FC2ブログ

典型的なダメ声!『喉声』になってしまう!その『確認と直し方』・・・!!

今日も、ご覧いただきありがとうございます

こんにちは、ボイストレーナーの新谷健です。




t02200138_0480030013921438586.jpg

顎の筋肉に余計な力が入ってしまう!!と不快感や痛みなどに・・・!!



◆典型的なダメ声、『喉声』とは?



〇喉声とは・・・?


喉声とは、『喉に力が入った声』の総称で、大きく2パターンの喉声が


あります。




〇ひとつは、喉の「物を飲み込む筋肉」を中心とした首の筋肉や、


顎の筋肉に余計な力が入ってしまう場合。


このような人は非常に多く、『力任せに大声や高い声を出そう』と


すると、大抵はこうなるでしょう。




ふたつ目は、喉を開けようとし過ぎて、喉仏を下げきったところで


固めてしまった場合に起こるもの。




ボイトレ初心者に多く、『あくびの喉で発声して~』と指導を真に


受け過ぎてしまうとこうなります。


そうなれば、『秋川雅史さん』風の”千の風になって・・・となりそう。


「側鳴り=そばなり」状態なので、自分に聞こえている声は、


外に広がらず他人まで届きません。




〇喉声になってしまうと・・・


「つまったような聴き苦しい声」


「無駄な力が入ったような声」


に聴こえてしまい、あまり良い印象を与えません。


無駄な力が入っているせいで効率が悪く、とても喉が疲れやすくなる。


また、歌うときには「出せる声域が狭くなる」ということも生じます。




○確認方法。


・喉やアゴに手を当てて声を出してみる。


・喉仏が高く上がっていたり限界まで下がっていないか?


・リラックス状態で開き、固く力が入ったりしていないか?


・飲み込んだ時に堅くなる筋肉や、歯を食いしばった時に堅くなる


筋肉に力が入っていないか?



・発声の時には、喉仏が「軽く下がった状態」がベストの位置です。



〇直すには。


・喉声ってのはやっかいもので、直すには根気がいります。


・要するに、無駄な力を抜けばいいだけですが、そう言われて


できるくらいならボイトレまでも要らないと考えるでしょうが・・・。



次回からは、直し方などの参考例また、喉の力を抜くための方法を


をご紹介いたしますので・・・!!



今日は、確認と治すについては、ほんの触りまででしたが、


次回、書いてみますので、また明日・・・。



僕のことポチ!応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング参加




今日も最後までご覧いただきありがとうございます
関連記事
自己紹介

健

Author:健
はじめまして、ボイストレーナーの新谷健です。今までに、わたしがやってきた失敗談・カラオケボックスの有効練習・日々のボイトレの学びもためらわず、出しまくりますよ。お楽しみに^^^ 

ブログ村ランキング
1週間の最新ブログ
相互リンク
今月カレンダー
02 | 2018/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別更新