


あんまりにもムチャな力任せに下げすぎないこともけっこう重要ですね。



ほどほど、適当、良いバランスこの辺に注意をはらいましょう。




僕のことポチ!応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング参加




今日も最後までご覧いただきありがとうございます
関連記事

【共鳴】なぜ歌声の響きが壊されるか!?

今日も、ご覧いただきありがとうございます

こんにちは、ボイストレーナーの新谷健です。



せっかく備わった共鳴腔(胸~喉~頭までの間の空間)に響かない。


ということが多くの方をお聞きすると感じます。



響きを壊してしまっていると言った方が早いのかもしれませんが、


壊しているとは、どういうことでしょう?その辺のお話しをしてみます。



声は、良し悪しは別として病気でない限り、発声できるかと思います。


いい声の人は、持って生まれたものもあるものかと思いますが、


声を使わない場合や声を出すことが少ないと声が消耗して行きます。


ようするに、退化していくと言われるところがありますね。



歌をほとんど歌わない人は、高低差のある声や声域の広い声が、


出せなくなってしまうものです。



また、反対に、よく声を使い話したり、歌ったりしていると、だんだんと


声が大きく、前に、上に、よく通る声になり、マイクを通した声が軽やかに


はっきりとしたものに変わっていきます。




ここで大切なことは・・・


響きを押さえてしまっていないか?


ということがあり、声を出そうとやり過ぎているのではないのでしょうか。


出そうとか、歌おうとか、大きくしようとか、吸った息を口からムリに出そう


としてしまうような悪いクセに飲まれていませんか?



その結果、声を押しつぶしてしまい、壊れかけた声になっていたり、


声をキープすることができなくて、力で押さえてしまいがちです。



発声の姿を見ていると、カチカチのぎこちない身体から声を


押し上げようとするように見られますが、これは全くダメです。



喉だけで深く、厚く、強く、大きく・・・これでは、ムリな話です。


押さえられた筋肉からは、つぶされて響きがなくなっています。



喉を使わない発声をしましょう。というのですが、その話に???


喉を使わないとは、何のことかな???と、はてなマークですね。



まず、上からの力を抜きましょう。頭~首~肩~背中~腰~足~と


脱力した状態が、まず一番、押し上げない、喉が力んでしまわない


ように、このことを体に覚えさせるように、腰で支えるよう実践して


みてください。



それが、簡単にはできない悪いクセだから・・・!!


力を抜いて、力を入れるように、意識を変えましょう。




o1024076813818336375.jpg

パンチを入れるときの瞬間に力を集めているのです。



例えば、ボクシング選手が軽く左右にリズムよくステップを


踏んでいます。彼らの体はカチカチではありません。


じつに、柔軟で、力を入れた瞬間だけに筋肉が作用するように


鍛えられているそうです。



あなたも、ブランブランの体から最低必要な力で立ちましょう。


筋肉はブランブラン、腰、関節、と骨で支えていきましょう。




共鳴を壊してしまうのは、余計な力を体中、喉にも使うからです。


これは、ボイトレ先生に毎回毎回のレッスンで言われたことでしたね~^^^




僕のことポチ!応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング参加




今日も最後までご覧いただきありがとうございます
関連記事

【上達への心理】他人は他人!自分は自分!比べない!!~自分発見~

今日も、ご覧いただきありがとうございます

こんにちは、ボイストレーナーの新谷健です。




img_a26d9db47c9b9420a3f3b9fb6393ce491177930.jpg

『おねえちゃんを良く見て・・・こうするのよ!』見て学んでいますね。




まず、イライラや落ち込みは、ひとや他人と比べることから始まります。


「あの人はいいなあ~うらやましいな~それに比べ自分は・・・(´・_・`)」


他人と自分との違いを見つけ、精神的に落ち込んでしまうのです。


自分は自分!比較しない!!自分を見つける。これが大切です。




そんなことを言っても・・・あなたは、このように思うのでしょう?


「比べたらいけないことくらい分かっているよ!」


「それができないから困っているのよ・・・!!」

 
たしかにそのとおりです。



他人と比べることがいけないことくらい。


みんな、頭では分かっていますが、なかなかできないから困っています。



そういう人は、次のことを心がけてみましょう~。


『見ざる、聞かざる、言わざる』



いっそ、他人を『見ざる=見ない』ようにするのですよ。


自然と比べるなら、いっそのこと他人を見ないようにすればいいのです。


他人を見なくなれば、状況がわかりませんよね、比較ができなければ、


しようがありませんよね。



では『他人を見なければ、誰を見ればいいのか』自分を見ればいい。


そうですよ・・・他人を見なくなったときには、自分に目を向けるのです。


自分だけに集中して、上達のために集中すればいいのです。


他人を見なくなれば、比べませんから、イライラ・落ち込みがなくなり、


そのうえ、自分に集中しているため、上達へも早くなります。


気持ちはとても安定して、上達率が飛躍的にUPしていきます。

わたくしごとを、1つ、告白します。



わたしは、ほかの人と比べてばかりした時期がありました。


「この人のほうが自分より歌がうまいな」と凹んだり「この人よりは


うまいな」と内心、喜んだりするのです。


つねに周りの人、相手の人に比べて集中ができなかったのです。


集中力は散漫で、集中力は外にばかり向いていました。


そこである日のこと、一切の比較をやめてしまったことがあります。


ほかの他人を、もうまったく見ないようにしたのです。


そのエネルギーを、今度は自分に対して向けるようになったときです。


初めて『自分らしい歌声』で歌えるようになった体験があります。


他人を見なくなったときに、ようやく自分が見えてきたのです。


自分というわたしは、外には存在しません。内側にあるのです。


比較をやめて、自分に集中するようになったとき、『本来の姿』が


見えたことに嬉しくて笑ってしまいました。


探していたもの、歌声は、外になくて、もう自分の中にあったのです。


わたしのこの味に合わない人は聞いてくれなくても仕方ないと思って


いますし、ただ合う人だけに聞いてもらえれば、それでいいと思います。


今は、比較しませんから、落ち込むことも、イライラすることもありません。


良し悪しの評価は人それぞれ違うから、自分は個性を一貫して深く掘り


下げていけばよかっただけなのです。


わたしの恩師先生も比べない、とてつもないデカイ声の持ち主でした。


まったく、周りを気にしない、考えない、自分を追及した方でした。



今思えば、その時は、あまり好きでない『キャラ』だったけど、似かよ


った味のある人間に変わっている気持ちがします。


他人から見れば、良いか?悪いか?は賛否両論のようですが\(^o^)/




僕のことポチ!応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング参加




今日も最後までご覧いただきありがとうございます
関連記事

『発声』の間に『意識時』の声『無意識時』の声がわかりますか?

今日も、ご覧いただきありがとうございます

こんにちは、ボイストレーナーの新谷健です。



『発声』の間に『意識時』の声『無意識時』の声がわかりますか?


と、タイトルを書いてみたけど、何のこと?とお感じでしょうね(ー_ー)!!


お付き合いをいただき進めていきましょう\(^o^)/


わたしの吹奏楽の経験から言いますと、楽器を『鳴らす』すると。




2018_2_3-練習風景_180209_0064



◆息を吹き込んで、しっかりと楽器を鳴らす。(ff=強く)


ひとつはこれですね。


楽曲の強弱は一度無視して、全部ffで大きな音で吹いています。


まずは、楽器が良く鳴る感覚をつかむことが先となります。




◆指の意識を高める練習やリズム練習をするという。


もうひとつはこれでしょうね。


リズム練習は、指がついて回るようになる練習の事です。


これらふたつをしっかりやる事で、指の感覚、楽器を吹く意識が


高まっていきました。




◆それじゃ、演奏中の意識はどこへ向いているの?


楽曲を頭から最後まで通す時、こんな事がありませんか?


ここだけ、吹くなら出来るけど、前から通すとまちがう!


そんなこと、あるよね!


それは、どうして起きるのだと思いますか?


そこだけを吹く時、頭ではいろいろなことを考えていますよね。


『ここの音は間違いやすいから注意しないと』


『この響きが気に入らないな、こう言う吹き方ならいい感じだな』


『ここはこの音を大切にして』…


まぁ~吹く場所によっていろんな事を意識して吹いているんですね。


そうなので、さっき話した『強く意識をする練習』によって、フォーカス、


集中する訓練がすごく大切になってくるのですね。



それじゃ、ボイトレや歌に変えて話しましょうか。




◆無意識の練習(意識を別の方に向ける)


それじゃ、『意識』のみについて考える場合、強く意識をする練習


ばかりたくさん数をこなしていればいいのでしょうか?


答えは、『いいえ』と思います。



強く意識をする練習は90%は必要でしょうが、残り10%を


無意識を、いや~『意識を別の所へ向ける』練習を取り入れる方が


良いというお話しです。


ここの90%対10%、練習の完成度が上がるにつれ、『何を意識


すべきか』と言う事が変わっていく練習での話だと思ってください。


さらには、練習量を増やし、積み上げていくとしましょう。その先には、


90%:10%が10%:90%に意識と無意識が逆転します。



スケートで4回転トリプルアクセルができる選手は、無意識に回って


いるはずです。考えて意識をしてはいないのです。



だって、今何回?回ってるかな?って考えられるはずがないのです。


声も、息や声帯の感覚、響きの感覚など…見えないものばかり。


わからないものばかりかもしれませんが、無数回やってください。


無意識に、つかめる時が来るはずだから!!



今日は抽象的なお話しですが、やるべきことを、ガムシャラニ


行なってみてください。正しいと思う練習を無数回!!


◆答えというか、これが事実やホントの話しでしょうね。


『発声』の間に『意識時』の声『無意識時』の声がわかりますか?


結果はついてくるはずだし、知らない間にできているものです。


自転車に乗れるようになるまで、何回も倒れたでしょう!


ペダルのこぎ方とハンドル、真っすぐの進み方がわかれば、


考えずに乗れましたよね。無意識に乗れていますよ。\(^o^)/




僕のことポチ!応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング参加




今日も最後までご覧いただきありがとうございます
関連記事
自己紹介

健

Author:健
はじめまして、ボイストレーナーの新谷健です。今までに、わたしがやってきた失敗談・カラオケボックスの有効練習・日々のボイトレの学びもためらわず、出しまくりますよ。お楽しみに^^^ 

ブログ村ランキング
1週間の最新ブログ
相互リンク
今月カレンダー
02 | 2018/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別更新