FC2ブログ

共鳴法によって変わる声色がある!!その訳とは!?

今日も、ご覧いただきありがとうございます

こんにちは、ボイストレーナーの新谷健です。



◆共鳴と声色の関係について書いてみますが、


倍音にある「声の成分」の様子によって「声色」がちがうと、


共鳴のさせ方を変えることによって倍音を操作し、


声の音色をある程度変えることが可能となります。



以前の記事では「咽喉腔」「口腔」「鼻腔」の3つの共鳴腔を紹介しました。


どこにどの程度響かせるか?を変えることによって声の音色を


変えることができます。




sk_agraffe.jpg




共鳴腔では、鼻腔上の方にある共鳴腔では高い倍音が発声します。


咽喉腔の低いところにある共鳴腔では低い音が響きやすいのです。



よって「胸に響かせるようなイメージ」で下部咽喉腔を特に広げた


発声をすれば「低めの倍音が強調された声」になります。


「高いところ、硬いところに響かせるイメージ」で発声すると「


高めの倍音が強調された声」になりやすいのです。



だから、「バランスよく倍音の響いた自然な声」を出したければバ


ランスよく共鳴腔を使ってやる必要があります。



「個性的な声」が作りたければ共鳴腔に響かせるバランスを無理の


ない範囲で意図的に変えてやるといいようです。



それから、口腔は比較的自由に「大きさ」や「形」を変えることできます。


「口の開け方」によっても共鳴の様子を変え、声色を変えることができます。


口を横に平べったく開けば、共鳴スペースが狭くなるので、「高めの


倍音が特に強調された声」になりますし、口を「縦長に」開けば「低めの


倍音が強調された声」になります。



さらには、「唇」は倍音を吸収しますので、「唇の開きかた」によっても


声色は変わります。


ご自身で、いろんな共鳴腔や口の開け方や舌の位置、響きの


イメージを探してみてください。他人に聴いてもらえばいいのです。


素直に感じたことを聴いてみてください。意外と気がつかないことを


感じているはずですよ。がんばりましょうね。




僕のことポチ!応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング参加




今日も最後までご覧いただきありがとうございます

関連記事
自己紹介

健

Author:健
はじめまして、ボイストレーナーの新谷健です。今までに、わたしがやってきた失敗談・カラオケボックスの有効練習・日々のボイトレの学びもためらわず、出しまくりますよ。お楽しみに^^^ 

ブログ村ランキング
1週間の最新ブログ
相互リンク
今月カレンダー
02 | 2018/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別更新