FC2ブログ

『背筋を制するものは発声を制す』と知ろう!!

今日も、ご覧いただきありがとうございます

こんにちは、ボイストレーナーの新谷健です。




15_2018030211133119e.jpg

背中は、大きな筋肉の集まり!!だから・・・



◆なぜ全身を使った発声が必要なのでしょう?



人の声というのは、息が声帯を振動させ、それを喉、舌、唇、顎


という構音器官で整えることによって生じています。



基本的には声帯、呼吸のための筋肉、構音器官を使いこなせれば


いい声になるのです。



じゃ、なぜ『全身を使って発声する』これが重要と言われるのでしょう。



それは、


『上部のみの筋肉では弱く、喉だけではコントロールしにくいから』

だからです。



発声に関わる筋肉群は、それだけじゃ非常に弱いものが多く、周辺の筋肉


で支えてやらないと、力不足となり、動きが悪く、すぐに疲れてしまいます。



そして、発声のための筋肉は周辺の筋肉と非常に強く関連している


、そのため、周辺の筋肉を意識して動かさないと上手く働かなかったり、


周辺の筋肉を働かすことで効果的に動かすことができます。



全身を使った発声をすることで、このような効果があります。



1)声を出しても疲れにくい。


発声筋の負担を減らせるので、ある程度負担のかかる発声をしても


『疲労した声、弱体した声』になりにくいのです。



2)より力強い声。


発声筋を使うことで、より安定し、声量が増したり、声域が広がります。


また、声による感情表現もよりできるようになる。



この効果は、『歌唱力の向上』に大きな成果でしょう。



◆腹筋より背筋といわれる理由。



『全身を使った発声』になるためには、背筋を使ってやる。


背筋は非常にたくさんの筋肉と繋がっており、あらゆる動きの起点


になり、発声で特に大事な『声帯コントロール・ブレスコントロール』


に、背筋は非常に強く関わっています。



どうしてか『発声といえば腹筋』というような考え方が普及していますが、


背筋だって非常に重要なんです。


むしろ、「背筋を制するものは発声を制す」と言ってしまってもいいかな?


それは、背筋の方が、筋肉面積が大きく、広く、ぶ厚いのですから・・・。



◆具体的な練習方法として・・・。



簡単ボイトレ法をご紹介しますと、『片足立ちで発声』


というものがあります。


いつものような発声練習を『片足立ちでやるだけ』疲れてきたら脚を替える。


これだけですが、声に『張りや力強さ』を実感できると思いますよ。


また、いつもより高音が安定して出るかとも思います。


ふざけているように思いますが、案外と効きますよ。これは・・・。


私は、歌っていて『身体の支え』が足りないと思ったときには、


とりあえずこれをやりますけど。



ウソだと思うでしょうが、やってみてください。


片足立ちをすることで、腰まわりに負荷がかかることによって、


背筋、腹筋、下腹部に絶妙な力が入り、ブレスが安定します。



また、バランスを取らなければならないため、背筋を中心とした


筋肉が普段以上によく働きます。


筋肉の使い方による『効能』を実現できるようにがんばってください。




僕のことポチ!応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング参加




今日も最後までご覧いただきありがとうございます
関連記事
自己紹介

健

Author:健
はじめまして、ボイストレーナーの新谷健です。今までに、わたしがやってきた失敗談・カラオケボックスの有効練習・日々のボイトレの学びもためらわず、出しまくりますよ。お楽しみに^^^ 

ブログ村ランキング
1週間の最新ブログ
相互リンク
今月カレンダー
02 | 2018/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別更新