FC2ブログ

【解消】目標は喉声を解消するため!!

今日も、ご覧いただきありがとうございます

こんにちは、ボイストレーナーの新谷健です。




20171127-seitaiporipu-syoujyou-1080x720.jpg




◆首・肩・顔のストレッチ!!


「声を出そうと首周りの筋肉が力む」というのが喉声の原因、


逆に「首周りの筋肉が力んでいるので喉声になる」とも言えます。


だから、発声の前に首・肩・顔の表情筋などをストレッチして


リラックスさせることは、喉声の解消法のひとつになることでしょう。




◆姿勢と口の開け方の改善!!


以前も書きましたが「アゴを突き出した状態」になってしまうと、


非常に喉声になりやすいのです。


それは、「姿勢に気をつけること」が重要です。



また、口の開け方も「アゴを突き出した状態」にならないために重要です。




アゴの状態は・・・


「真下に下ろす」「前に出さない」「アゴを持ち上げて口を開ける」という


ようなイメージで口を開けるといいでしょうね。




◆無理な大声を出さない!!


力が入ってしまう原因は、「ムリに」大声を出そうとしてしまうことです。


喉を力ませるのでは無く、体に響かせることで音量を出したり、


目標に向けて声を出したり、「効率の良い声」を目指します。




◆リップロール!!


リップロールは「首の筋肉」をほぐし、楽に声を出すことができるように


なります。


リップロールをしているときは最低限の力で発声している


はずなので、その状態を体に覚えさせましょう。




◆喉仏を下げる!!


「喉仏が上がり喉声になる」喉仏を軽く下げることで改善


できますが、下げ方を知らなければできません。


簡単で、よく知られている喉仏の下げ方は、「あくびをしてみる」


喉仏が下がった感覚がわかれば、筋肉の動きの感覚をつかんで、


喉仏を意識して動かせるようにしてみましょう。




◆舌を出して発声!!


舌も力ませてしまいがちなので、それを解消するのが目的です。


「あ・かん・べ~」をやってみましょう。


または、舌を唇より出して、母音の「あ・え・い・お・う」をきついけど、


がんばってみましょう。


ストレッチと筋トレの効果が大きいでしょう。



このように、いくつかの方法をご紹介をしました・・・。



また次回も、考えて書いてみますのでやってみてね・・・!!



僕のことポチ!応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング参加




今日も最後までご覧いただきありがとうございます
関連記事
自己紹介

健

Author:健
はじめまして、ボイストレーナーの新谷健です。今までに、わたしがやってきた失敗談・カラオケボックスの有効練習・日々のボイトレの学びもためらわず、出しまくりますよ。お楽しみに^^^ 

ブログ村ランキング
1週間の最新ブログ
相互リンク
今月カレンダー
02 | 2018/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別更新