FC2ブログ

【プロ秘伝】ブタ鼻『ンゴ~ンゴ~ンゴ・・・』ボイトレ法!!

今日も、ご覧いただきありがとうございます

こんにちは、ボイストレーナーの新谷健です



やっていても、歌がなかなか上手くならないのは、なぜでしょう?


じつは、わからないことの多いボイトレ!


ホントに、意味がわからないボイトレ!


・喉を大きく開いてみて・・・?


・軟口蓋(なんこうがい)を上げてみて・・・?
 

歌の練習では、よく聞きませんか?良く耳にしますよね!


でもね、軟口蓋ってとは何でしょう?どこにあるのでしょう?


そして、どこにあるかもわからないものをどうやって上げるのでしょう?
 


軟口蓋は、上あごの後ろ1/3くらいの柔らかい部分のことです。



上アゴをなぞりながらいくと柔らかい部分が指に当たります。


その部分が軟口蓋です。さわると少し「オエッ」となりそうでしょ?
 


「素晴らしい、歌声だなあ~」と感じる人は、この軟口蓋が高く引き


上げられているようです。
 


ふつう、あくびのときや、うがいのときに上がっているのですが、

たいていは、どこが動いているのかわからないことが多いのです。



さらに強く意識するために、軟口蓋をスプーンでつついて刺激しながら


トレーニングをする方もいます。これは気持ち悪くなるのでしょう、


洗面器を持ちながら~やりそうですね。
 


今回は、軟口蓋を意識できるようにする方法をご紹介します。
 

それは、ブタの声に似た「ブタ鼻ボイトレ法」というものです。




4cb636a471b078fea220fb8b3a381f91.jpg
 
ンゴ~ンゴ~ンゴ~・・・がブ~ブ~ブ~・・・に聞こえますね。



①息を吸いながら「ンゴ~ンゴ~ンゴッ・・・」と声を出します。。


②いびきをかくときの音に似ています。


③鼻の方まで振動『ピクピク』を感じるようにしてください。


④きれいなブタ鼻声ができるように。
 

⑤「ガガガ・・・」「ゴゴゴ・・・」と絶対にやってはいけません。


⑥一定の音で途切れずに長さを保ちます。


⑦「ブタ鼻声」は軟口蓋やその周辺がリラックスしないとできません。
 

⑧ブタ鼻声トレーニングは、発声に組み込むと更に効果的です。



補足

 
1)ブタ鼻声をしながら「ンゴンゴ~」と息を吸ってみてください。


2)振動していた場所に舌をあて、そのまま「ン~ゴ・・・」と発声します。
 

3)舌を離すときには、軟口蓋を引き上げることが自然にできて、


楽に良い声が出るようになっていきます。
 


今回のトレーニングは歌にとって大事な『共鳴」も密接な関係にあります。


口の中=口腔内の上アゴの空間を広げることと、上がってきた息と声を


鼻腔腔(=鼻の奥の方、空間)に共鳴をさせる働きにもつながります。



出てくる息や声を顔いっぱいに広げることになっていきます。




僕のことポチ!応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキング参加




今日も最後までご覧いただきありがとうございます
関連記事
自己紹介

健

Author:健
はじめまして、ボイストレーナーの新谷健です。今までに、わたしがやってきた失敗談・カラオケボックスの有効練習・日々のボイトレの学びもためらわず、出しまくりますよ。お楽しみに^^^ 

ブログ村ランキング
1週間の最新ブログ
相互リンク
今月カレンダー
02 | 2018/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別更新